Skip to main content

Posts

ふるさと納税制度を用いた着地型観光のモデルの研究-東京都大島町におけるケーススタディ-

Recent posts

擬態するポートレート -肖像写真と風景写真の可逆変換体験によるプライバシー観の変化の表現-

こんにちは. 東京大学大学院 学際情報学府 文化・人間情報学コース修士2年の中原貴文です。 この投稿では、自分の修士研究についてご報告します。
修士研究では,「顔」にまつわるプライバシー観のありようについて再考するきっかけを提供すること,を目的として取り組みました. そのために,情報環境における「顔」の保護手段として「肖像写真を風景写真に擬態させる」体験を提供するメディアアート作品「擬態するポートレート」を制作しました.
作品を実現するために以下のシステムを開発しました.まず,色相・彩度・明度の平均と標準偏差を用いて,肖像(入力)画像と色彩が類似した風景画像をDBから検索し,目的画像とします.次に,ColorTransfer法により目的画像に色調を転写します.さらに全ての画素を輝度・色相でクラスタリングし,マッピングした結果に基づいて画素を並べ替え,目的画像を擬似的に再現します.



このシステムを用いて,肖像・風景写真の変換を体験する展示作品と,変換前後の写真を見比べるために,それぞれの写真をプリントアウトし比較できるポスターとアルバムを制作しました.この作品を通して,自分自身の情報をコンピュータシステムに委ねる危険性・プライバシーの主体的な管理の重要さを,人々に提示することを目指しました.加えて,学内・学外にてそれぞれ展示を行い,行動観察と体験者の「気付き」を確認するためのアンケートを実施しました.

(東京大学制作展Extra2019 展示)
(展示の様子)
行動観察の結果,両方の展示で,変換される過程を見て驚いたり,変換前後の写真を見比べるようすが観察され,多くの人に「顔」を取り巻く社会状況に抵抗するという概念を伝えることができ,そのことが肯定的に受け取られているようでした.また,学外の展示におけるアンケートでは,作品を通じて個人の肖像写真のやり取りについて明るい期待を抱いていること・プライバシーと付き合う姿勢に前向きな考えが生まれてることがわかりました.このことから,体験者の中で「顔」にまつわるプライバシーについての意識の変容が生まれていることが読み取れました.
これらのことから,制作したシステムを用いた作品の展示と肖像・風景写真の変換体験により,「顔」にまつわるプライバシーについて再考するきっかけを提供できたと考えます.
この研究では,情報社会…

埋もれた「らしさ」の提示

こんにちは
首都大学東京大学院、修士2年の花岡です。

今回の投稿では、私が2年間かけて取り組んだ修士研究の紹介をしたいと思います。

私は『現代社会において埋没した「らしさ」を提示するメディアアート作品の制作』というテーマでこの2年間修士研究を行いました。

この研究では、個人の「らしさ」が顕著に表現されている「顔」を用いたメディアアート作品を制作し、鑑賞者(体験者)自らの「らしさ」がその場で他人の「らしさ」に飲み込まれ、埋もれてしまう様を表現することで、現代社会において個人の「らしさ」が埋没していることへの気づきを人々に与え、アイデンティティのありようについて再考する機会を提供することを目的としました。

この作品を制作するために、「顔」が主題となっている写真5000枚を利用して、作品の体験者のリアルタイム映像から動的なフォトモザイクを作成するシステムを開発しました。
さらに、作品体験者の「らしさ」が飲み込まれていく様を表現するために、作成したシステムに工夫を加え、メディアアート作品としました。

作成した作品は以下の動画でご覧いただけます。

その後、作品の評価を行いました。 作品の評価では、首都大学東京システムデザイン学部インダストリアルアートコースの学部3年生8名に対して約1時間の所要時間で作品体験ワークショップを開催しました。
ワークショップでは、まず初めにInstagramに関する、知見を体験者間で共有し、さらに主催者側から、数種類の情報を提供しました。あらかじめInstagramに関する知識を提供していたため、作品の意図が理解しやすい状況になりました。
実際に作品を体験している最中は、Webカメラより取得したリアルタイム映像から作成する動的なフォトモザイクへの面白さに注意がひかれ、「らしさ」関して考えるようには感じられませんでした。しかし、作品体験後の質問紙では大多数の参加者が「Instagramでは,個人のらしさが埋没していると思うか。」という設問に対して「はい」と回答しました。この結果より、体験者の中に潜在していた、Instagramにおける「らしさ」への考えが意識化されたと考えました。

以下にワークショップの様子を示します。

さらに、自らの過去の投稿に関して見つめ直すと、「自分らしさ」が投影されていないことに対する恥ずかしさを感じたり、投稿の意図を考えるき…

レビュー文書における特徴語と「いいね!」に基づく評価情報の抽出~戦争映画の日本語レビューを例として~

東京大学大学院学際情報学府文化・人間情報学コース修士2年の岑天霞(シンテンカ)です。 この投稿では、修士研究についてご報告します。私の修士論文のテーマは「レビュー文書における特徴語と「いいね!」に基づく評価情報の抽出~戦争映画の日本語レビューを例として~」です。
修士課程に入学する前、首都大の渡邉研で、日中戦争映画の情報をグーグルアース上でマッピングするデジタルアーカイブを作成し、それに基づいた比較分析を行いました。そこから、戦争映画を用いて日中間の意思疎通を深める可能性を感じました。

図1日中戦争映画デジタルアーカイブ
大学院に進学して、戦争映画を用いた日中交流に関する実践しながら、ネット上の映画レビューの分析手法の提案に取り組みました。
現在、誰も自由に映画レビューを映画情報ウェブサイトに投稿することができます。こうしたメディアにおいては,映画作品についての,大衆の一般的な意見が顕在化しています。しかし、レビューの意見がバラバラであり、データの量が多いため、目視・手動で分析することは困難です。 自然言語処理によってレビューの評価情報を抽出するための既存の手法は「評価情報の抽出・要約」と「感情分析・分類」に大別されます。 また、本研究の分析対象の映画レビューは、以下四つの特徴があるため、先行研究の手法をそのまま適用することができません。 評価ポイントがユーザ・作品によって千差万別であること名詞・動詞による修辞法を用いた表現が多くみられる映画作品以外の話題に関する議論も含まれる「いいね!」が付与される 研究では、大目的を,「ウェブ上の映画レビューをもとに,ユーザの一般的な主張・好みを含む作品評価の全体像を抽出する手法を提案すること」と定めた上で、以下の三つの要件を定義します。 作品の評価ポイントの抽出ユーザの主張・好みの評価ポイントの抽出評価情報の可視化
本研究の提案手法を図2に示すように、まず、要件1と2を達成するために、評価ポイントの特徴度尺度「RFR(Relative frequency ratio)」と、レビューに付加された「いいね!」数による重み付け係数に基づくレビューの重要度尺度「WL(Weight of like)」を組み合わせた評価ポイントの重要度尺度「RFR-WL」を新たに考案しました。そこから算出される重要度によって評価ポイントを抽出し、その結果を…

SIGGRAPH ASIA 2019のArt Papers採択論文がパブリッシュされました

SIGGRAPH ASIA 2019 Art Gallery/Art PapersのFull Art Papersとして採択された論文が,ACM Digital Libraryにてパブリッシュされました。一年間,無料でダウンロードできます。
Anju Niwata and Hidenori Watanave: "Rebooting Memories": Creating "Flow" and Inheriting Memories from Colorized Photographs; Proc. of SIGGRAPH ASIA 2019 Art Gallery/Art Papers (Full art papers), Article No. 4, 12 pages, 2019. 採択されたのは「記憶の解凍」のコンセプト・活動について報告する論文で,広島の庭田杏珠さんとの共著です。高校生が筆頭著者の論文がSIGGRAPH ASIAに採択された例は,これまでにあまりないはずで,快挙といえそうです。2名のレビュアーの得点は両者とも5.0(満点)。採択率は8編/25編で,約3割でした。


11/19にオーストラリア・ブリスベンで行なわれた「SIGGRAPH ASIA 2019」での口頭発表も好評で,各国から集まった研究者とともに,活発な議論を交わしました。その他の採択論文はこちらからご覧になれます





A Runner-up for the 2019 Jeffrey H. Brodsky Oral History Award at Columbia University

We are happy to announce that Tomoko Hiramoto, a Ph.D candidate of Watanave studio, has been chosen a runner-up for the 2019 Jeffrey H. Brodsky Oral History Award at Columbia University for her master’s thesis “Restoring Testimonies.
OHMA of Columbia University, which is responsible for awarding the Jeffrey H. Brodsky Oral History Award describes Tomoko’s work as follows;
“Tomoko Hiramoto interviewed Hibakusha, survivors of the atomic bomb that destroyed Hiroshima. By comparing the narratives co-produced through an oral history process with hibakusha’s pre-existing public testimonies, she shows the gaps between a public, collective memory and the more intimate, dialogic public memory of an oral history. She expertly situates her findings in the history of public memory about the atomic bomb, both in Japan and internationally, with a focus on American understandings of this event. She not only demonstrates what is obscured in ritualized collective memory, but shows us the specific his…

研究室のリデザインについてご報告

2018年4月に東京大学に移籍後,変更していなかった研究室の内装・レイアウトを刷新しました。デザインはM2の中原くんによるものです。修士論文の執筆で忙しい中,CADを使った立体的なデザインの検討・業者とのやり取りまで,中心になってこなしてくれました。
2年間放置されていた(!)トロフィーも,入口付近に「ほぼ日のアースボール」とともにディスプレイされています。また,これまた無法地帯だった書棚も,研究室メンバーによって整頓され,わかりやすく配置しなおされました。

雑然としていたLiquid Galaxyルームも,再レイアウトされ,使いやすくなりました。現在,Liquid Galaxyは修理手配中ですが,復旧後,特任助教の高田先生らが共同研究を進める場所として,活用されていくことと思います。

作業に取り組んでくれた院生さんたち,什器類の手配・納品・工事をご担当いただいた幸和商事のみなさま,本当にありがとうございました。