Skip to main content

Posts

Showing posts from July, 2014

週報20140724

こんにちは。
B4木村汐里です。

今週は8月のはじめの中間発表に向けて、B4からD2までが集まってポスターやパワーポイントの添削を中心にゼミがすすみました。

B4の私たちはA2のポスターにいまの卒業研究の状況についてをまとめて発表します。言葉をなるべく分解してキーワードにしたり、表やグラフで表現したり。わかりやすく簡潔に伝えられるように試行錯誤中です。

今の私の状況はというと、
テーマを”WEBコンテンツによる地域における世代間交流の促進”に決め、ポスター作りと並行してアンケートを始めました。

”渋谷”という街がどのようなイメージをもたれているのか...
住んでいる人に限らずに多くの人からまずは集めていきたいと思っています。
(どんどんと増えていく回答に改めて人と人のつながりを感じていたり...)

2〜3分で答えられるアンケートになっていますので
是非お時間のあるときに答えていただけるとうれしいです。

『”渋谷”に関するアンケート』 http://urx.nu/akOf



---------------------------------------------------



話は変わりますが、来週の木曜日から
新潟県の集落活性化事業で新潟県魚沼市横根地区にいってきます。
横根地区は57世帯、124人が暮らす小さな集落。
東京で生まれ、東京でずっと育ってきた私にとってはすごくすてきな経験になりそうでとてもわくわくしています。

町の人と喋ったり、街のハーブ園に行ったり....
二回・三回と続く出張を通じて良いワークショップやコンテンツ制作ができればなとおもいます。

最後に横根の写真を一枚。

暑い日が続きますが、熱中症には気をつけていきましょう(^^)

以上、木村でした!










週報。また日本酒の話。

こんにちは!4年生の譽田です。
週報の担当がまわってきたのでまた卒制の日本酒の話しまーす。


この時期は全員卒業制作テーマを決定しなくてはなりませんので、ああでもないこうでもないと色々言葉を考えた結果、『日本酒の味わいのビジュアライゼーション』に決定しました!

じゃあ具体的に何つくるのと。今日はその話をしていきますね。



私のターゲットは、日本酒が大好きな方ではありません。むしろそうではない方々が日本酒を好きになるきっかけをつくりたいなーと考えています。


たとえば日本酒を買おうと思って、なんの知識も無い人が酒屋さんに行き、たくさんの日本酒からどうやって1本選ぶのでしょう?


『甘口がいいけど、甘口って書いてあるやつたくさんある!どれ買えばいいのかわからない!』とか、『甘口書いてあったから買ったのに、前に飲んだ別の銘柄で辛口って書いてあったものより辛かった…』なーんてことが起きちゃいますよね。

私がやりたいことは、簡単な図にすると次のような感じです。

こういうのがあると
『初心者だからさっぱり甘そうなBを買ってみよう!』
『あ、前にAを飲んでちょうどいい甘さだったけど、香りがしつこかったから、同じ甘さでさっぱりしたBを買ってみようかな?』
『Aは甘すぎたから、Cくらいがちょうどいいのかな?』
となるわけです。


こういった手法はワインで先例があり、味わいの分布図を売り場においただけで売り上げが5倍にのびたそうですよ。

上の分布図は『香りの強さ』と『甘さ辛さ』だけですが、もっと他の要素も入れられたらなあと思っています。


なんとなく、私の研究テーマの概要お分かりいただけましたでしょうか?



オススメの日本酒や居酒屋などございましたら、コメントで教えていただけると嬉しいです!

ではまた次回週報で進捗ご報告しますね!




週報20140710

こんにちは、4年の佐野大河です!


先日の台風一過で一気に夏らしくなってきました。 暑さで無駄に気持ちが高まる一方、水分補給等を心かげないと本当にぶっ倒れてしまいそうです。

それと同時に前期の終わりもだんだんと近づいてきて、中間発表もすぐそこに来ています。 自分の卒業制作に対する焦りはありますが、他の人たちがどんなことをやっているのか知れるという意味で少し楽しみでもあります。けどやっぱり焦ります。




そんな自分の卒業制作について話します。
現在自分は「移動ログからその日通った場所の写真を返してくれるコンテンツ」を制作していて、 ひとまず簡易なものが出来たので紹介します。




iPhoneの位置情報機能を利用して一定時間ことに自動的に自分の現在地を取得します。そしてそれぞれの位置情報にあてはまるGoogleのストリートビュー画像を貰って並べています。
上の写真はとある日自分が自転車で走った道の一部を切り抜いたものです。 他の人が見てもただのどこにでもある道だと思います。けど自分が通った道をこうして一覧にして眺めるだけでも結構楽しくて、 いつも使っている場所でも新鮮な気持ちで見れます。
また、何気なく視界に入った景色をあらためて見る事で、その時のことを鮮明に思い出せる気もします(このときはただ移動してただけですが)。

観光など行った先で、その日の何気ない時間を思い出すきっかけにならないか、とか ただ純粋に移動する事の楽しみ、つまりは散歩やサイクリングといったもの促進させるコンテンツにならないか、とか
いろいろと考えを巡らせています。

まだまだ悩み中ですが、 自分の制作したものをしっかりと他人に説明できるように あれこれ考察しながら手を動かしていこうと思います。




以上、佐野大河でした!

「人間センサー」で災害状況をすばやくつかむ:「台風リアルタイム・ウォッチャー」公開

7月、台風が多発するシーズンに入りました。先週も台風第8号が発生し、沖縄や長野をはじめ、大きな被害が発生しました。私たちの研究チームは、気象庁が発表する台風情報と、多数の人々が発信する災害情報をマッシュアップしたウェブサービス「台風リアルタイム・ウォッチャー:台風情報と「減災リポート」のリアルタイム・マッシュアップ」を公開しました。 人間は、とてもすぐれた"センサー"でもあります。周囲の状況をすみやかに捕捉し、発信する能力を持っています。今回の試みは、こうしたボトムアップの、いわば「人間センサー」で、トップダウンの観測情報を補完しようとするものです。

台風リアルタイム・ウォッチャー」では、国立情報学研究所(NII)の北本朝展さんによる「デジタル台風:台風画像と台風情報」そして株式会社ウェザーニューズのサービス会員「ウェザーリポーター」が提供する「減災リポート」のデータがマッシュアップされています。 以下の北本さんのツイートにあるように、「減災リポート」のデータは、これまでオープンデータ化されていませんでしたが、今回、特別にAPI経由で提供していただくことができました。
台風リアルタイム・ウォッチャー http://t.co/5qiYVSEbKD (@hwtnv さん作)が動き始めたようだ。ウェザーニューズの減災リポートは、従来ネット上に出ていなかったはずで、これが外に出てきた点が一つのポイントだと思う。ちなみに、この台風アイコン、いいね。
-- 北本 朝展 (@KitamotoAsanobu) 2014, 7月 10 「デジタル台風」と「減災リポート」のデータは1時間ごとに収集・更新されます。さらに気象庁発表の台風情報が30分毎に反映されます。「減災リポート」のデータは、投稿時にユーザが付与するカテゴリで色分けされています。また、ウェブサイト上には過去72時間のデータがアーカイブされており、タイムスライダーで遡れるようになっています。さらに過去のデータもすべてサーバに蓄積されます。

「減災リポート」のデータは、前々回の記事で解説した「東日本大震災マスメディア・カバレッジ・マップ」と同様、地面から鉛直方向に時間軸を設定し、時空間的なビジュアライゼーションを施しています。これによって、各地における災害の推移がわかります。 その一例として…

週報20140703

こんにちは。

B4の木村汐里です。
気温もあったかくなってきて、夏ももうすぐそこ。
もうすぐ四年生の前期も終わってしまうと思うと焦りを感じている今日この頃です。

今週。七月一発目のゼミは
朝日新聞社さんと共同で進める
”東京オリンピック”プロジェクトの
アイディアダンプ会が開催されました。

2020年に向けて
東京オリンピック1964の資料をつかったり、インタビューをしたり...
6年後の未来にむかってどうつなげて行くのか。


ゼミ生全員がひとりひとり、思い思いの企画をプレゼンをしました。

長い期間続いて行くこのプロジェクト。未来にむかって、思いがつながる素敵なアーカイブになるといいな〜と思います。






私の卒業研究はというと。
色々調べながら、あーでもないこーでもないと悩んだりしてやっと自分なりに目指す形がみえてきました。


”世代間の交流”とくに”高齢者との交流”をテーマに、今回は私の地元でもある”渋谷”という街に焦点を当てて進めようと考えています。


”同じ街なのに...”
時代を超えて、変わらないようで、変わったみえ方だったり、変わったようで変わらないもの。そんなところに注目して、いろんな世代からアンケートを取り、コンテンツにしていきたいとおもっています。


それによって改めて街への愛着に繋がったり、世代間の相互理解が生まれたり。結果的にそこにコミュニケーションが生まれるようなそんなものを作りたいなと考えています。


悩んで回り道しながらも、自分のあしを使ってコツコツと。
納得のいく卒業研究にしていきたいと思います。








最後に!写真は
アイディアダンプ会の様子です!