Skip to main content

Posts

週報170720

Recent posts

週報170713

こんにちは。学部4年の水落です!
すっかり暑くなり、もう夏ですね。

あまり賛同は得られませんが、僕は夏が一番好きな季節なので割と活発です。
最近のマイブームはお風呂上がりにぷらぷらと散歩することです。
夜風はとても気持ちの良いものですが、蚊に刺され消沈して帰宅します。
なんならもう一回お風呂入るまであります。


さて、今週の週報ですが、共同プロジェクトの打ち合わせ、研究の中間発表に向けた話し合いについてご報告します。


1.ほぼ日共同プロジェクト-アイデアダンプ 本日よりほぼ日さんとの共同研究がスタートしました!


(写真:早野龍五先生)
早野龍五先生をはじめ、ほぼ日の社員の方々と共にアイデアダンプを行いました。 現時点で実現できそうなもの。単純にコンテンツとして見てみたいもの。学生ならではの突飛なアイデア。活発に行われた話し合いは気がつけば2時間を平気で経過していました!
まずはあまり制約を設けずに自由なアイデアを出そう!とのことで多くの魅力的な案が出ましたが、これから実際に作っていくためにはまだまだ議論の余地はありそうです。
とはいえ共同研究の初日、学生も社員の方々も無邪気に楽しく意見交換が行われていたのではないでしょうか。今後がとても楽しみです。

2.南アルプス市共同プロジェクト-現地調査に向けて 次に山梨県南アルプス市との共同研究である、「南アルプス市の地域の魅力を発信するアーカイブ」に関する打ち合わせがありました。
魅力発信のアーカイブではどのようなコンテンツを取り入れるのか。またそのアーカイブからユーザーは何を体感できるのか。エンジニア班とデザイン班で分かれ、全体的なコンセプトから、制作にあたってどの技術を使用するのかまで、こちらも活発に議論が行われました。
近日南アルプス市を訪れる際、地元の方々とさらにアーカイブ制作に向けて意見交換ができるのを楽しみにしています。

3.研究中間発表に向けて 8月の上旬に私たちの学科では研究の中間発表会が開かれます。 上記の打ち合わせの後、私たち学部生、院生、先生で研究テーマについての話し合いをしました。



研究内容はもちろんのこと、研究テーマのタイトル決めについての話し合いも行われました。 "名は体を表す"と言いますが、タイトルからその人は何をしようとしているのかが分かるようにしなければならない。適切な…

週報20170706

こんにちは !お久しぶりです。学部4年の山本です。

今週は都議選がありました。都民のみなさんは選挙に行かれましたでしょうか?
私は都民ではないので傍から見ていたのですが、もしかすると首都大も何か影響があったり無かったり...?
この研究室には選挙に関するコンテンツを制作している先輩もいます。ぜひご覧ください。見方を変えると選挙も面白くなると思いました。

さて、今週のゼミは
卒業制作の中間発表向けての話をメインに、午後は新しいプロジェクトのアイデア出しをしましたので、そのご報告です。

中間発表に向けて 8月初めに、卒業制作の中間発表がコース全体で行われます。ポスターを制作し他の学生や教授に研究の目的などを伝える良い機会です。

それまでには研究の目的や手法は固めたいところです。
私はデザイナーとユーザーをつなげるSNSの制作を考えていますが、目的や手法はもっと具体的にする必要があると今回のゼミで感じました。

しかし、私はとりあえず作ってしまおうの精神で、ものから手をつけ始めています。
あまり考え過ぎても手が止まってしまうので、できることを精一杯して行くつもりです。もちろん、どのように社会に生かすことができるのか後々しっかり考えます。不安はありますが....

新たな研究室プロジェクト 私の地元山梨にあります、南アルプス市とのコラボで、地域の魅力を発信するアーカイブを制作することになりました。アイデア出しは最近研究室に設置されたliquid galaxyも使いながら行っています。
扇状地がはっきりと大きな画面に映ると、実感が湧きます!



中央の机を囲んで行いましたが、山梨出身は僕だけなので地元民としてもっと発言をしていければと思います。今月にも現地に訪れるので、その前にある程度アイデアを固めていきたいですね!



以上、山本でした!




週報20170629

みなさん、お久しぶりです。
気がつけばもう夏ですね。毎日暑さにやられつつ日々過ごしています、福山です。
写真は横根に行った時の写真です。夏っぽい。

今回の週報は、研究室の巨大なディスプレイ、自分の卒業制作についてお届けします。

謎な巨大ディスプレイ 研究室に一際目を引くものが完成しつつあります。これはまだ未完成です。
写真からもわかるように、縦向きディスプレイが贅沢に5枚横に並んでいるだけでも、インパクトがすごいです。
完成形は両サイドにもう一枚ずつディスプレイが並んで計7枚になります。
そうです。もう一度言います、これはまだ未完成です。


こいつの紹介を少しさせてもらいます。
名前は、Liquid Galaxyと言います。日本語で言い換えると、液晶の銀河ですね。
主にGoogleEarthやcesiumを、手前にあるスティックを使って操作ができます。
自分も少し操作をして楽しんだのですが、幅があんなに広いディスプレイはもちろんはじめてで、とりあえず没入感がすごくて、あたかも自分がその場所にいるような感じがしました。

自分が行ったことのある地域や生まれ故郷など、行ったことは無いけれども有名な観光名所などをストリートビューでまわりながらいろいろお喋りしていました。


また、大きなディスプレイを周りの人と共有することによって会話が生まれることがいいと言う声もありました。自分もそれはこのLiquid Galaxyの強みだと思います。

せっかく自分の身の回りにこのようなものがあるので自分の制作にうまくいかせないかなぁと思案中です、、、


卒業制作 自分自身の卒業制作を紹介したいと思います。
僕のテーマは、大まかに言うと写真から選ぶ観光情報についてのコンテンツを制作しようと考えています。

このテーマに決めたのは、自分が観光や旅行を行くときや他人におすすめの場所を紹介するときに観光サイトなどを見て、まだ紹介できる観光場所があるのではないかと思ったことがきっかけです。
また、見せ方などもっと工夫できることがあるのではないかと思いました。
だったら自分で作ってみようと思い今に至ります。

今は、先行事例の研究や企業が行なっているアンケートを見ながらどのような情報が観光をするときに必要なのかを考えながら、作るコンテンツの具体的なものを決めていってます。
中間発表が近づいているので、それまでに…

週報170622

「今日はいい天気。」  昨日の記録的な悪天候を思い返すと余計にそう感じられます。ちなみに自分は台風のごとく吹き荒れる雨風に唖然としながら駅出入り口で集団雨宿りをしていました。  雨宿りの時間が勿体無いのでtwitterを見ていると、渡邉先生の「台風リアルタイムウォッチャー」が目に留まりました。浸水・冠水を表す青いマーカー、強風を表す赤いマーカーの位置から、太平洋側に帯状に被害が集中していることが見て取れます。一方「観測史上1位の1時間雨量」と報道されていた和歌山県には、ほとんどマーカーがなかったのが意外でした。  このようなデータの視覚化により、新しいことに気付けたり、新たな疑問を持てるのが非常に魅力的です。


本日に戻ります。研究室でしばらくしていると、いきなり渡邉先生の口からビックニュースが!

 なんと沖縄戦前の古写真をAIでカラー化するプロジェクトが朝日新聞と沖縄タイムスの一面トップを飾ることになりました。新聞の一面記事をこんなに身近に感じるのは久しぶりです。朝日新聞大阪本社から掘り返された沖縄戦前の写真をAIにより自動着色、そこに渡邉先生自身が色を重ねて一層生き生きと。カラー化した写真は元が白黒写真とは思えないほど極めて自然に見えました。

 このプロジェクトにより「人間とAI」「人と人」「過去と現在、未来」多くのコラボレーションが生まれます。沖縄タイムスを休職してM1として渡邉研に所属している與那覇里子さんは現在の沖縄を取材することで戦前の色を取り戻そうとしています。このプロジェクトはまだ始まったばかりだとそう感じさせてくれます。

 沖縄戦慰霊の日である6月23日の朝日新聞沖縄タイムスに記事が掲載。また、與那覇さんの執筆記事も朝日新聞デジタルに掲載されています。沖縄で生きてきた與那覇さんならではの視点で書かれています。




クックパッド企業説明会食は人を豊かにします。人は食を豊かにします。人は食を通して人と繋がります。
その関係を大事にしている企業がクックパッドさんです。午後からはクックパッド株式会社の方々が企業説明会を開催してくださいました。
 ところで、クックパッドさんでは渡邉研伝説のOBがご活躍されているそうです。その方が佐野大河先輩です!学内展でお会いしたことがあるのですが、防災情報アプリ「My防災ノート」やお出かけ情報アプリ「Ékocca」など人々の生活に寄り添ったア…

週報 170615

入学当初は黒髪ロングだったのに気がついたら金髪ショートになっていました。 ヤンキーではありません 増田琴美です。
今回は  ・B4の進捗発表  ・横根出張の反省会  ・自分の研究の進捗(※長いです) の3つでお届けいたします。
■B4の進捗発表  我々B4が研究室に配属されてから、早2ヶ月が経ちました。  それぞれが就職か進学かをある程度決め、 あと1,2ヶ月で中間発表という段階にきました。  もう一度言います。あと1,2ヶ月で中間発表です。  時が経つのは早いですね。発表前日にヒイヒイ言わないよう気をつけねばと思う日々です。  ちなみに大学院入試も間近ですので、毎日怖くて夜しか眠れません。
 さて、B4の特徴は「それぞれが興味・関心の向くものに関する物事を深く考え、調べていること」だと感じております。  「このプロダクトを作ろう!」「この技術をどう活かそうかな?」よりも先に、  「これについて興味があるから徹底的に調べて追求しよう」という傾向が強いです。  故に、それぞれが身につけている全く異なる分野に関する知識を一つに繋げれば  ものすごい何かが生まれるのではないかなとぼんやり感じております。  たまらないですね。言葉の定義を人に押し付けるのは嫌ですが、  私としてはこれぞ研究だ と楽しんでおります。  好きなものをそれぞれが自由且つ真面目に突き進める感じ、とっても好きです。
 一部ご紹介します。こちらはドローンを研究している渡邊君の発表です。  先生の笑顔を盗撮しているみたいになってしまいました。盗撮していません。無音カメラでしたが...。

 こちらは自動販売機を研究している水落君の発表です。  自動販売機の研究から何が生まれるのか 個人的にとても気になっております。

 また、B4は普段皆で話すことが中々ないのですが、今回のゼミの後に先輩方と共にお酒を嗜みました。  お酒を嗜むというと綺麗な言い方ですが、実際は居酒屋に飲みに行っただけです。  これからも少しずつ親睦を深められたらと思っております。


■横根出張の反省会  先日(6/10~11)、いつもお世話になっている横根地区へ出張しました。  代が入れ替わってから初めての横根出張を終えたため、  このタイミングで反省会を行いました。
 それぞれがやりたいことや今後のビジョンが明確になり、大変有意義な会でした。  中心となって引っ張ってくださった山浦さん、本当にありがとうご…

「ユギ・アーカイブ」の制作:Web基礎グループ課題

Web基礎最後の課題は,グループで取り組む「ユギ・アーカイブ」の制作です。


みなさんが通学する南大沢キャンパスは,八王子市由木(ユギ)地域のなかにあります。南大沢駅からキャンパスに至る狭い範囲の外側には,さまざまな歴史・文化が積み重なっています。さらにこのエリアには,街の人々の生活に溶け込んだ公園も多数あります。

今回の課題では,みなさんがこれまで「知らなかったユギ」を見つけ出し,ウェブにアーカイブして発信してください。この課題は2年前から継続されており,今後も継続される予定です。未来の後輩たち,そして地域の記憶の土台となるような提案をお待ちしています。
「アーカイブ」という課題ですが,必ずしも「ヒロシマ・アーカイブ」のような地図表現にこだわる必要はありません。ウェブコンテンツとともに「アクティビティ」を展開してください。資料館などでの資料収集,地域の人々へのインタビューなどを活動に組み込み,多元的なデータを集めて制作してください。スケジュール
6/12 課題説明・チーム分け適宜,ゲストレクチャ予定7/03 中間提出7/23 24:00 課題提出.7/24 講評会.優秀作品は公開する可能性があります.