20150625

,

週報20150625

みなさんこんにちは!学部4年の堀井です。

6月20、21日の二日間
広島女学院で高校生のみなさんとヒロシマアーカイブのワークショップを行いました。

1日目 午前
渡邉先生によるヒロシマアーカイブについての講演会


1日目 午後
wntv研メンバーも合流して、チームに別れて高校生のみなさんとワークショップを開催しました。
まず初めに被爆体験者の方の証言をもとに、その方が被爆された場所を探し出し、Google Earth上にマッピングしました。

その後、「歩いて使えるヒロシマアーカイブ」をコンセプトに、ヒロシマアーカイブの新たな活用法について考える"Design Camp"を行いました。
ヒロシマアーカイブがいま「できていること、できていないこと」を挙げ、
事前にwtnv研メンバーで考えたペルソナをターゲットユーザとして、その人に使ってもらえるような新しいアイデアをブレストしました。



アイディアを詰めて使用シーンのプロトタイプを作成、中間発表しました。コンセプトがそれぞれのチームでまったく異なっており、考え方がとても参考になりました。
先生方から質問・コメントを頂き、翌日に向けてチームで打ち合わせをして1日目は終了。


!)1日目のワークショップの様子が22日にHNKの朝のニュースで放送されました。
NHKニュースウェブで映像が見れますので、ぜひご覧ください。


2日目 午前
朝9時に平和記念公園に集合し、その周辺でフィールドワークを行いました。
自分自身がペルソナになったつもりで実際に広島アーカイブを使いながら歩き、前日に立てたプロトタイプの検証をしました。


2日目 午後
フィールドワークでの検証を行って感じたこと、気づいたことを話し合い、プロトタイプを修正して最終案をまとめ、チームごとに成果発表を行いました。

フィールドワークをしたことによりアイディアがブラッシュアップされ、どのチームの最終案もより具体的に、ユーザーに寄り沿ったものになっていて素晴らしかったです。
成果発表の形式は決められていなかったので、寸劇をやったり、映像作品を作ったり、実際にGoogleEarth上にマッピングしたりと、それぞれのチームに合った方法で成果報告が行われ、どのチームも見ていて楽しくわかりやすいプレゼンになっていました。



最終発表では先生方だけでなく女学院の学生のみなさんにもそれぞれコメントして頂き、私たちwtnv研メンバーもチーム毎にコメントシートを書きました。
そのフィードバックを元に今回のワークショップを振り返り「明日私たちは何ができるか」を考え、今後について話し合いました。

「最初はアイディアが出なくてどうしようかと思ったけど、何か言えば誰かがノってくれて、アイディアが広がっていくのが面白かった」
「フィールドワークによって新しく気づいたことがたくさんあった」
「みんなで協力して最終的に素晴らしい発表ができてよかった!」
と女学院の生徒さんが感想を言っていたのを聞いて、私も本当にその通りだと感じましたし、やってよかったな、と思いました。

1日目のブレストでは「うーん、うーん」と考えて黙ってしまう時間がありましたが、2日目実際に外に出て歩いてみたときに新たな発見がいくつもあり、アイディアが膨らみ、勢いを持って最終発表までいくことができました。

メンターとして参加しましたが、私の方こそ学ばせて頂いたことがいくつもありました。普段から平和活動を行っている生徒のみなさんが、アーカイブの活用法を真剣に考えている姿を見て、私も何かやらなければ、と尻を叩かれた気分です。

ご協力いただいた広島女学院の先生方、参加してくださった生徒のみなさん、
本当にありがとうございました!

以上、ヒロシマアーカイブワークショップのご報告でした。


あとがき

広島はすてきなところでした。
ぜひまた行きたいです〜!!
(広島に着いてすぐ食べたお好み焼き)

20150619

, ,

「沖縄戦デジタルアーカイブ 〜 戦世からぬ伝言」公開


渡邉研・沖縄タイムス・GIS沖縄研究室の3者で共同制作した「沖縄戦デジタルアーカイブ~戦世からぬ伝言」が本日、公開されました。ジャーナリズム・イノベーション・アワードでともに受賞した、沖縄タイムスの與那覇里子さんとのご縁でスタートしたプロジェクトです。4月に初打ち合わせ後、実にスムーズに制作が進み、本日公開に至りました。GIS沖縄研究室の渡邊康志先生とも、研究者どうし、充実したやり取りをさせていただきました。本当にありがとうございました。

沖縄戦についてのデジタルアーカイブとしては、私が総合監修を務めた沖縄県事業「沖縄平和学習アーカイブ」が先行しています。今回のプロジェクトでは、オープンソースのデジタル地球儀の機能をフル活用し、1945年3月から6月の戦闘終結に至るまでの経過を可視化しています。



画面下部のタイムスライダーを操作することで、1945年3月から6月に掛けての、人々の移動が可視化されます。

ある人は本島の北部へ、ある人は南部へと逃れていくこと。その傍ら、離島から別の離島に向けて、米軍の船で移送されていく人がいること。そして6月後半に掛けて、たくさんの人々が追い立てられ、摩文仁の丘周辺に集まっていくこと。6月23日に戦闘が終結したのち、本島南端に集まった人々はやがて、各地の捕虜収容所へ移送されること。こうした沖縄戦の「経過」が、デジタル地球儀上の「動き」で表現されます。



この「生者」のデータに、読谷村出身の戦没者=「死者」のデータが重なりあいます。男性は白の、女性・子ども・老人は赤のアイコンで示されています。タイムスライダーを進めると、米軍が上陸した読谷村を境に、くっきりとした紅白の境界線があらわれます。南部と北部で、戦没者の傾向が異なっていることがよく分かります。

沖縄戦デジタルアーカイブ~戦世からぬ伝言」についてはすでに、学校における平和学習利用のオファーがあるようです。私たちはこのプロジェクトを、今後も発展させていく予定です。

===============================

以下、プレスリリースからの転載です。

首都大学東京システムデザイン学部渡邉英徳研究室・沖縄タイムス社・GIS沖縄研究室は、1945年の沖縄戦(第二次世界大戦)終結から70年を迎える今年、沖縄戦の推移を時間軸で表現した「沖縄戦デジタルアーカイブ~戦世からぬ伝言」を制作し、本日6月19日に公開しました。首都大学東京システムデザイン研究科の渡邉英徳研究室、沖縄タイムス+プラス、GIS沖縄研究室、の特設ウェブサイトからご覧いただけます。


沖縄戦当時と現在の立体的な航空写真と地図に、沖縄タイムスの連載「戦世からぬ伝言(イクサユカラヌチテーグトゥ)」「語れども、語れども」で掲載してきた写真や証言を重ね合わせ、1945年3月から6月までの戦争体験者が避難した足取りを可視化しました。体験者へのインタビュー動画や記事もご覧いただけます。また、米軍が最初に上陸した読谷(よみたん)村の村民はどこで死没したのか、米軍に追い詰められた具志頭(ぐしちゃん)村民はどこで亡くなったのかについて、比較検証することが可能です。さらに特設ウェブサイト全体を通して、沖縄戦の始まりから、2015年現在に至るまでの沖縄の歴史を知ることができます。

これまでに渡邉研究室が制作した「ヒロシマ・アーカイブ」(2011年7月発表)や、「東日本大震災アーカイブ」(2011年11月発表)などの「多元的デジタルアーカイブズ」の技術を応用し、戦前の航空地図や地形図については、GIS沖縄研究室(主宰・渡邊康志)が制作、沖縄県公文書館所蔵の米軍が撮影した沖縄戦当時の写真もふんだんに盛り込みました。今後、さらに追加していく予定です。
 
なお、読谷村と具志頭村出身者の戦没地の比較は、沖縄タイムスとGIS沖縄研究室が制作した「具志頭村~空白の沖縄戦」(2014年6月発表)の成果を生かし、制作しました。

このプロジェクトは、沖縄戦の継承を大きな目的としています。小中学校の平和学習の教材として、高校生や大学生向けとしては、実際に戦争体験者への聞き取り調査を行い、そのインタビューや写真、動画などを沖縄戦アーカイブに登録するなどして活用いただく予定です。また、修学旅行生向けの事前学習ツールとして利用することもできます。幅広い、参加型のプロジェクトとして発展させていければと考えております。

【お問い合わせ先】
  • 首都大学東京 准教授 渡邉英徳
  • 沖縄タイムス社 デジタル局デジタル部 
  • GIS沖縄研究室 渡邊康志


,

週報20150419



こんにちは

みなさまのお目にかかるのは二回目ですね!

今週はみなさまに報告がございます。

私がこのスタジオに所属する前、3年生のときに
研究室のメンバーの東山琳々子さん(りりちゃん)と2人でネットワーク演習の課題で提案した作品『コシンブン』に
朝日新聞フォトアーカイブさんがお声をかけてくださって
このたび、みなさまの手元にお届け出来ることになりました!



『コシンブン』は、

今まで
「○月○日にあったことを知りたい」
「○○事件について知りたい」など



特定の興味がある人にしか読まれて来なかった

過去の新聞たちを
読み物として楽しんでもらえる人が増えるように


内容を分かりやすく伝える補助をしていた誌面の写真を
     内容を分かりやすく伝える象徴にして新聞を再構成した製品です。


五輪カラーに着彩したステッカーと
折りたたまれた新聞のバックナンバーがひとつになった
ステッカーカード


新聞誌面を正方形に再編集し、
写真や広告グラフィック部分をシールにした
貼ったり、眺めたり、読んだり出来る
シールブック


を製作しました。



このコシンブンの製品たちを
交通記念館開館50周年企画展
内で展示・配布します。
(シールブックは展示のみになっています。)

展示期間    6月19日20日(予定)
無料配布期間  6月30日〜7月5日(予定)

ぜび有楽町交通記念館までお越しくださいませ!

コシンブンに関するお問い合わせ coshinbun@gmail.com


ネットワーク演習の課題でプロダクト製品を提案するという手荒な真似をした課題発表の日が
今日につながったことで、

何か新しいものを見せたいな〜と諦めずに考える時間は
やっぱ無駄な時間じゃないな!えっへん!と自信を持つことが出来ました。

おっと、まだまだ感動するのは早いのに!感激屋さんしてしまいました。

でも、現時点ですごく感動出来るくらい
より多くの人のに観てもらえる現実が嬉しいです。

機会をくれた
コバヤシさん、先生、私の知らないところで協力してくださったみなさん
ありがとうございます。
たくさん生意気言ってゴメンネ!サンキュー!愛してる!


結構長くなりました。
ここまで読んで下さってありがとうございマス!
また会いましょうねん!








20150612

, ,

「沖縄戦デジタルアーカイブ~戦世からぬ伝言」予告編


首都大渡邉研・沖縄タイムス・GIS沖縄研究室の三者で共同制作している「沖縄戦デジタルアーカイブ~戦世からぬ伝言」の予告動画が公開されました。これまでのアーカイブズ・シリーズの流れを汲みながら、沖縄戦末期の「推移」を表現する工夫をこらしています。公開は6/19を予定しています。ご期待ください!

20150608

,

Web基礎グループ課題 「ユギ・アーカイブ」の制作

Web基礎最後の課題は、グループで取り組む「ユギ・アーカイブ」の制作です。

「八王子市由木」のGoogleマップ検索結果

みなさんが通学する南大沢キャンパスは、八王子市由木(ユギ)地区のなかにあります。南大沢駅からキャンパスに至る狭い範囲の外側には、さまざまな歴史・文化が積み重なっています。さらに、街の人々の生活に溶け込んだ公園も多数あります。

今回の課題では、みなさんがこれまで「知らなかったユギ」を見つけ出し、ウェブにアーカイブして発信してください。この課題は今年から始まり、今後、長年に渡って継続される予定です。未来の後輩たちの作品、そして地域の記憶の土台となるような提案をお待ちしています。
  • 「アーカイブ」という課題ですが、必ずしも地図表現にこだわる必要はないので、自由な発想にもとづいてデザインしてください。
  • ウェブコンテンツとともに「アクティビティ」を展開してください。資料館などでの資料収集、地域の人々へのインタビューなどを組み込み、多元的なデータを集め、制作してください。
スケジュール
  • 6/08 課題説明・チーム分け
  • 6/15 ゲストレクチャ NPO「Fusion 長池」富永一夫氏、各チームでディスカッション
  • 6/22 JavaScript講義+各グループでディスカッション
  • 6/28 24:00 中間提出
  • 6/29 JavaScript講義
  • 7/06 Processing.js講義
  • 7/13 各チーム作業+質問
  • 7/20 各チーム作業+質問
  • 7/26 24:00 提出
  • 7/27 最終講評会(ゲスト講師をお呼びする予定) 

20150606

,

週報20150605




はじめまして、学部4年の井上洋希と申します。
いよいよ梅雨に突入という季節ですね。

現在、研究室では、非常に多くのプロジェクトが同時進行しています。

ここで、学生主導で新しく "NAVEZOKOというプロジェクトがスタートしました!
これは、研究室を改善していこうというプロジェクトで、名前には研究室の底上げをしていこうという意味が込められています。

研究室における問題点を洗い出し、何回かミーティングで話し合った結果、研究室に散らばる様々な情報を共有して記録できる「場」を作ろう、という方向性になってきました。

例えば…
  • 一年間の研究室のスケジュール
  • 備品の管理
  • イベント準備の段取り
  • 各プロジェクトや研究の進捗
  • ミーティングの議事録
  • 参考にしたWebサイトや本
  • プログラミングなどの技術的な話(ここはこうするといいよ~みたいなメモなど)
…etc

こういった情報は、1つの場に集めて共有し蓄積していかないと、後々の代の人にノウハウが受け継がれず、同じ失敗を繰り返したりと大変もったいないことになります。

現状、様々なファイルを Google ドライブで個人的に共有している状態で、情報が散り散りになっています。蓄積もされていません。

それではもったいない!

今まではこういった場がなかったので、これから作っていこうという感じで動き始めています。今からできあがるのがとても楽しみです。

---

さて、自身の研究についての話です。

私の研究テーマは、一言で言うと「交通の可視化」です。

昨年、「TrainNav」というWebコンテンツを制作しました。
首都圏を走る様々な電車の位置が、リアルタイムで Google Earth 上に表示されるというものです。電車に乗って風景を眺めることもでき、架空の鉄道旅が楽しめます。

しかし、Google Earth API を使っているので、プラグインなしでは見られない、スマホで見られない、Webのトレンドにそぐわない、プラグイン自体が廃止される、という問題があります。
更には、全国を網羅したい、最新の時刻表を反映させたい…など、まだまだやりたいことや様々なアイデアがあり、それらの実現に向けて動き出しています。

今夏に新しいWeb版をリリースする予定ですので、どうぞご期待ください。