20131115

, ,

講談社現代新書「データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方」発売


初の単著となる講談社現代新書「データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方」が本日発売となりました。

この本は、ツバル、ナガサキ・ヒロシマ、そして東日本大震災アーカイブなど、これまでの活動をまとめたものです。また、首都大でここ数年担当している教養科目「デザインマネジメント概論」のエピソードも登場します。冒頭から一部を引用します。

僕はずっと「データを紡いで社会につなぐ」ことについて考えてきました。本書は、そんな僕が書いた、データと社会の関わりを知るための入門書です。現代人は、常に何かのデータと関わりながら生活しています。自らの意思とは関係なく、日常生活はさまざまなデータで満ちあふれています。データをどのように捉え、どのように社会に活かしていくのか。本書が、そのヒントとなれば幸いです。


いしたにまさきさん、そして山路達也さんに素敵なご書評をいただきました。感謝いたします。11/24には横浜で出版記念イベントも開催されます。すでに一部の書店にも平積みで(!)並んでいるようです。

ぜひ、手に取っていただければ幸いです。(wtnv)