Skip to main content

Posts

Showing posts from November, 2013

週報20131129

こんばんは、学部4年の栗原です。

めっきり寒くなってきました。
でもこういう時にこそ運動だ!ということで最近はゼミの空き時間に卓球やキャッチボールをしています。実は日野キャンには生徒が自由に借りられる体育館があるのです。(昨日知りました)
もしあなたが現首都大生or首都大志望でしたらぜひ使ってみてください〜!


さて肝心のゼミですが、そろそろ "卒制の大忙し" の始まりです。
今は院生も含め自分の制作物のアンケート&実験ラッシュという印象があります。

ここで集まるデータが最後の発表の良し悪しを握っていると言っても過言ではありません。せっかく集めたのにミスで使いものにならない、なんてなったら叫びたくなることでしょう。私は叫びます。

私も絶賛データ収集中なのですが、よろしければご協力をお願いします。
こちらから→【 NewsDrops 2.1 】
これは一言で言うとニュースサイトです。
クリックする度に自動で記録する仕組みになっているので、少し使って頂けたらそれでOKです。




ニュースサイトというとお硬いイメージがあるかと思います。
また見出しや画像で読む記事を選ぶので、情報収集が偏ってくるものです。
上のサイトはこれらを改善する目的で制作しています。

画面の上から降ってくるドロップをクリックすることでニュースを読むことが出来て、開くまで何のニュースかはわかりません。
そしてドロップには大中小の三種類があります。小さいドロップからはよく読まれているニュース、逆に大きいドロップからはあまり読まれていないニュースが開きます。

まだまだ改善点がありまくりですが、ここで集まったデータが次のアップデートにつながります。ぜひよろしくお願いします!


あと最後に個人的なお知らせを少し。
私はairezias(あいれじあす)というバンドをやっています。なんとも妙なバンド名ですが、逆から読むと某ファミレスに...
あーふざけたバンドかと思いきや、なんとこの度発売の新譜が、全国タワーレコードにて流通開始しました!いわゆるインディーズデビューというやつです。
ジャケットは同じく首都大のグラフィック研、蔭山大輔くんの描き下ろしです。
機会がありましたらぜひとも!

- バンドホームページ
- タワレコ商品ページ


それでは!

「もうひとりの自分」をつくろう:ネットワーク演習実習最終課題

いよいよ今年度最後の課題です。

「ネットワーク演習II」受講者のみなさんは、これまでに「Google Earth」「Second Life」などのインターネットサービスを活用した作品を制作し、Webアクティビティを展開してきました。今年度最後の課題では、情報化された/想像上の「もうひとりの自分」を、Twitter Botとして制作します。

ウェブ上に書き出される個人の思考、想いは、書いた本人さえ思野に収めることができないほどの膨大な量になってきています。また、実世界ではほとんど顔を合わせないのに、ウェブ上では毎日「会っている」相手が幾人も居る、というシチュエーションは、すでに普遍的なものになっています。

人々は「ウェブ上の人物像」を通して「実世界の人物像」をイメージし、コミュニケーションを取っています。実/ウェブ世界双方の「自分」を切り分け、使い分けることの意味が徐々に失せつつあるのかも知れません。時間や場所に紐付けられている「実世界の自分」を磨くことだけではなく、いつでもどこでも人とこころを交わすことのできる「ウェブ世界の自分」をしっかりデザインすることが求められつつあります。

今回の課題では、「実世界の自分」と対置されているようで、実はどこかでつながっている、ことばとアイコン(キャラクター)によって生み出される「ウェブ世界の自分」について考え、オリジナルボットを制作してみましょう。

- 2013/12/23時点でのBot一覧

■使用するもの TwitbotEasybotter (自前サーバが必要)その他Twitterと連携するソフト、サービスなどを自由に用いてよい。 ■参考資料
講評会の取材記事(森山和道氏)@gyaoooさんによるネットの匿名、実名講座世代Bot(卒業制作作品)足湯のつぶやきBot(大学院生のインターン作品)よろろんちゃん(大学院生の作品)しゃべろーえ大分弁(卒業制作作品)TwitterBot集

週報20131124

こんにちは、学部4年の田島です。
TDWも終わり、4年は卒研が着々と進み、ゼミのたびにみんなの作品が形になってきています。

私の卒研も具体的な制作に入りました!



これは、以前、私が担当する週報でもお話した“自分のお気に入りの場所を撮った写真の一部を使ったアクセサリー”の試作品です。
試作ということで、首都大南大沢キャンパスの光塔をバッチにしてみました。
紫外線を当てると固まるUVレジンを使用しています。ちなみに中に入っている破片のようなものは、元の写真をきざんだものです。

UVレジンは初挑戦だったのですが、元々アクセサリーを作ったりするのが好きなので、夢中で作っていました。
もう少し精度を上げたものができましたら、みなさんのお気に入りの場所の写真を募集したいと思っていますので、そのときは是非ご協力お願いします!

また、卒展のほうもどんどん準備が進んでいます。


今週の会議で出たアイディアです!この“IA”がどんなふうに使われていくのか楽しみにしててください。

Facebookページもオープンしました!!→こちら!!
作品紹介の企画なども考えてますので、是非チェックしてみてください♪

今回はここまで!次回もよろしくお願いします。


週報20131115

こんばんは、学部4年の細田です。(少々更新が遅くなりました)
久しぶりに近況報告などさせていただければと思います。

10月26日(土)~11月4日に行われていたTOKYO DESIGNERS WEEKに私たちネットワーク研究室も展示をしていたのですが、無事そちらを終えることができました。→展示の様子はこちら

会期中、たくさんの方がブースへ訪問してくださって、作品についてのお話を聞いてくださり、説明しているこっちが楽しくなってしまうような時間を過ごすことができました。

展示していた女の子のイラスト。ラフを描いてごりごり書き上げました。
TDW中に同じ学部4年の野澤さんがテレビ取材されていたり!

野澤さん制作中のとでんちゃんについてはこちら
私たちは今回、現在取り組んでいる卒業制作や研究作品を展示していたので他大学のような「完成された作品」を展示することはできなかったのですが、展示をしたことで作品の「いいところ」とか「こうしたら」というお話を聞けたり、自分の研究テーマや目的などを振り返るいい機会になったと思います。

そのほかに、展示を行う上での準備やすすめかた、一人ひとりが役割をもって展示に参加する必要性があることなど、意識的な部分でも学ぶことが多くありました。
反省会を通して学んだことを早速、卒業展示会で生かしたいと思います。

////

11月に入り、卒業展示会の話し合いがされるようになりました。
今回、私たちは「IA -交差点- 」というテーマで卒業展示会を開催する予定です。
交差点の意味合いについては後日説明させていただくとして・・・

私たちネットワーク研は卒展で広報を担当することとなりました。
facebookやtwitter、ホームページなどでじゃんじゃん展示会に関する情報をお伝えしていこうと思いますので、よろしくお願いいたします!
2014年度卒業展示会 広報用twitter→こちら
////

ここで紹介するのもすこしおかしい・・・?かもしれませんが!曲を聴いてイラストを描くという企画に参加して描かせていただいたイラストになります。動画がニコニコ動画にアップされておりますので、お聴きしていただけますと幸いです!(曲がとてもかっこいいです)→動画はこちら


それでは今日の週報は終了! 読んでいただいた皆様、ありがとうございました。次回もよろしくお願いします…

講談社現代新書「データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方」発売

初の単著となる講談社現代新書「データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方」が本日発売となりました。

この本は、ツバル、ナガサキ・ヒロシマ、そして東日本大震災アーカイブなど、これまでの活動をまとめたものです。また、首都大でここ数年担当している教養科目「デザインマネジメント概論」のエピソードも登場します。冒頭から一部を引用します。

僕はずっと「データを紡いで社会につなぐ」ことについて考えてきました。本書は、そんな僕が書いた、データと社会の関わりを知るための入門書です。現代人は、常に何かのデータと関わりながら生活しています。自らの意思とは関係なく、日常生活はさまざまなデータで満ちあふれています。データをどのように捉え、どのように社会に活かしていくのか。本書が、そのヒントとなれば幸いです。

講談社「現代ビジネス」に著者インタビューが掲載されています
いしたにまさきさん、そして山路達也さんに素敵なご書評をいただきました。感謝いたします。11/24には横浜で出版記念イベントも開催されます。すでに一部の書店にも平積みで(!)並んでいるようです。

ぜひ、手に取っていただければ幸いです。(wtnv)

週報20131107

お久しぶりです。学部4年の野澤万里江です。
先週の週報にも書きましたが、今週の月曜日までTOKYO DESIGNERS WEEK(以下TDW)に展示をしていました!
このブログや、Twitterをみて来てくださった方もたくさんいらっしゃいました。本当にありがとうございました!


↑実際の展示風景です。白いキューブをたくさん置いて、「TOY BOX〜ネットワークのおもちゃ箱〜」というコンセプトで展示していました。


今回のTDWは当日準備が台風になるのではないか?という不安からはじまり、色々なことがありました。
準備も運営も決して楽ではありませんでした。しかし、展示を見てくれた方の温かいメッセージやアドバイスをいただいて、やってよかったなと思います。
特に今回私にとって印象的だったのは、研究室のメインコンテンツとしてアーカイブシリーズを紹介しても、みなさん好意的にみてくれたことです。
楽しむためにきているTDWで、重いテーマの作品を説明したら拒絶されるのでは?と心配してましたが、そんなことはありませんでした。
どの方も説明をすれば真剣に聞いてくださいましたし、なにより興味を持ってくださいました。アーカイブシリーズもですが、私の展示作品も、他の作品も、この興味をもってもらう知ってもらうというためにも、展示をしてよかったなと思っております。

TDWで私は何を展示していたかというと、制作途中の卒業制作「とでんさんぽ」を展示していました。
この様に、都電の写真と現在の地図を重ね合わせたものです。
こちらも多くの方に手にとっていただきました。気に入ってくださった方や、ご意見をくださった方、本当にありがとうございました。
TDWでは制作途中でしたが、ずっとつまづいていた問題が解決し、現在完成までつっぱしり中です!
以前制作した「ハロー、とでんちゃん!」も引き続き更新したいと思います。




ちなみにこちらは、同じ首都大学東京のスペースデザインスタジオの展示です。 夜は内側からライトで照らされて綺麗な作品でした!

私事ではありますが、11月になって色々と忙しい時期が終わりました。
ついに残るミッションは卒業制作と卒業展示会です。頑張ります!

第40回「日本賞」および2013年度グッドデザイン賞の結果発表

第40回「日本賞」および2013年度グッドデザイン賞の結果が発表されました。
ヒロシマ・アーカイブ」:優秀作品(イノベイティブ・メディアカテゴリー)「東日本大震災アーカイブ」グッドデザイン・ベスト100および復興デザイン賞 以上の結果となりました。ご支援いただいた皆さまに感謝いたします。私たちは今後も活動を継続していきます。

「東日本大震災アーカイブ」グッドデザイン・ベスト100プレゼンテーション

2013年度グッドデザイン賞受賞展の「グッドデザイン・ベスト100プレゼンテーション」において「東日本大震災アーカイブ」のプレゼンテーションを行いました。震災資料のアーカイブと、震災ビッグデータの可視化コンテンツについての5分間のプレゼンテーションです。ぜひご覧ください。(wtnv)

週報20131103

こんにちは、五十嵐祐真です。

ただいま東京デザイナーズウイーク(略してTDW)の最中です!
私たちのブースは、
・研究室に在籍する学生が各々作った作品
・仮ゼミ生(3年生)の作品
・プロジェクトで制作したもの
を展示しています。


展示の様子
様々な方がいらっしゃってくれました。
大学生の方やイラストレーター、社会人、クリエイターなど年も性別もバラバラでした。
中にはスガシカオさんやステレオポニーさんのCDジャケットをデザインされている方のお母様も見に来てくれました!




私の制作したiPoneアプリ『内面モンスター』(appストアでリリース中!よろしくお願いします。)も展示してもらいました。

アプリはダウンロードする人というのが限られてしまいますので、
こういう場で実際に使って頂き、狙ってない層の意見を聞けたことは大きな一歩だったと思います。



また、今年のTDWのコンセプトはお祭りです!フェスです!
なので様々な催しがありました。


ハロウィンパーティーが行われ、当日ピエロが展示を見に来ました!
↑しゃべらない設定のピエロと説明する栗しょうの図


まだまだ本日と明日の11/3、4は開催していますので
興味ある方は是非是非お越しになって下さい。



さらに、昨日はネットワークデザインスタジオの現役+OB・OG会がありました。
社会に出ている先輩から貴重な話や体験談を聞かせてもらいました。


デザイナー、イラストレーター、エンジニアなど皆さん職種は違いましたが
社会の役に立つため働いているというのは同じでした。

私はアプリを作っていますが、実際に社会に出たときにそれが何に役立てるのかがあまりイメージ出来ていませんでした。

しかしこれまでの経緯と今している仕事の関連を聞き、道しるべになった気がします。


このような会を設けて頂きありがとうございました!