20090722

ツバル最終日:日蝕を撮影

本日はツバル最終日。早朝は「空」の写真をバイクで連続撮影。その後焦げるような日差しの中、環礁の離れ小島のデータなどをサンプリング。きょうは本当に消耗しまくりでした。



偶然(渡航計画を立てた際はすっかり忘れていました)にも本日は日蝕デー。ツバルでは太陽の85%が欠ける大きな部分日蝕となりました。

日蝕待ちを兼ねて島の周囲をGPS撮影しながら歩いていたら、猛烈なスコールが。他のみなさんは小屋に避難していたのですが、私は焦って日蝕フィルタなどを準備。以下のような感じでなんとかデジカメに収めました。85%も欠けるとさすがに周囲の光の状態も異様で、黄昏時のいろなのに陽は高い、ふしぎな光景が広がります。





その他HDムービーを鈴木(真)さんが頑張って撮影していたので、近日中にYouTubeにアップ予定。そしてスコール後ということで背後には見事な虹が。



一生忘れえない光景となりました。明日昼の便でこちらを発ち、フィジー→ソウル経由で帰国します。機内ではデータ整理に明け暮れそうですが。
(wtnv)