20100625

,

週報20100625

今回の週報は4年の高田が担当させていただきます。
6月の終わりで、もう週報の順番が3周目に突入しました。

まず、先週18日~20日に長崎プロジェクトの班が長崎へ出張してきたので、そのことについてお伝えしようと思います。

この写真は被爆したクスノキです。
当時被爆直後は、枝葉が熱風と熱線で吹き飛び、幹も折れてしまい枯死寸前の姿になってしまったそうです。
しかし、現在はこうして樹勢を盛り返し、長崎市の天然記念物にも指定されています。


これは、被爆クスノキがある神社の鳥居です。熱風で片方の柱は吹き飛ばされたものの、片方の柱で今もなお立ち続けています。

私は長崎へは行ったことがないのですが、出張組が撮ってきた多くの写真群を見てみると、あちらこちらに被爆の跡が残っており、祈念碑や、平和を願うモニュメントがあるようです。
そしてその近くには、たくさんの千羽鶴が飾られています。

今後は、今回長崎プロジェクト班が撮ってきた写真や、被爆者の方のお話をもとに、コンテンツを制作していきます。
いつまで経っても、この千羽鶴が途絶えることのないよう、原爆について伝えていければと思います。

以下、長崎に出張した際、長崎新聞に取材していただいた記事です。
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20100620/05.shtml



次に、私が取り組んでいるアースダイバー班についてお伝えしようと思います。


人々が霊的なものを感じる場所や、地元の人が見つけたお稲荷さん、それらをアースダイバーマップと重ねてみると、どうなるか。
昔の東京の地形とどんな関係があるか、グーグルアースにマッピングするというコンテンツを制作中です。
人々が投稿した写真をGPS情報付きでグーグルアースにマッピングし、ヒートマップが出来上がっていきます。
上の画像は、そのヒートマップが広がっているところです。

今後はマッピングシステムの実装に入るので、とても楽しみです。
また新しい勉強ができるので、もっと成長していきたいと思っています!

(高田百合奈)