ArcGIS Onlineを用いたオープンデータの可視化・学生作品(2022年度)


授業課題「ArcGIS Onlineを用いたオープンデータの可視化」の作品リストを公開します。東京大学・教養学部(前期課程)総合科目「情報メディア基礎論」(2022年度Sセメスター 担当:渡邉英徳)の成果物です。今年度からはストーリーテリングマップとして作成しています。ぜひ,ご覧ください。

課題内容:
  • S1ターム(4〜5月)で取り組む
  • 自治体のオープンデータを「2種類以上」用いたマップを作成
  • マッピングに加えて「解析」を用いて,データどうしの関係を可視化
  • 完成したマップをストーリーテリング・コンテンツとして公開

戦前・戦中の報道写真を用いたストーリーテリング・デジタルアーカイブのデザイン

戦前・戦中の報道写真を用いたストーリーテリング・デジタルアーカイブのデザイン」の研究プロジェクトがスタートしました。毎日新聞社・東京大学大学院渡邉英徳研究室・京都大学東南アジア地域研究研究所の共同研究であり,科学研究費助成金(基盤B)の採択課題です。

本研究では,社会に“​​ストック”されていた,戦前・戦中の特派員写真の希少資料を“フロー”化する情報デザイン手法を明らかにします。まず,資料のデジタル化と分析を行ない,メタデータを付与してデジタルアーカイブを構築。次いで,デジタルアースを用いたストーリーテリング型の可視化コンテンツを作成します。さらに紙面連動や大型端末によるワークショップの実践を通して,多面的な“フロー”の生成を試みていきます。


以下はプロトタイプのデモムービーです。

特派員・安保久武氏の足跡

業務/個人で撮影した写真の分布


5/18,東京大学情報学環の福武ホールにて共同研究発表会「時空を重ね 未来へ紡ぐ」を開催しました。発表会と研究内容についての詳細については,毎日新聞の記事をご覧ください。



豊後府内での小中高生へのワークショップ:デジタルアースを媒介とした主体的な歴史発信

 


 こんにちは。東京大学 大学院 学際情報学府 文化・人間情報学コースの大井将生です。

この投稿では、大分市で開催された「ジュニアガイド」ワークショップについて報告させていただきます。

 大分市教育委員会文化財課と東京大学大学院情報学環の主催で行われたこのワークショップは、大分市のユニークな歴史実践の一つである「FUNAIジュニアガイド」の皆さんに、デジタルアーカイブやデジタルアースを媒介として、地域の歴史資料のフロー化(発信)の新しい手法を学び、考えてもらうことを目指して行われました。

 小学生・中学生・高校生から構成される「FUNAIジュニアガイド」は、厳しい検定試験を突破した豊後府内の歴史のスペシャリストとして深い知識を有しているだけでなく、「自分達の地域の歴史・魅力を多くの人に伝えたい」という思いを持っています。そんな地域の未来を担う歴史家たちが、より楽しく、より輝くための一助となることを願い、ワークショップは以下のようにデザインされました。

・情報デザインの専門家である東京大学の渡邉英徳先生による、「クライナ衛星画像マップ」や「忘れない」などの過去ー現代ー未来を繋ぐ情報の可視化についてのレクチャー

・豊後の中世史の専門家である名古屋学院大学の鹿毛敏夫先生による、府内の人々の生活について物や人、そして町の構造という視座から考えるレクチャー

・筆者による、Re:earthを活用した「地域の魅力を可視化し、発信する、探究学習のアウトプット」のあり方についての問題提起とデモンストレーション

・横浜国際高校の徳原拓哉先生による、実際のアウトリーチ活動を想定した「伝える」ための考察を行う対話型アクティブラーニングと子どもたちによる発表活動

 上記ワークショップは、中世の宗教史や対外関係史の専門家である東京大学の岡美穂子先生のマネジメントのもと、坪根伸也課長はじめ大分市文化財課の皆さんによる資料やデータの整理・提供・二次利用手続きや当日の運営という協力を得て行われました。
 このように、地域の歴史資料を「どのように残し、繋ぎ、表現し、伝えるか」という視点で、歴史学・情報学・教育学の専門家と自治体の職員、そして小学生・中学生・高校生が一堂に会して議論することで、地域の資料に新たな意味が付与され、地域の内外や未来に継承されるというワークショップデザインは、他の自治体でも参考にしていただける「官学連携」のモデルケースになるのではないかと考えています。

 さらに、ワークショップのために制作した教材は、学校教育の目線に基づいたキーワードや学習指導要領コードなどの「教育メタデータ」を付与し、相互運用性・機械可読性の高いIIIFInternational Image Interoperability Frameworkを用いて「多様な資料を活用した教材アーカイブ」にて公開することで二次利用可能なオープンデータとして提供しています(図)。
(TOPページ>ワークショップ成果>自治体ごとのWS成果>大分市)

   図. 教育メタデータを付与し、IIIFビューアで閲覧・ダウンロード可能にしたW.S.教材

 今後も、各地域の魅力溢れる歴史資料を、多様な属性の専門家の連携・協働によって全国の地域学習・生涯教育の現場や小学校・中学校・高等学校にフロー化できるよう、研究と修養に努めたいと考えております。

「ウクライナ衛星画像マップ」更新中


ロシアによるウクライナ侵攻が開始された直後の2月25日より,Maxar Technologiesなど,民間の衛星画像企業が配信する画像,世界中の有志が作成するフォトグラメトリ,NASA・ESAなどの機関が配信するマルチスペクトルなどを網羅したデジタルマップを作成し,更新を続けています。青山学院大学・古橋大地研究室との共同プロジェクトです。

プロジェクトの趣旨については文春オンライン東京大学などの記事を,日々の更新内容についてはTwitterでご確認ください。最新のメディア報道についてはこちら



デジタルアーカイブ資料と児童生徒の 「問い」の接続・構造化に関する研究



こんにちは。

東京大学 大学院 学際情報学府 文化・人間情報学コースの大井将生です。
この投稿では、私が取り組ませていただいた修士研究について報告させていただきます。

私は、探究学習におけるデジタルアーカイブ資料と児童生徒の「問い」の接続・構造化に着目して研究を行いました。

デジタルアーカイブの主眼は「保存」から「活用」へとシフトしつつあり、アーカイブされた資料の教育活用への期待が高まっています。また、資料の活用に際してはフロー化した資料に新たな価値を付与して「知の循環」に還元することが求められています。教育学の文脈では、日本の児童生徒の情報収集・活用能力に課題があることが指摘されており、図書館や博物館等の資料を探究的に収集・活用する学習が必要とされています。

探究学習の先行研究においては、「問い」を構造化し、主体的に資料を収集する学習の重要性が示されてきました。しかしながら、「問い」と資料が教師から一方向的に与えられる事例が多いこと、さらに一次資料の活用事例が少ない点に課題がありました。またデジタルアーカイブの活用に関する研究の多くは、単一のアーカイブを対象としているため、扱う資料が限定的で、汎用性が高いとはいえませんでした。さらに、既存のアーカイブはWeb上に散在しており、アクセシビリティの課題を解決する必要があります。

これらの課題を解決することによって、児童生徒が「問い」に基づいて多様な資料を活用する探究学習が可能になると考えられます。そこで本研究では、デジタルアーカイブ資料と探究学習における児童生徒の「問い」を接続し、構造化することを目的として研究を進めました。

そのための手法として、まず児童生徒が自身の「問い」に即した資料収集を通して学びを深める「キュレーション授業」を開発しました。この際、多様な資料のメタデータを横断検索することが可能な「ジャパンサーチ」を用いて、学習資料の網羅性を高めるとともに、協働的な学びの中で「問い」と資料の接続・構造化を支援する「協働キュレーション機能」を用いることで、複数のユーザがメタデータを保持しながらキュレーションを行えるようにしました。


この提案手法を用いて、小学校・中学校において指導要領に則した連続的な実践を行いました。

    


    

実践の結果、以下のことが認められました。

・質問紙では、「問い」や資料をもとに学習を行い、自身の考えを構築することの重要性について述べる記述が、事前よりも事後に多く認められました。
・ルーブリックを用いたリフレクションでは、「情報リテラシー」と「主体性」の観点について、学習の後半に向けて自己評価が上昇する傾向がみられました。
・教員による学習成果物への評価では、学習初期に比べて、学習終盤への評価点が有意に高くなったことが明らかになりました。




これらのことから、自身の「問い」を基点とした主体的な学びが創発され、「問い」に即して収集した資料をもとに意見を構築する力が向上することが示唆されました。以上より、デジタルアーカイブ資料と探究学習における児童生徒の「問い」の接続・構造化が促進されたことが認められました。

本研究の成果は、探究学習におけるデジタルアーカイブ資料と児童生徒の「問い」を接続・構造化する学習モデルを示したことにあります。また、本研究で開発した手法は、児童生徒の「問い」と協働的な学びの成果という新たなコンテキストがメタデータとして付与された状態で構造化された資料をアーカイブすることを可能にするため、デジタルアーカイブ社会における「知の循環」に貢献しうると考えています。

=======================

私の研究は、学際情報学府、そして渡邉研でしか成し得なかったと考えています。

デジタルアーカイブや記憶の継承、情報デザインやビジュアライゼーションに関心があるという点で緩やかな学術的つながりを持って集った渡邉研のメンバーは、専門やバックグラウンド・職業や年齢なども実に多様で、初めてミックスジュースを飲んだ時のような驚きと感動を伴うステキな化学反応がいつも生じています。
個性豊かでユニークなメンバーには、いつも研究に関する議論や雑談、コラボレーション研究や協働制作などで楽しく充実した時間と活力をもらっていました。

渡邉先生にはいつも鋭く深いご助言をいただくことで研究を推進するご支援をいただきました。また、実践に注力しすぎてしまう私にとっては、渡邉先生の実践・社会実装を重んじ、人々の心を大切にして資料や思いを未来に繋ぐ視座・スタンスが何よりもの救いであり、いつも感銘を受けていました。「自分がやりたいようにやるのがいいですよ」と何度も暖かく背中を押していただいたこと、深く感謝しています。

その他にも多くの方に支えていただき、これまで研究を行うことができました。
この場をお借りして深く感謝申し上げます。
いただいたご恩をお返しするにはまだまだ力量不足ですが、今後も研究と修養に邁進することで、巡り巡って少しでも社会に還元できるものができればと考えております。

まだまだやりたいこと、実現できていないことがたくさんあります。
博士課程進学後も、研究を続けて参ります。
以後の研究も暖かく見守っていただけますと幸甚に存じます。
引き続き何卒よろしくお願いいたします。

渡邉研に少しでも興味関心をお持ちの方は、ぜひ気軽に遊びにいらしてください。

=======================

ハイブリッドイメージの簡易な制作手法の研究

こんにちは。

東京大学大学院 学際情報学府 文化・人間情報学コース修士2年の藤原寛奈です。
この投稿では、自分の修士研究についてご報告します。

私は、ソーシャルディスタンスの意識化という動機から距離に応じて見え方が変化する錯視である「ハイブリッドイメージ」に着目しました。
ハイブリッドイメージとは、空間周波数の⾼いイメージと低いイメージを単⼀の画像に合成したもので、画像からの遠近によって2 つの画像が切り替わって見えるという特徴を持ちます。

修士研究では、数学的素養がなくとも、汎⽤的な画像処理ソフトを⽤いて
容易にハイブリッドイメージを作成できる⼿法の提案を目的に取り組みました。
そのために、プロトタイピングを通して開発した⼿法を
ワークショップ⽤に整理し、フローチャート化しました。

そして、アセットとして配布を想定しPC でハイブリッドイメージを制作する課題を設定したワークショップの実施を実施して、手法の検証を行いました。

ワークショップの結果、参加者は数学的素養がなくともハイブリッドイメージが制作でき、バリエーション豊かな成果物となったことから、目的は達成されたと考えます。

この研究の貢献は、汎⽤的な画像処理ソフトを⽤いて誰でも容易にハイブリッドイメージを作成できる⼿法を提案したことで、これは、ソーシャルディスタンスの距離感を体感できる画像など錯視を使った新たな表現が広がる⼀助になると考えます。

しかし、簡易ですが、画一的な表現になりやすいというのが、本研究の限界です。
今後の課題として、追加検討した手法の更なる検証や、実際にAdebeのアセットとして配布し、現場目線での改良をするなどが、考えられます。

最後に、私が制作した試作品を一部紹介します。
まず、ソーシャルディスタンスの距離感を体感できるスマートフォンの背景画像として制作した2作品です。
近くでは、「暑中お見舞い申し上げます」「わくらばに天の川波よるながら明くる空にはまかせずもがな」というメッセージが見え、右に90度傾けて離れると「2m」という文字が見えるようになっています。「2m」は、ソーシャルディスタンスとして、離れるべきとされる距離です。
主に、このスマートフォンの背景画像制作を通して、制作手法を検討しました。




次に、パソコンで鑑賞することを想定した作品を紹介します。
近くでは方言の意味、離れるとその意味を持つ方言が見えるようになっています。
こちらは様々な方言を対象に、ワークショップを行いました。
ワークショップを行うために、Photoshopのブラシ一本で製作できるようにするなど、スマートフォンの背景画像製作で提案した手法を、より簡易的に整えました。


その後、ワークショップのために整理した手法で製作した作品が、簡易ですが、画一的な表現になりやすかったため、表現の幅を広げるための追加検討を更に続けました。
こちらの2作品は、パンク、グラフィティをイメージしたものです。
近くでは「0ZERO PUNK」「Close To Me」、離れると「2m」が見えるように作成しました。

最後に、ユーザテストを行った際に、使用した作品を紹介します。こちらは、クイズ形式で行い、このブログの最後に正解を書きたいと思いますので、良ければ実際に体験してみてください。
(錯視を体感しやすいようにユーザテストで指定した条件を書きますが、厳密に条件を守らなくとも近づいたり離れたりすれば、錯視は起こります!余裕があれば条件を気にしてみてください!)

ユーザテスト風クイズ (正解はこのブログの最後)
画像を13インチのパソコンに全画面で表示してください。
この時、液晶は明るくし屋内で行ってください。また、画像は、できる限り正面から見て、目を細めたりせず、はっきりと目を開いた状態で見て下さい。

Q1,液晶から40~50cm(普段タイピングしている程度の距離)離れた時、読める文字列は何ですか?
Q2,液晶から1.5~2.0m程度離れた時、読める文字列は何ですか?

の作品も、実際に画面から近づいたり遠ざかったりして、画像の変化を楽しんでもらえれば嬉しいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は、大学院から2年間、渡邊研にお世話になりました。
他大学から来たため、右も左もわからない中、研究室の皆様には本当に良くして頂きました。
本当に皆様のおかげで、どうにかこの2年間を過ごし、修論まで辿り着くことができました。
特に、様々な分野の専門を持つ方々と一緒に学べたことは、とても貴重な経験でした。
また、制作系の学部出身で、論文にあまり触れてこなかった私にとって、修論を書くために、自分の制作の構造を紐解き、言語化するために試行錯誤したことは、とても大きな学びとなりました。この貴重な経験は、今後の人生にも生かしていきたいです。
大学院進学にあたり、学部時代の専攻的に、とても選択肢が少なかった中、制作系でも受験できる数少ない大学院として、学府を選びましたが、デザインで論文を書きたかった自分にとっては、学府の渡邊研に来れた事は自分が思っていた以上に良いもので、自分の選択は間違ってなかったと思えます。

コロナ禍で思い描いていた大学院生活とは異なっていましたが、とても充実した2年間でした。
就職で研究室を離れますが、今後とも研究室の皆さんには、ぜひ仲良くして頂きたいです。
今までありがとうございました。これからも、よろしくお願いします。

藤原
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
正解:Q1「E2cB7」Q2「F7nPY」


Linked Open Data Challenge 2021:最優秀賞/コミュニティ賞など受賞のご報告

こんにちは。

東京大学大学院学際情報学府 文化・人間情報学コースの大井将生と申します。

この度、Linked Open Data Challenge 2021のAwardにて、以下の2つの研究が受賞いたしましたことを謹んで報告させていただきます。


・最優秀賞 /

・プラチナスポンサー賞_オラクル賞:
 
(受賞対象)

(受賞者)
  高久雅生、大井将生、榎本聡、江草由佳、有山裕美子、阿児雄之

(審査講評)
GIGAスクール構想が推進される中で、デジタル庁が中心となり「教育データ利活用ロードマップ」を公開しており、日本の教育における「教育DX」に注目が集まっています。 そうした中で、初等・中等教育の学習指導要領と教育要領の内容・コード表という教科の設計図がLOD化されている意味は大きいと思います。 指導要領及びコードにURIが付与されるので、「教科書LOD」などとの連携による教育データの利活用の活発化が期待されます。

学習指導要領という用途の広い情報のモデル構築に貢献されているだけでなく、各リソース URI に対する HTML ページや英語の概要ページ、GitHub を使った issue 管理やサイト公開など、丁寧かつ独創的な LOD の作成手法であると評価しました。 今後、外部データとの連携や SPARQL エンドポイントの公開など、LOD 構築の見本となる活動として発展されることを期待しています。



・コミュニティ賞:

本作品には、学びのネットワーク構築を目指して、図書館・博物館・文書館などの多様な資料を活用することで教材コンテンツを整備する活動の成果物がまとめられています。 オープンデータを利用した教材コンテンツを整備し、それらの活用を広める活動は、オープンデータの価値を高めるとともに社会における普及と整備促進に大いに役立ちます。 さらに、IIIFに対応した活用性の高いアーカイブを構築していることも評価しました。今後、継続的な活動でコンテンツが拡充されること、また学習指導要領コードなどと連携したLODとして発展することを期待します。