20121121

,

週報2012.11.20


みなさんこんにちは。学部4年の荒木です。

ほぼ冬になりかけてる中、先週に引き続き卒業制作の進捗報告が行われました。
そんな中で人に報告した時の良さに少しばかし気付いた事がありました。
新しくものを作ろうとしたときに自分のように足りない部分があると手探りで進むがゆえにスケジュール通りにいかないことがあります。ですが、例えば技術面で、自分では可能かどうかもわからないことでも、技術に長けた方に具体的にこうすれば出来ると言われずとも、「出来るよ」と一言いただくだけで、本来自分だけでは見えなかった展望が見えてきました。

また実際に作り始めると自分の持ってる技術と時間との兼ね合いなど、いろんな制約が見えてきました。ですが、その制約をかいくぐろうとすると改めて別の視点を持てたりします。制約は邪魔なものというより、見方によれば良い材料にもなるんじゃないかなと思いました。

もう1つ研究室内で進められている事と言えば来年行われる学外展の事です。
詳しい事はまだ決まっていないのですが、決まってる事は、来年2013年の2/11~2/17の間にやるという事です。その1週間でいつ開催するかなども現在検討中です。ただその期間内にやるということだけは決まっているので報告させていただきます。

最後に嬉しいご報告をさせていただきます。

ネットワークデザインスタジオまわりの受賞ラッシュ!!



まずは、M2の原田真喜子さん(上の写真で左から二番の美人の方)。
本人による報告はこちら

1つ目が”情報処理学会 人文科学とコンピューターシンポジウムじんもんこん2012"において"じんもんこん2012ポスター賞"を受賞されました。
おめでとうございます!
そしてもう1つは”Mashup Award 8”において”優秀賞” ”学生部門グランプリ” ”メタデータ株式会社賞” "株式会社ユーザーローカル賞"の計4つの賞を作品”コトバノモリ”が受賞されました!
おめでとうございます!!

またTokyo Designers Week 2012で共に出展したインダストリアルアートコース3年生の山田康貴さんらも"Mashup Awards 8"において作品”SEKIGAHARA AR 第一幕 布陣・対峙”が"U-23賞"を受賞されました。
おめでとうございます!

と、今週は嬉しい報告で締めくくらせていただきます。

荒木 佑介

20121120

, ,

欧州ジャーナリズムセンター「Emergency Journalism」に記事が掲載されました #shinsaidata #ma8


European Journalism Centre(欧州ジャーナリズムセンター)が発行している「Emergency Journalism」に,東日本大震災ビッグデータワークショップおよび「東日本大震災マスメディア・カバレッジ・マップ」に関する詳細な記事が掲載されました

欧州ジャーナリズムセンターは非営利の組織で,EUのジャーナリスト研修やメディア研究を行なっています.Emergency Journalismでは,世界中の記者向けに震災時の報道に有用な情報,マップやソーシャルメディアキュレーションに関するツールを紹介しているとのことです.記事は東日本大震災アーカイブ等,我々のこれまでの活動にも言及する内容になっています.ぜひご一読を.(wtnv)

20121117

,

週報2012.11.17



どうもお久しぶりです。
学部4年の松浦です。


前回週報を書いたのは前期のことで、後期になっても展示があり、
かなり期間がありました。
その展示についてですが、先週の週報でもお伝えしましたがもう一度言います。





東京デザイナーズウィークの....

Design Next Award で...




グランプリを受賞しました!!!!!!





いえーーーい!!!!いえい!!
ふうーーー!!!パフ!パフ!ドンガラガッシャン!!!
(詳しくはこちらに)



いやー、やっぱり自分たちの作ったものが認められるというのは嬉しいものです。
みんなで受賞盾を囲んではしゃぎました。



しかし、はしゃいでられたのも束の間です。
私たちには新たな困難が既に待ち受けていました。

そうそれは.......





卒業制作!!!!!!





ぐわーーーーー!!!!まじか!!
くうーーー!!!パフ!パフ!ドンガラガッシャン!!!


休んでいる暇はありません。
受賞したプロジェクトはみんなで取り組んできたものです。
しかし卒業制作は正真正銘自分だけのものです。
自分だけの力で取り組まなければならないのです。


今週のゼミでは実際に制作物を作ってきて、見せ合いました。

自分で考えて自分で作ってきたものです。

ここまで自分、自分と言ってきましたが、決して一人というわけではありません。
作ってきたものに対してゼミのみんなからアドバイスをもらうということは、
やはり大変参考になるものです。


作ってきたものの悪い点。
どうすればそれがよくなるか。
また、別の新しいアイデア。


自分だけでは出てこない考えや見方を学べます。
一人という孤独の中で制作する必要はないのです。

しかしそれと同時にあくまで作るのは自分だということも感じます。
自分がやってはいないものだからこそ自由なアドバイスができます。
悪く言えば無責任に言えるということです。
自分が人の制作物に意見するときもそうです。


みんなの意見を聞いたり、相談することはとても大切です。
しかしそれも自分がある程度まで考えを持ち、
自分が作ってきていないとただの机上の空論で終わります。
もっともっと自分自身の中で考えを詰めていかなければならないということを、
改めて感じた一週間になりました。





松浦 泰仁

20121116

, ,

#Ma8 受賞報告

20121116 11:28





ご無沙汰しております,修士二年の原田です.

さて,昨日,六本木で開催されたマッシュアップアワード2012のファイナルバトルに行って来ました.

私は10月29日のfor Students Battle!with Tech-Tokyoイベントで学生部門の代表に選出していただき,シード権で発表にいたりました.

発表したコンテンツはコトバノモリです.
サーチエンジンやSNSに情報が分断されている時代,私たちは「言葉」を検索しますが,果たしてその検索結果は「言葉の全体像」しょうか.
私はYahoo,Google,Twitterなど,各プラットフォームの「ユーザの全体像」であり,あくまで「言葉の全体」を写しているものではないと考えています.
そこで,これらの検索結果を一度に閲覧することができ,且つユーザ操作がなくては検索結果を見ることが出来ないというインタラクティブ性を備えることで,従来のリスト表示では得にくい,積極的な閲覧と発見を促すコンテンツです. 

7人でファイナルバトルを行い,最優秀はのがしたものの,優秀賞と協力企業賞メタデータ株式会社賞株式会社ユーザーローカル賞をいただきました.


(ファイナルバトルの様子は後日改めて書きたいと思います.写真はFacebookから拝借しました.

女性発のファイナリストというお言葉をいただき嬉しく思います.
マッシュアップアワードは今年やっと全体の6%が女性になったとのことでした.


また,後輩君のSEKIGAHARA AR 第一幕 布陣・対峙もテーマ賞U-23賞を受賞しました.おめでとうございます~.

いろいろな方とお会いでき,とても充実した時間を過ごすことができました.
これからもコンテンツの改良並びに研究制作に従事していきますので,よろしくおねがいします^^

さて,明日は北海道でじんもんこん2012です.デモ展示・発表するのでその準備にとりかかります!



20121114

, ,

散在データ間の地理的・時間的関連性を提示するマッシュアップ / #shinsaidata 発表の録画

先日行われた「Project 311: 東日本大震災ビッグデータワークショップ」における渡邉の発表のようすがYouTubeに公開されました.「Project Hayano: 放射性ヨウ素拡散シミュレーションのマッシュアップ」「東日本大震災マスメディア・カバレッジ・マップ」に関する5分間のプレゼンテーションと,村井純先生はじめ講評者の方々との質疑応答が含まれています.国,公共機関の災害時における情報発信のあり方についてのやり取りがありました.「CSVで配布して欲しい」という提言は,昨年の高田君・北原君による「計画停電MAP」の制作時の苦労を踏まえてのものです.

全員の動画の切り出しと整理はGoogleの山崎さんによるものです.大変な労作,ありがとうございます.私が発表した当日のスライドは以下で参照できます.

20121106

,

週報20121106

20121106 23:47 ryooooooya
学部4年の千原です。
先々週から展示が続いていたため、少し間が開いてしまいました。



デジタルコンテンツEXPO2012TOKYODESIGNERSWEEK2012に出展してきました。
さまざまな方に作品を見てもらったり話を聞いてもらったりながら、賞も頂いたりして、充実した期間を過ごしました。
ここらへんの記事に詳しく載っているのでぜひ。↓
東京デザイナーズウィーク Design Next Award グランプリを受賞しました #tdw2012
東京デザイナーズウィーク2012「Design Next」コーナーに出展中 #tdw2012
デジタルコンテンツEXPO2012に出展中 #dcexpo

今日は研究室を片付けた後、今回のプロジェクトを振り返り、卒展についても話し始めました。
息つく暇もありませんが、2月の中旬ごろに研究室で卒業制作の展示会をする予定です。

プロジェクトの振り返りではいろんなことを話しましたが、自分がいつもいつも言いたいなと思っていたことが言葉にできたかなと思うので、少しだけここにも書いておきます。


誰かから頼まれたことや、提案されたことというのは、“自分がどういう人か”というのがその内容に反映された状態でやってきます。
例えば、僕達インダストリアルアートコースに来るお誘いというのは、なにかしらの“デザイン”の要素が含まれた状態でやってくることがほとんどです。
当たり前のことですが、僕達に化学の実験を一緒にしましょうなんてお誘いは来ません。

相手は、僕達ならこんなことができるんじゃないか、ここまでならやってくれるんじゃないか、という予想や想像をあらかじめしています。
それは簡単にいうと「期待」ってやつです。

その期待は、その人の望むことを、僕達ができることに一度変換してあります。
それは僕達にとって話が分かりやすくなっているので、嬉しいことは嬉しいのですが、それによって見えなくなってしまうこともあります。

「デザインして」というのは「分かりやすくして」なのかもしれないし「かっこよくして」なのかもしれないし「地味にして」なのかもしれません。

それはよーく話を聞かないと分かりません。
もしかしたら「デザインしない」が正解なのかもしれません。

「デザインして」に至った経緯を探り出し、何に困っていて、どうしようと思ったのか、それが正解なのか、他に方法はないのか。
必要なら一緒に化学の実験もするのが気の利くデザイナーなんだと思います。

デザイナーに限らないんですけどね。本質を見抜くことが大事ですよねって話です。


卒展に関してはテーマを決めました。
・技術者に対してデザインの敷居を下げる
・デザイナーに対して技術の敷居を下げる
・コースの良さを知ってもらう
・研究室の研究領域を知ってもらう
・Webのポジティブな可能性を提示する

……なんか多いですが、うまくストーリー立てできそうだったので、そのうちうまく一言にまとめられればなぁと思います。
お楽しみに!


イベントごともひとしきり終わったので、これからは卒業制作に集中していこうと思います。
ではでは。

20121104

, ,

東京デザイナーズウィーク Design Next Award グランプリを受賞しました #tdw2012

東京デザイナーズウィーク2012にて,渡邉英徳研究室が出展した「VR-ARアプリケーションズ」がDesign Next Award グランプリを受賞しました.学生たちの渾身の作品とブース空間が高く評価され,教員として本当に嬉しく思います.ありがとうございました!


出品作は,START on AIR!,そしてiPhone用ARアプリ・シリーズです.隣のブースではヒロシマ・アーカイブ等の多元的デジタルアーカイブズ・シリーズも展示しています.会期は明日まで.みなさまぜひおいで下さい.(wtnv)