Skip to main content

A Digital Multimedia Display of The Disaster Archive Using Open Source Platform for Sustainable Disaster Risk Reduction and Global Information (持続可能な災害リスク軽減とグローバル伝達のための オープンソースプラットフォームを用いた災害アーカイブのデジタルマルチメディア表現)



The Indian Ocean tsunami 2004 was estimated to cause more than 250,000 deaths and countless casualties. Although Aceh, which is in the most western part of Indonesia, has experienced numerous destructive tsunamis in recent history, when the 2004 tsunami struck, it led to devastating damage and human casualties. It seems, then, that 2004 tsunami happened regardless of any lesson learnt from past similar events. Information is the most important issue in Disaster Risk Reduction (DRR). The purpose of this study; to collecting data to pre and post tsunami 2004; to displaying attractively multimedia data for young generation; to build local community for continuing DRR activities and sharing global information.


Figure 1. Earth interface by Cesium open data source, github platform


The study areas of this study are sixth districts disaster affected area along the western coastal of Aceh. The method of this study: The first method is anthropological approach to collecting data by primary data collection from questionnaires and in-depth interviews and secondary data from previous research: The second method is technological approach to display multimedia data including making film and into develop digital archive to visualizing digital earth contents and linked comparison study between Japan and Indonesia: The third method is social approach to build community base DRR for sustainability disaster prevention education. We survey the precedent cases of related disaster digital archive construction and related studies to evaluate them. We prove the effectiveness of the use of open source software and the necessity of multimedia display.

The discussion of this dissertation describe as follows:

Chapter 1, discusses the general content of the research.
Chapter 2, discusses the previous study and relative study of the research.
Chapter 3, discusses the general method, evaluation and the result of the research.

Chapter 4, we develop a pluralistic digital archive by data collection of scientific - geological records, historical manuscripts related to earthquake - tsunami and interviews related local knowledge from past disasters. Developing method is mash-uping whole digitalized data into a digital earth interface for to display all materials at glance and to facilitate the cross referencing with landscape. And also, we conducted a comparative experiment to measure user’s learning level by using original materials and the digital archive. Based on the results of the experiment, we concluded that our method displayed better of knowledge to fill in the gap information from the past disaster for a young generation.



 
Figure 2. Aceh Paleotsunami Archive by overlaying scientific map into earth interface



 Chapter 5, we use film as multimedia for DRR education, which is needed to fill in the gap information from past disasters. Film is an effective medium to transfer knowledge of past disaster. The film is produced with a method to record in the two different locations and merge them into one film. First location is the scenes took in the laboratory to explain of a researcher’s theory to know the age of tsunami deposit using carbon dating. And second location is, the scenes took in the tsunami affected areas to know local knowledge. We uploaded it to YouTube for viewing by a wide range people all over the world and local people. And also, the film was selected as permanent exhibition display in a public tsunami education museum. We evaluate this situation as a good starting point to transfer knowledge.



Figure 3. The Aceh Paloetsunami film is linked to YouTube and SNS trough the open-source platform


Chapter 6, we use virtual disaster heritage because any major catastrophe will leave many relics, it seems to be important to sustainable disaster education for global community. Data collections of tsunami survivor’s testimonies are important to preserve the heritage of disaster and it serve as a Dark Tourism attraction. To accomplish this purpose, we visualized the data by using method described in Chapter 3. The archive shows the place of historical context of testimonies. To shows the other benefit of disaster heritage, we conducted survey in the disaster site, the heritage of disaster does not only include sorrow, but disaster education and improved the economics of communities surrounding historical sites. Its serve as a lesson for other disaster areas such as Japan, where many disaster relics has removed.

Chapter 7, we visualize data of Aceh rehabilitation and reconstruction from German Red Cross Housing Project in Aceh. Data collection of tsunami victims and housing’s photos are important to compare the landscape area of the housing location and its effects on damages and significant changes of housing condition. To accomplish this purpose, we visualized the data by using method described in Chapter 3. We analyse the data using this visualization and revealed the fact that building structures increased community disaster preparedness and enhancing economic growth. Base on the visualization data on the housing reconstruction process proved to be an effective way to document the lessons learned and disaster risk reduction for future use.

Chapter 8, we establish an online / offline community for to understand the threats within their territories, make efforts to share experiences, and mitigation strategies by-from-for the community for sharing global information of DRR. To achieve this purpose, we hold an annual workshop series and create social networks to engage, sharing, and spreading the knowledge. At the moment, the community has cited publications in online and printed media of local to international scale. And according to analysis of users’ behaviour, it is proved that the community has had a positive impact and attracted positive attention from audiences, more than 1,700 people reach the link and the information was spread up. From these results, we evaluate that the community is continuously growing up.



Figure 4. Code4Aceh promotes global information shown from the Analysis user’s behavior


Chapter 9, we compare tsunami disaster studies of Japan and Indonesia, to get a mutual understanding of the disaster experiences and practices between the two countries. The method is comparison of the pattern of evacuation during disaster, between Great East Japan Earthquake (GEJE) experiences and Aceh Earthquake on April 11, 2012. We use the same method described in Chapter 3. As lesson to learn of GEJE 2011 resulting people used escape building that has been designated for evacuation, but the tsunami is greater than predicted and many people died because of it. After the Indian Ocean tsunami 2004, on Aceh Earthquake 2012, the people of Aceh had a stronger intuition to save themselves to a higher place in the event of a major earthquake than evacuate to the escape building. Both experiences had compare and invaluable as global knowledge for DRR.

Chapter 10, we hold a workshop with local students participants to evaluate the archive, to test its attractiveness and its ability to inform young people about the past historical disaster. We set two steps in the workshop program, first step is using ordinary medias and second step is studying by our application. The result of questionnaire, it is proved that the archive had function of alternative media to get knowledge, lesson learn and sharing information as contribution for sustainability DRR and global information by a handy tools.

As overall conclusion, based on the result of each chapter are as follows:  We have contributed to anthropological data collection related to past disasters. We proved that our digital archive method is attractively digital earth interface to display multimedia data including film and comparison study between Japan and Indonesia.  And we established a DRR-based community as a better function to transfer information about disasters more accessible to the younger generation, especially by connecting them to the SNS. The pluralistic disaster digital archive will remind people around the world that local knowledge from the past disaster offers invaluable lesson for DRR and global information.



Figure 5. The Website is a Handy tool by Mobile Phone Application

And my perceptions for the future student who really want to study PhD (or others) in Japan. First, if you apply for PhD, make it sure that you already apply scholarship program before come, it is for your financial secure (whatever the story is). Then you have to prepare yourself for the most uncomfortable situation will you face. Read more about the culture’s background of Japan. How’s their life, their food, their passion etc. But it isn’t enough, you might have to consultation to the people who had experience about it. And when you are study in Japan and got bad situation with your friends, your colleagues, administration things, just talk and discuss to your supervisor. Even if the biggest of your problem is your supervisor itself, sometimes they didn’t notice and understand what the problem is. Discuss it with the properly ways, honestly and do your best. Reassure your supervisor that your study is a collaboration work. Prove it that you have value to help your supervisor and need his guiding too, to finishing your task and study. It is the hardest part of being PhD Student. But it is the only one and best way, while staying patient, keep calm and doing the best progress. Gather with your best friends and visiting religious events sometimes healing your soul.  




Popular posts from this blog

東京大学大学院への移籍のお知らせ

2018年4月1日より,指導教員の渡邉英徳は東京大学大学院情報学環の教授に着任いたしました。首都大学東京の客員教授も兼務します。これに伴い,渡邉英徳研究室も東京大学大学院に移籍いたします。首都大学東京での研究は,今後も継承する予定です。これまでご支援いただいたみなさま,本当にありがとうございました。

教員プロフィール首都大学東京学生の業績一覧学生の週報ログ

「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」のコンテンツをアップデート

2009年に最初のバージョンを公開し,第13回文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品に選ばれた「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」のコンテンツを更新しました.共同研究パートナーであるNPOツバル・オーバービューの遠藤秀一さんが撮影した,2012年のバイツプ環礁の写真があらたに掲載されています.
ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクトツバルに生きる一万人の人類 以下にスクリーンショットをご紹介.このプロジェクトも三年目に入りました.





現在,遠藤秀一さんと共同で,ポートレートの追加作業をすすめています.こちらも近日中に公開予定です.(wtnv)

「記憶の解凍」 ARアプリ公開

東京大学大学院情報学環 渡邉英徳研究室は、AI技術を活用してカラー化した“戦前の広島”の白黒写真を、地図・AR(拡張現実)ビューに表示する「記憶の解凍」ARアプリを公開しました。

私たちのチームはこれまでに、数百枚の白黒写真をAI技術でカラー化し、さらに、被爆者との対話を重ねて色を補正することによって、過去の記憶を辿る旅を続けてきました。最新技術と、被爆者・若者たちのコミュニケーションが組み合わさることで、これまで凍りついていた記憶が「解凍」され、よみがえります。

カラー化された過去の写真は、私たちの心のなかに、これまでにない感情を喚起します。その写真が、アプリを通して、現在の広島の風景に重ね合わされるとき、私たちの眼の前には、切り撮られた過去の日々につながる、時の窓が開きます。


本アプリは、渡邉英徳教授とともに活動を進めてきた、広島市在住の庭田杏珠さんとのコラボレーションによって制作されたものです。

アプリダウンロード(無料):
App Store / Google Playにて、キーワード「記憶の解凍」で検索ウェブサイトからダウンロード制作チーム:
原案・カラー化・アプリ作成:渡邉英徳×庭田杏珠考証協力:濱井德三、ヒロシマ・フィールドワーク実行委員会写真提供:濱井德三、今中圭介、緒方昭三、片山曻、諏訪了我(浄寶寺)、高橋久、多田良子、本田美和子、広島県立文書館、広島市公文書館、アメリカ公文書館(撮影:尾木正己)タイトルロゴデザイン:秦那実カラー化技術提供:早稲田大学 石川博研究室平和記念公園(爆心地)街並み復元図提供:中国新聞社

バレーボールの練習改善のためのプレー記録の視覚化

こんにちは、学部4年の佐野千秋です。
私は卒業研究で「バレーボールの練習改善のためのプレー記録の視覚化」を行いました。



自身が高校生の頃、プレーのデータをとって選手で共有していたものの、見にくさや情報の少なさからあまりデータを重要だと思う場面がありませんでした。
せっかくデータを利用してるのならばより良いデータ利用方法があるのではないかと思いこの研究をはじめました。
実際に母校である神奈川県立厚木高校のバレーボール部に制作物を使ってもらったり、アンケートをとったりしながら、選手が感じている問題を元にデータ利用の改善を行いました。

主に行った改善は以下3点です。

1つ目はデータ収集内容の改善です。
今までは4つのプレー要素(※1)についてレシーブの精度(※2)のみを記入していましたが、スパイク、サーブはコースの記入欄を新たに加えました。
選手が求める情報を元に収集内容を改善を行い、情報量の充実を図りました。
この改善によって、どのようなコースが効果的なのかが分かるようになります。


※1 バレーボールは大きく分けてスパイク、サーブ、サーブレシーブ、スパイクレシーブの4つのプレー要素があります。
※2 バレーボールではレシーブの精度(=セッターの取りやすいボールかどうか)をA-Eの5段階に分けて表現することがよくあります。

2つ目はデータ入力方法の改善です。私の母校はデータを紙媒体に記録した後、Excelに入力し、印刷したものを選手内で共有していましたが、ある程度時間がかかるため練習試合があるたびに入力するのではなく何日か分をまとめて入力している場面が見受けられました。少しでも入力の煩わしさを軽減するため今までベタ打ちだったものを、Excelのマクロを使うことでクリック入力や、選択式で入力を行えるようにしました。



3つ目は視覚化方法の改善です。
改善の流れとしては、実際に母校の試合のデータを視覚化し、試合後のミーティングで使ってもらいアンケートをとります。その結果を視覚化方法の改善に活かすことで、より選手が見やすい、求めるものに近づけていきました。
視覚化改善は計3回行いました。左が1番最初となっています。
効果的な攻撃が出来ている割合を色、打数を円の大きさで表現するなど選手が直感的に度のコースが効果的なのかが分かるような視覚化方法を用いました。
またアンケートから選手に…

「押韻」の歴史的変遷と現代における「ライミング」活用の架橋

こんにちは、修士2年の岸岡信伍です。
今回は、修士研究の紹介をさせていただきます。

みなさんは「ライミング」という言葉はご存知でしょうか?
あまり身近な言葉ではないかもしれません。
では、「押韻」という言葉はどうでしょう?
「押韻」は「ライミング」を日本語にしたものとされていますがこちらもピンと来ないかもしれません。
一応みなさんは「押韻」を学校教育で漢詩の勉強をするときに一度習っているはずです。
偶数句末で同じ音の漢字が置かれるだとかそういうものです。
「押韻」は“詩歌などで,同一または類似の音韻をもった語を一定の箇所に用いること.韻を踏むこと”とされており漢詩だと「深(しん)」「心(しん)」「金(きん)」「簪(しん)」のような(in)の音で共通するものが韻だということになります。
日本語の場合は
 ・おとな(ooa)
 ・ことば(ooa)
と、(ooa)の母音が共通しているこれらの言葉が韻であり、韻を繰り返し用いることが韻を踏む「押韻」ということになります。
学校で扱う「押韻」が漢詩のみであることからも、韻を踏むという表現は日本の文学ではあまり活用されず顕著な発展をみせていません。
一方、欧米言語で「ライミング」はシェイクスピアの時代にはすでに確立されており、現在の活用の幅は文学だけでなく歌謡曲、童謡、さらに教育とかなり広いものになっています。
ところが、1980年代にヒップホップミュージックが輸入した後、ラップで韻を踏むことを「ライミング」とし、日本語での韻表現は発展していきます。そして現在の日本語ラップでは韻を踏むことは当たり前になっています。
私の研究の目的は、日本で定着しなかった「押韻」と、日本語ラップで当たり前に活用されるようになった「ライミング」を結びつけて論じることです。

このブログでは論文の構成についてざっくり説明させていただきます。

 第2章では、九鬼周造氏の「日本詩の押韻」を主な関連資料としてヒップホップミュージック輸入以前の文学における日本の「押韻」の変遷を辿り、「押韻」を再解釈しました。日本で「押韻」は定着しませんでしたが、文学で活用するための試みは何度かされていきました。「日本詩の押韻」では、日本の「押韻」の歴史的事例と欧米言語の韻表現の事例から、日本語詩における「押韻」発達の可能性と採用のための考慮について論じられています。

 第…

「人間センサー」で災害状況をすばやくつかむ:「台風リアルタイム・ウォッチャー」公開

7月、台風が多発するシーズンに入りました。先週も台風第8号が発生し、沖縄や長野をはじめ、大きな被害が発生しました。私たちの研究チームは、気象庁が発表する台風情報と、多数の人々が発信する災害情報をマッシュアップしたウェブサービス「台風リアルタイム・ウォッチャー:台風情報と「減災リポート」のリアルタイム・マッシュアップ」を公開しました。 人間は、とてもすぐれた"センサー"でもあります。周囲の状況をすみやかに捕捉し、発信する能力を持っています。今回の試みは、こうしたボトムアップの、いわば「人間センサー」で、トップダウンの観測情報を補完しようとするものです。

台風リアルタイム・ウォッチャー」では、国立情報学研究所(NII)の北本朝展さんによる「デジタル台風:台風画像と台風情報」そして株式会社ウェザーニューズのサービス会員「ウェザーリポーター」が提供する「減災リポート」のデータがマッシュアップされています。 以下の北本さんのツイートにあるように、「減災リポート」のデータは、これまでオープンデータ化されていませんでしたが、今回、特別にAPI経由で提供していただくことができました。
台風リアルタイム・ウォッチャー http://t.co/5qiYVSEbKD (@hwtnv さん作)が動き始めたようだ。ウェザーニューズの減災リポートは、従来ネット上に出ていなかったはずで、これが外に出てきた点が一つのポイントだと思う。ちなみに、この台風アイコン、いいね。
-- 北本 朝展 (@KitamotoAsanobu) 2014, 7月 10 「デジタル台風」と「減災リポート」のデータは1時間ごとに収集・更新されます。さらに気象庁発表の台風情報が30分毎に反映されます。「減災リポート」のデータは、投稿時にユーザが付与するカテゴリで色分けされています。また、ウェブサイト上には過去72時間のデータがアーカイブされており、タイムスライダーで遡れるようになっています。さらに過去のデータもすべてサーバに蓄積されます。

「減災リポート」のデータは、前々回の記事で解説した「東日本大震災マスメディア・カバレッジ・マップ」と同様、地面から鉛直方向に時間軸を設定し、時空間的なビジュアライゼーションを施しています。これによって、各地における災害の推移がわかります。 その一例として…

「COVID-19に関するアーカイブ活動の呼びかけ」新型コロナウイルス感染症に関するデジタルアーカイブ研究会

デジタルアーカイブ学会ウェブサイトより転載 「COVID-19に関するアーカイブ活動の呼びかけ」 2020年5月10日
新型コロナウイルス感染症に関するデジタルアーカイブ研究会
現在、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の感染拡大を受けて、社会の各層でさまざまな取り組みが行われています。

あらゆる点において、最も尊重されるのは人命であり、人命を守る医療の維持であることは言うまでもありません。

しかし、COVID-19に向き合うためには、感染症の実相や社会のありさまを正確に記録することも欠かせません。事実、今回のCOVID-19禍において、私たちはこれまでの疫病の歴史、たとえば約100年前のパンデミック「スペインかぜ」の記録などからまなべる点は多々あるはずです。
1918年「スペインかぜ」パンデミックの際に撮影された,アメリカ・カンザス州フォート・ライリーのキャンプ・ファンストン緊急病院のようす。ニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。 pic.twitter.com/7UmHdrs6VR — 渡邉英徳 (@hwtnv) April 22, 2020 しかし今回、過去の疫病の教訓が十分に生かされているとは言えません。今後の社会においてCOVID-19と相対していくためには、歴史に残るであろう現在の社会の状況を、仔細に記録していくことが肝要です。

そこで私たちは、図書館・博物館・自治体・大学・産業など、社会状況の記録に関心を持つみなさんに向けて、いま社会が直面しているCOVID-19に関する「アーカイブ活動の推進」を提案します。たとえば、次のような取り組みが考えられるでしょう。
市民による情報の収集活動を、十分に安全を確保することに留意したうえで、可能な範囲で支援することメディア報道や各種情報発信の内容をアーカイブすること自らの組織(たとえば自治体であれば対策本部等)や地域の記録をアーカイブすること ※アーカイブの手段については、デジタル・アナログを問いません

以上はあくまで例に過ぎません。私たちは、COVID-19に関するアーカイブ活動が本来地域の情報集積のハブである図書館・博物館等を中心として実施されることを切望しています。また、本研究会としても活動への協力を惜しみません。アーカイブ活動に関するご相談をお気軽にお寄せください。

なお本研究会は、デジ…

研究室のリデザインについてご報告

2018年4月に東京大学に移籍後,変更していなかった研究室の内装・レイアウトを刷新しました。デザインはM2の中原くんによるものです。修士論文の執筆で忙しい中,CADを使った立体的なデザインの検討・業者とのやり取りまで,中心になってこなしてくれました。
2年間放置されていた(!)トロフィーも,入口付近に「ほぼ日のアースボール」とともにディスプレイされています。また,これまた無法地帯だった書棚も,研究室メンバーによって整頓され,わかりやすく配置しなおされました。

雑然としていたLiquid Galaxyルームも,再レイアウトされ,使いやすくなりました。現在,Liquid Galaxyは修理手配中ですが,復旧後,特任助教の高田先生らが共同研究を進める場所として,活用されていくことと思います。

作業に取り組んでくれた院生さんたち,什器類の手配・納品・工事をご担当いただいた幸和商事のみなさま,本当にありがとうございました。

女性アイドルの現実と虚構の様相の変化 -メディアの変遷に基づく研究-

こんにちは,B4の増田です!

■卒業研究について
私は,「女性アイドルの現実と虚構の様相の変化 -メディアの変遷に基づく研究」
という研究をしました.


アイドルが好きなので
テーマをアイドルにすることは入学当初から定まっていたのですが,
「大好きなアイドルのために何ができるか」から出発して
現在のテーマに至るまで,B3の後期から約10ヶ月ほどの年月を要しました.

「アイドルのためにコンテンツを作りたい!」

「アイドルとはそもそも何なのか?」

「アイドルにおける現実と虚構の進化が気になる!」

「アイドル単体では全く分からないから,メディアの変遷と照らしあわせよう!」

…という経緯を経て,研究を進めました.


この研究により,アイドルを以下の6つに大別できると考察しました.


①アイドルという概念の再構成と大衆化 ②バラエティー番組への出演に伴う アイドルのキャラクター化 ③歌番組の退化に伴う ライブアイドルの誕生 ④インターネットの普及に伴う ネットアイドルの誕生 ⑤SNSの活性に伴う アイドルによる自己表現の多様化 ⑥AR,VR,AI技術の進化に伴う バーチャルアイドルの定着

です.

この6つに加え,先行研究や今後の展望を述べました.

https://drive.google.com/file/d/1dcFOwxB7qyoVum3DTpWd2C3pKo5uOcd7/view?usp=sharing

こちらから閲覧できますので,ぜひご覧ください.

(個人的には,ネットワーク研の一員として ネットワークについても
 研究できたことが嬉しいです…)


■後輩に向けて
B3の時に「私は切羽詰まった状態で提出日を迎えない!」と誓い
周りより早く卒業研究を始めても,
どんどん深堀りしたくなり 止まらなくなります.

私のようにギリギリにならないよう,取捨選択して生きてください.



そして,論文の場合はとにかく早めに文字に起こしてみてください.

テーマが定まらない場合は,とにかく文献を読み漁ったり
思いつきで何かを経験しに足を動かしたりすることが 後に功を成します.

共に頑張りましょう…

SIGGRAPH ASIA 2019のArt Papers採択論文がパブリッシュされました

SIGGRAPH ASIA 2019 Art Gallery/Art PapersのFull Art Papersとして採択された論文が,ACM Digital Libraryにてパブリッシュされました。一年間,無料でダウンロードできます。
Anju Niwata and Hidenori Watanave: "Rebooting Memories": Creating "Flow" and Inheriting Memories from Colorized Photographs; Proc. of SIGGRAPH ASIA 2019 Art Gallery/Art Papers (Full art papers), Article No. 4, 12 pages, 2019. 採択されたのは「記憶の解凍」のコンセプト・活動について報告する論文で,広島の庭田杏珠さんとの共著です。高校生が筆頭著者の論文がSIGGRAPH ASIAに採択された例は,これまでにあまりないはずで,快挙といえそうです。2名のレビュアーの得点は両者とも5.0(満点)。採択率は8編/25編で,約3割でした。


11/19にオーストラリア・ブリスベンで行なわれた「SIGGRAPH ASIA 2019」での口頭発表も好評で,各国から集まった研究者とともに,活発な議論を交わしました。その他の採択論文はこちらからご覧になれます