20141102

,

週報20141102


こんにちは。
B4の長濱です。

11月に入り、今年もあと二ヶ月となりました。学部生の卒業制作も追い上げの時期に入っていきます。

やはり一年間という期間をかけて一つのものを完成させるというのは厄介なもので、予定を覆すようなことが多々起こります。
卒制のことだけでなく、研究室で関わった様々なプロジェクトなど、研究室で過ごす中で得られたものを最大限活かせるようにしたいものです。



さて、9月末あたりから、インダストリアルアートコースでは卒業制作展の実行委員が発足しました。ネットワーク研からも僕を含めて3人がメンバーとして名を連ねています。

その実行委員での仕事は基本、首都大の日野キャンパスで開催する「学内展」やカタログ制作のことなのですが、ネットワーク研では毎年、学内展とは別に研究室単体での「学外展」も行っています。そして、そちらの学外展の計画も10月から始まりました。

去年は渋谷のギャラリー・ルデコで開催した学外展。
今年もギャラリーの決定からということで、先週の火曜日に何人かのメンバーで、都心にあるいくつかのギャラリーを内見してきました。



この先、学外展のテーマやコンセプトの決定、そして広報のためのビジュアル制作と仕事が続いて行きますが、学内展と違って学外展では研究室独自の色を出す事ができたり、分野が同じぶん一貫性のあるテーマで展示会を作る事ができるので、今から楽しみです。


以上、長濱でした。