Skip to main content

Posts

Showing posts from August, 2010

「アースダイバーマップbis」β公開中

多摩美術大学中沢新一ゼミ(ブリコラージュ設計)×首都大学東京大学院「インダストリアルアートプロジェクト演習」+渡邉英徳研究室有志のコラボレーションによるプロジェクト「アースダイバーマップbis」がβ公開されました。


”縄文地図を片手に、東京の風景が一変する散歩の革命へ。見たこともない、野生の東京が立ち上がる。誰も書かなかった東京創世記。”- 中沢新一著「アースダイバー」のコンセプトを、2010年のデジタル地球儀テクノロジーを活用して再考します。さまざまなデータをユーザ自身がマッピングし、地図を拡充するためのオンラインイベントも開催していきます。現在さっそくマッピングのお題が出ています⇒詳細説明はこちら


このプロジェクトも「Nagasaki Archive」と同様に、オンラインでの出会いを経て超スピードで完成しました。多摩美術大学の五十嵐丈鑑さんとTwitterで連絡を取り合い、中沢新一さんとのお打合せ、そして制作。いい時代です。院生の高田健介くん、勝田亜加里さん、四年生の高田百合奈さんの労作。今後の展開に乞うご期待。(wtnv)

大山顕・石川初・渡邉英徳 マッピングナイト

Nagasaki Archiveもリリース+TV出演等を終えて、ひと息つきました。8月は「アースダイバーマップbis」および大島プロジェクトの発表が控えており、各チームお盆休みと同時進行でがんばり中。

そして私はお盆の夜、東京カルチャーカルチャーにて開催される以下のイベントに出演します。住宅都市整理公団総裁こと大山顕さんとは団地マッピング以来のご縁。石川初さんともおそらくお互い長いこと知ってはいた間柄じゃないかと思います。当夜がとても楽しみ。(wtnv)


(以下告知サイトより転載)

大山顕・石川初・渡邉英徳 マッピングナイト
Open 17:30 Start 18:30 End 21:00 (予定)
前売券\2,500・当日券\3,000(飲食代別途必要・ビール\600など)

工場萌え、団地写真集、ジャンクション・・・沢山の色んな「街ネタ写真集」ヒット、様々な街ネタ「見学ツアー」の“キングオブ街ネタアーティスト”大山顕と「GPSナスカ絵」「東京スリバチ学会」石川初の夢の競演再来

【大山顕より→】昨年、まさかの 『びっくりドンキーが東京と一致する現象』 で会場をどよめかせた「ヤバい景観的・東京88景」のイベント。あれから1年。また石川+大山のイベントやります!内容はその名の通り「マッピング」についてのイベント。個々の論理とか癖で位置づけられる要素を、ある量あつめて時間・空間にまとめてみると全体としてある傾向が見えてくる面白さ、とでもいいましょうか。たとえば前出の『びっくりドンキーが東京と一致する現象』当日は、僕らがそういった興味深い例をお見せしつつ、おいでいただいたみなさんにお題を出し、その結果をその場でマッピングしていきます。さあ、どんなおもしろい傾向が見えてくるか?今回はマッピングといえばこの方。渡邉 英徳さんをゲストにお迎えします。びっくりしつつ、唸らされ、そして思わず笑っちゃう分析を乞うご期待!(大山顕)

【出演】大山顕(工場萌え、団地写真集、ジャンクション・・・街ネタ写真集著者・デイリーポータルZ)、石川初(GPS東京ナスカ絵作者、東京スリバチ学会)、渡邉 英徳(日本を代表するマッピング作家)、ほか!?

平和祈念館訪問+高校生とのワークショップ #nagasaki0809

8/8朝から長崎入りしてます。本日は平和祈念館にて長崎平和推進協会写真資料調査部会の深堀好敏さんにNagasaki Archiveをお見せしてご感想をいただくと同時に、阿久津さんのナビゲーションのもと、iPadを用いてMessage Cloudへのメッセージを寄せていただきました。


深堀さんのご感想は「これ好き!」「次の世代が(こういう先端技術を用いて)意思を継いでくれているので安心する」とのこと。プロジェクトを手がけた我々としても感無量。


その後、大量の被爆当時の写真の使用についてもご示唆をいただき、本当に有意義な出張になっています。その後、一万人署名活動に参加している高校生たちにも、iPadワークショップに参加してもらいました。みんな一心にメッセージ作成に取り組みつつ、Google Earthにマッピングされた自分たちの画像をみて歓声を上げる。平和活動にたのしく取り組むようすを眺めるにつけ、講師冥利に尽きます。


結果、十数件の投稿が寄せられ、下の画像(フィリピンの高校生のメッセージ)のように、たくさんのメッセージがデジタル地球儀上にマッピングされました。メールでの投稿はTwitterと比べて敷居が高いのですが、こうしたワークショップ形式での開催は本当に盛り上がります。実にたのしいひとときでした。


明日は10:30より、中丸さん・阿久津さん担当で進めているオンラインイベントが公開されます。Second Life×Ustreamで展開されますので、ご興味あるかたはぜひ。また8/9のTBS「NEWS23 X」及び8/10のフジテレビ「めざましテレビ」にて、Nagasaki Archiveが紹介される予定。こちらもぜひ。(wtnv)

Nagasaki Archiveの反響(8/5) #nagasaki0809

Nagasaki Archiveは、7/26の公開以来、国内外の多数のニュースサイトで紹介されています。


以下に、現在我々が把握できているインターネット記事のリストを掲載します。Twitterからブログサイトや新聞社のサイトへと、2010年ならではの情報伝播のスピードを実感しています。
EL MUNDO(スペイン) 「Nuevas tecnologías contra el miedo al olvido en Hiroshima y Nagasaki」2010年8月5日Gazeta.pl Technologie (ポーランド)「Historie osób, które przeżyły Nagasaki w Google Earth」2010年8月5日窓の杜「“Google Earth”で原爆の惨禍と平和への祈りを表示する“Nagasaki Archive”」2010年8月5日io9「A Google Earth map of Nagasaki survivors' eyewitness accounts」2010年8月4日Google Earth Blog「The Nagasaki Atomic Bomb Archive」2010年8月4日THE SECOND TIMES「8/9、セカンドライフにて長崎原爆の実相を伝える「Nagasaki Archive」のオープニングオンラインイベント開催」2010年8月2日龍~なが 長崎新聞ホームページ「本紙「被爆ノート」グーグルアース公開 顔写真クリックし記事閲覧」2010年8月1日GIZMODO(US版)「Google Earth Used to Showcase Nagasaki A-Bomb Info」2010年7月27日The Mainichi Daily News「Horror, destruction of Nagasaki A-bombing detailed through 3D digital map on new Web site」2010年7月27日毎日.jp「長崎被爆:ネットで実態再現 地図や体験談、建物」2010年7月26日毎日.jp「ナガサキ・アーカイブ:長崎被爆、ネットで再現 地図と体験談、連動」2010年7月26日RBB Today「長崎原爆を世界に伝えるプロジェクト「Nagasak…

Nagasaki Archive Online Opening Event告知

こんにちは。スタジオ4年中丸由貴です。
本日は私が携わっているNagasaki Archiveのオープニングイベントの告知にやってまいりました。


以下、告知文となります。公式サイトでの告知はこちらをご覧ください



+++++++++++++++++++++

この度、長崎原爆の実相を伝えるためのNagasaki Archive(http://nagasaki.mapping.jp/)のオープニングオンラインイベントをSecond Lifeを利用し、8月9日に行うことになりました。


■イベント詳細■

Second Life上に長崎の原爆について・平和についてのコンテンジを展示する空間を制作しました。
その空間を紹介するデモプレイ+長崎の原爆に関するイメージムービーをUstreamにて配信します。


『Nagasaki Archive Opening Online Event in SL』

//2010.08.09(月)

//10:30~11:20(予定)

*内、11:02(原爆投下時刻)より、1分間の黙祷を含む。
*Ustream(http://www.ustream.tv/channel/nagasaki-archive-in-second-life)に是非アクセスしてみてください。
*Second Life URL(http://maps.secondlife.com/secondlife/tmu/120/181/130)





























(中丸由貴)