Skip to main content

Posts

Showing posts from 2008

黒川紀章「中銀カプセルタワー」 in Second Life

建築家・黒川紀章の代表作「中銀カプセルタワー」を仮想世界に再現しました。また、写真を使ったPhotosynthコンテンツの制作や、仮想世界ならではの実験なども行っています。



制作:首都大学東京渡邉英徳研究室+アトリエテン原設計+企画協力:黒川紀章建築都市設計事務所企画:日経アーキテクチュア首都大学東京渡邉英徳研究室
+清水要・河原隆太・小山未来・鈴木真喜子・中野洋平(首都大学東京システムデザイン学部3年生)今城早絵(同1年生)

SIGGRAPH Archive

ACM SIGGRAPHの過去の会場写真を収集し、仮想世界のイメージデータベースとして再構築するプロジェクト。SIGGRAPH ASIA 2008、第12回文化庁メディア芸術祭などで展示発表を行いました。



Created by Hidenori Watanave
Conception by Tomoe Moriyama
Music by Kensuke Takada



All photographs of SIGGRAPH were taken and granted by:
Jacki Morie - SIGGRAPH 1993 and 1994, The Zone And Neuro Baby/ The Edge
Brian Blau - SIGGRAPH 1996, Digital Bayou
Kathryn Saunders - SIGGRAPH 1999, Millennium Motel
Toshihiro Konma - SIGGRAPH 2002,2003,2005,2006,2007 and 2008, Emerging Technology / Art Gallery / Kids / NewTech / Slow Art

「ガイア・ヴィレッジ」コンテンツ

特定非営利活動法人ガイア・イニシアティブとの共同研究成果として、ガイア・イニシアティブ公式サイト内の「ガイア・ヴィレッジ」掲載コンテンツを制作しました。

Google Mapsによる活動紹介Google Earthを用いたプレゼンテーションムービーラジェンドラ・パチャウリ氏動画の字幕}
首都大学東京渡邉英徳研究室
+清水要・河原隆太・鈴木真喜子・中野洋平・林加奈子(首都大学東京システムデザイン学部3年生)

プレスリリース一覧

『アースダイバーマップbis』公開:中沢新一「アースダイバー」のコンセプトをGoogle Earth、iPhoneを駆使して再考するプロジェクト(2010.08.20)Google Earth、Twitterを活用、被爆の実相を伝えるプロジェクト 「Nagasaki Archive」正式公開スタート:首都大学東京 渡邉英徳研究室(2010.07.22)撮った景色が水没する!日本初の環境問題啓発型 iphoneアプリ【水没カメラ】無料アプリエンタメ部門で第一位に。~撮影した水没画像を GoogleEarth にマッピングできる投稿サイトもスタート!(2010.07.05)首都大学東京システムデザイン学部イン ダストリアルアートコース×Sony CSL「AFO」メンバーによる「ATFOMU = TMU x AFO」展:開催のお知らせ (2010.03.16)文化庁メディア芸術祭|サイバーアーツジャパン-アルスエレクトロニカの30年展出展のお知らせ:首都大学東京渡邉英徳研究室(2010.02.04)COP15(国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議)作品展示のお知らせ:首都大学東京渡邉英徳研究室(2009.11.30)
``Tuvalu Visualization Project Was Launched" - Hidenori Watanave Laboratory, Tokyo Metropolitan University (2009.10.04)
「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」公開のお知らせ:首都大学東京渡邉英徳研究室(2009.09.30)
ツバルのGPS情報付き写真(3200枚)を公開:首都大学東京渡邉英徳研究室(2009.08.03)『オバマケイン=オバマ×マケイン』ニューヨーク展覧会スタート:首都大学東京渡邉英徳研究室(2008.09.08)日本ブラジル交流年事業・Second Life「Nippaku100島」オープン(2008.08.06)

OBAMApPING/ObaMcCain

ニューヨーク・Location One財団主催の「Virtual Residency Project」にて、Susanne Berkenheger(ベルリン)、Andy Deck(ニューヨーク)とともに「U.S. Presidential election」というテーマで制作活動を行いました。



制作:渡邉英徳+羽尻公一郎



制作:渡邉英徳+野口伸吾

日伯交流年事業「日伯建築・都市インターネットアーカイブス」

建築家・オスカーニーマイヤーに関するインターネット上の画像を収集し、仮想世界のイメージデータベースとして再構築するプロジェクト。FILE(Electorical Language International Festival) Sao Paulo 2008、SIGGRAPH2008などで展示発表を行いました。




首都大学東京渡邉英徳研究室
+清水要・河原隆太・鈴木真喜子・中野洋平・林加奈子(首都大学東京システムデザイン学部3年生)