20110425

,

週報20110424

初めまして、今年から wtnv.studio に配属になりました
4年の山田大輝と申します。
日本語を覚えたてなので、雑な文章が目立つと思いますがご了承下さい。

今回は個人的なことについて書きたいと思います。
震災についてです。

3月11日に発生した東北太平洋沖地震により、
被災地では今もなお多くの方々が避難生活を余儀なくされています。
被災地程ではないですが、関東も影響を受けました。
しかし、阪神大震災時と違うことが一つありました。

インターネットです。

ライフラインは全てストップしたものの、
ネットだけは落ちなかった。
自分も電話は繋がらなかったけど、
ツイッターで連絡をとって友達んちに泊めてもらえた。

ネットネットネット
みたいな世の中になるのは面白くないけど、
ネットの凄さを再度認識させられたのも3月11日でした。

ネットが死なない。
それが何を意味したかと言うと、
誰もが立ち上がれる時代になったということ。

そのスピードは政府や企業よりもスピード感がありました。
多くの有志が様々なプロジェクトを始めました。

私はライフツイートプロジェクトを始めました。

簡単に言えば、ディスプレイを通し、
被災地に応援メッセージや情報を届けるプロジェクトです。
※詳しくはウェブで。⇒ ライフツイートプロジェクト

様々な人や企業から支援を頂き、
ついに今週末に被災地にディスプレイを届けます。
協力して頂いたみなさん、ありがとうございました。

まだまだ、
SNS等での拡散や支援金の募集をしてますので、よろしくお願いします。

現状ですが、先週宮城に向かい、1台目のディスプレイ設置の目処が立ちました。
今週末には設置できると思います。
写真は実機です。

被災地の現状を見て、
ますます真剣に取り組まなければいけないことを再認識できました。

研究室でのプロジェクト、Hiroshima Archiveも同じことが言えます。
私たちがやるべきことをしっかり見つけ、
この1年頑張っていきたいと考えています。


(山田大輝)