Skip to main content

Posts

埋もれた「らしさ」の提示

Recent posts

SIGGRAPH ASIA 2019のArt Papers採択論文がパブリッシュされました

SIGGRAPH ASIA 2019 Art Gallery/Art PapersのFull Art Papersとして採択された論文が,ACM Digital Libraryにてパブリッシュされました。一年間,無料でダウンロードできます。
Anju Niwata and Hidenori Watanave: "Rebooting Memories": Creating "Flow" and Inheriting Memories from Colorized Photographs; Proc. of SIGGRAPH ASIA 2019 Art Gallery/Art Papers (Full art papers), Article No. 4, 12 pages, 2019. 採択されたのは「記憶の解凍」のコンセプト・活動について報告する論文で,広島の庭田杏珠さんとの共著です。高校生が筆頭著者の論文がSIGGRAPH ASIAに採択された例は,これまでにあまりないはずで,快挙といえそうです。2名のレビュアーの得点は両者とも5.0(満点)。採択率は8編/25編で,約3割でした。


11/19にオーストラリア・ブリスベンで行なわれた「SIGGRAPH ASIA 2019」での口頭発表も好評で,各国から集まった研究者とともに,活発な議論を交わしました。その他の採択論文はこちらからご覧になれます





A Runner-up for the 2019 Jeffrey H. Brodsky Oral History Award at Columbia University

We are happy to announce that Tomoko Hiramoto, a Ph.D candidate of Watanave studio, has been chosen a runner-up for the 2019 Jeffrey H. Brodsky Oral History Award at Columbia University for her master’s thesis “Restoring Testimonies.
OHMA of Columbia University, which is responsible for awarding the Jeffrey H. Brodsky Oral History Award describes Tomoko’s work as follows;
“Tomoko Hiramoto interviewed Hibakusha, survivors of the atomic bomb that destroyed Hiroshima. By comparing the narratives co-produced through an oral history process with hibakusha’s pre-existing public testimonies, she shows the gaps between a public, collective memory and the more intimate, dialogic public memory of an oral history. She expertly situates her findings in the history of public memory about the atomic bomb, both in Japan and internationally, with a focus on American understandings of this event. She not only demonstrates what is obscured in ritualized collective memory, but shows us the specific his…

研究室のリデザインについてご報告

2018年4月に東京大学に移籍後,変更していなかった研究室の内装・レイアウトを刷新しました。デザインはM2の中原くんによるものです。修士論文の執筆で忙しい中,CADを使った立体的なデザインの検討・業者とのやり取りまで,中心になってこなしてくれました。
2年間放置されていた(!)トロフィーも,入口付近に「ほぼ日のアースボール」とともにディスプレイされています。また,これまた無法地帯だった書棚も,研究室メンバーによって整頓され,わかりやすく配置しなおされました。

雑然としていたLiquid Galaxyルームも,再レイアウトされ,使いやすくなりました。現在,Liquid Galaxyは修理手配中ですが,復旧後,特任助教の高田先生らが共同研究を進める場所として,活用されていくことと思います。

作業に取り組んでくれた院生さんたち,什器類の手配・納品・工事をご担当いただいた幸和商事のみなさま,本当にありがとうございました。

TOKYO 2021「慰霊のエンジニアリング」展への出展

9/14〜10/20の会期で開催されるTOKYO 2021「慰霊のエンジニアリング」展に,岩手日報社と共同制作した「忘れない:震災犠牲者の行動記録」を出展しています。


今回の展示では,EndPoint社が開発した大型ディスプレイ「Liquid Galaxy」で上映しています。ご遺族から氏名の公開を承諾していただいたかたについては,氏名をローマ字で表記しています。


会場は東京駅至近の,戸田建設本社ビルです。ぜひ,いらしてください。
TOKYO 2021「慰霊のエンジニアリング」展ウェブサイト https://www.tokyo2021.jp/bizyututen/入場 ウェブサイトより事前登録。※展覧会は2会場で開催されており、うち1つは事前登録なくご覧頂けます。会期 9月14日(土)〜10月20日(日)/火曜定休キュレーション 黒瀬陽平会場構成 西澤徹夫参加作家 会田誠、飴屋法水、磯村暖、宇川直宏、梅沢和木、梅田裕、大山顕、カオス*ラウンジ、カタルシスの岸辺、キュンチョメ、今野勉、たかくらかずき、高山明、竹内公太、寺山修司、中島晴矢、中谷芙二子、名もなき実昌、八谷和彦、檜皮一彦、藤元明、三上晴子、宮下サトシ、山内祥太、弓指寛治、渡邉英徳、Houxu Que、MES、SIDE CORE

「ピース・ニッポン・プロジェクト」日本を未来に伝えるプロジェクトのデジタルアーカイブ・システム公開

東京大学大学院情報学環の渡邉英徳研究室は、映画監督の中野裕之が理事を務める一般社団法人ピース・ニッポン・プロジェクトと共同で、日本の風景を未来に伝えていくデジタルアーカイブ・システムのデジタルマップ・インターフェイスを本日、公開しました。さらに、SNSに写真を投稿することにより、デジタルアース上にマッピングされるサービスをスタートいたします。




2018年に中野裕之監督が制作した映画「ピース・ニッポン」は、東日本大震災以降、日本で撮影された美しい風景の映像アーカイブをもとに構成され、好評を得ています。こうした美しい風景は、写真家や観光客により、日常的に撮影され、記録されつづけています。しかし、普段生活している何気ない場所や、地元だけの名所・商店街などは、注目されません。ひとたび激甚災害が起こると、こうした風景は永遠に失われていきます。

そこで私たちは【日本アーカイ部】と称し、「日常のなかにある風景」の投稿を広く募集するために、簡単に写真を投稿できるシステムを構築しました。また、写真の撮影地が自動的にデジタルアースにマッピングされ、個別の写真の撮影場所を確認できるインターフェイスを用意しました。また、すでに写真・映像のアーカイブを保有している自治体・企業については、専用の投稿アカウントを用意します。既に、広島県福山市が投稿した写真がアーカイブされています。

同時に【日本美景部】と称し、中野裕之監督とスタッフをはじめ、ドローンのパイロットや写真家などプロフェッショナルの協力を得ながら、もっとも美しいタイミングで風景を撮影し、アーカイブしていきます。
公開日: 2019年7月24日主催:一般社団法人PEACE NIPPON PROJECT、東京大学大学院情報学環 渡邉英徳研究室協力: 福山市、特定非営利活動法人 映像産業振興機構(VIPO)、京都駅ビル開発株式会社、ピースデリック有限会社、アクアジオグラフィック株式会社、Edo Wonderland 日光江戸村、ヘキサメディア株式会社、合同会社 日本空撮、株式会社プレスメディア社、株式会社SKEN企画事務所、田中空撮、SahaEntartainmentアーカイブ監修: 東京大学大学院情報学環 教授 渡邉 英徳アーカイブシステム構築: ダーウィン・エデュケーション株式会社サイトデザイン・制作: 株式会社シーエスレポーターズ

「SHINOBAZU WONDER 12」明治アーティストたちの離合聚散 開催中

東京大学大学院情報学環吉見俊哉研究室・渡邉英徳研究室・凸版印刷株式会社は,共同研究成果の発表イベント「Shinobazu Wonder 12 ー明治アーティストの離合聚散ー」を開催します。

会場
旧平櫛田中邸・アトリエ(〒110-0002 東京都台東区上野桜木2-20-3)会期
7月13日 (土) 12:00-17:007月14日 (日) 11:00-17:007月15日 (祝) 11:00-16:00入場:無料

本展では、明治時代のしのばずエリア(上野と本郷を中心とする御徒町・湯島・谷中・根津・千駄木地域)に居を構え、芸術活動に身を投じた個性豊かなワンダーアーティスト12名をご紹介いたします。
上野という美術の戦場(博覧会、展覧会、競技会など)で表現を競い、時に新たな理想を掲げて独立し、「離合聚散」しながら芸術活動を続けた彼らの軌跡をデジタル技術(Liquid Galaxy および AR)を交えてお見せします。しのばずエリアで紡がれた彼らのネットワークや芸術との格闘にまつわる物語を、展示やまち歩きを通してご体験ください。あなただけの「ワンダーアーティスト」を見つける仕掛けを用意して、会場でお待ちしています。どうぞお見逃しなく!

会場で奥原晴湖の作品のほか、本展開催期間中、東京国立博物館総合文化展にて奥原晴湖、加納夏雄、横山大観の作品もご覧いただけます。明治の作家が歩いた道程に思いを馳せながら巡ってみてはいかがですか。

7/13 (土)
13:00-13:30 Liquid Galaxy実演① 不忍今昔物語:不忍弁天島事件簿15:00-15:30 Liquid Galaxy実演② 不忍今昔物語:マネーとアート、と人生7/14 (日)
13:00-13:30 Liquid Galaxy実演③ 不忍今昔物語:骸骨ぞろぞろ15:00-17:00 "Shinobazu Wonder" ARまち歩き(定員に達しました)7/15 (月・祝)
13:00-13:30 Liquid Galaxy実演⓸ 不忍今昔物語:東京大学がやってきた15:00-15:30 Liquid Galaxy実演⓹ 不忍今昔物語:アーティストたちのお引っ越し主催
東京大学大学院情報学環吉見俊哉研究室・渡邉英徳研究室・凸版印刷株式会社 共同研究「しのばず文化情報活用プロジェクト」連絡先
shinoba…