Skip to main content

デジタルアーカイブズ、オープンデータ、そして記憶のコミュニティ(「αシノドス」掲載稿)

以下は「αシノドス」2013.03.15配信号に掲載された原稿を転載したものです。

■はじめに

筆者らは、時代の経過とともに散逸していく歴史資料をネットワークを通じて収集し、デジタル・アースの仮想空間に集積して公開する「多元的デジタルアーカイブズ」を構築してきた。これまでに、南太平洋の島国ツバル、長崎・広島原爆、東日本大震災、そして沖縄戦をテーマとしたアーカイブズ・シリーズを公開している。

これらのアーカイブズ・シリーズの目的は、公開されていなかった資料をオープンデータ化し、データ同士の時空間的な関連性を提示することによって、事象についての多面的な理解を促すことである。さらにアーカイブズ構築活動のバックボーンとして、オンライン・オフラインで人々を繋ぐ「記憶のコミュニティ」を形成することを企図している。

また、2012年秋に開催された「東日本大震災ビッグデータワークショップ」においては、アーカイブズ・シリーズで用いた手法を応用し、震災後に収集された大規模データをもとにした、災害状況の可視化に取り組んだ。これは、同時代の災害記録を未来に残していくための、あらたなアーカイブズ構築の試みでもある。

本稿では、筆者らのこれまでの活動について総括する。


■アーカイブズ・シリーズのスタート地点「ツバル」

アーカイブズ・シリーズ第一作「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」は2008年、ツバルの支援活動を展開する写真家、遠藤秀一氏と筆者の出会いからスタートした。


当時、マスメディアでは「ツバル=地球温暖化による水没に瀕した国家」といった報道が数多くなされており、筆者もツバルに対してそうした観念を持っていた。「ツバル。水没で大変な国ですよね」という筆者の軽口に対して「まずはツバルの人々の顔をみて、素直なことばを聞いて欲しい。温暖化や海面上昇の話はそれからです」と遠藤氏は応えた。

筆者はこのことばを、ツバルが置かれた状況をひとごととして捉えるのではなく、現地の人々とともに地球に生きる当事者の立場で向き合うところから始めよう、というメッセージとして受け取った。その場で遠藤氏と意気投合し、筆者はその翌年の2009年、学生とともに実際にツバルを訪れることになった。

実際にツバルで眺めた風景、そして出会った人々の顔やことばは、それまで筆者が抱いてきた「海面上昇に脅かされる楽園」というイメージを覆すものだった。エメラルド色の海のそばに積み上げられた大量のゴミ。海で無邪気に遊ぶ子どもたちと、高機能GPSレシーバを携えて漁に向かう男たち。これらが渾然一体となって、ひとつの「世界」を成していた。

こうしたツバルの「実相」の一端に触れ、筆者は一クリエイターとして、さまざまな境を超えて、人とできごとをダイレクトに繋ぐツールをつくりたいと考えた。その一年後、ツバルに住む人々のポートレートとことば、現地で撮影されたGPS写真をデジタル・アースに集積したコンテンツをウェブ公開した。

筆者らは、この遠藤氏とのコラボレーションを起点として、その後さまざまなアーカイブズを制作していくことになる。遠く離れた南洋の孤島に住む人々の姿と風景を伝えるためのコンテンツが、我が国で起きた悲劇についての記憶を継承するアーカイブズ・シリーズの起点となった。


■ナガサキ・ヒロシマ・オキナワのアーカイブズ構築

ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」は、第13回文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品に選ばれた。その展示を鑑賞した長崎出身の鳥巣智行氏・大瀬良亮氏から、2010年春に一通のメールが届いた。そこには「長崎の被爆者証言を、ツバルと同様の手法で公開できないか」と書かれていた。

すぐに会合を持ち、クリエイターチームとしての首都大学東京の学生たちを含む、世代を越えたコラボレーションが始まった。長崎新聞社が編纂した被爆者証言集、長崎原爆資料館が収蔵する当時の写真、テキサス大学図書館に収蔵された1945年の長崎市街地地図などを収集、デジタル・アース上に集積していった。

速やかに作業は進み、その年の夏には「ナガサキ・アーカイブ」が公開された。公開翌日に20万ページビューのアクセスを記録し、アメリカ、スペイン、ブラジル等のメディアで特集記事が組まれるなど、大きな反響があった。


その後「ナガサキ・アーカイブ」の新聞記事を読んだ広島在住の被爆二世、石堂めぐむ氏から「ぜひ広島版を」とのメールが届き「ヒロシマ・アーカイブ」の構築がスタートした。さらに、活動の主旨に共感した沖縄出身の起業家、稲泉誠氏のプロデュースによって「沖縄平和学習アーカイブ」構築に向けた動きが始まった。

これらのアーカイブズはそれぞれ2011年夏、2012年春に一般公開された。



このように、一連の多元的デジタルアーカイブズは、できごとに深い縁を持つ人々の意思が、次々に紡がれるようにして構築されてきた。筆者は、自身の意思によってではなく、いわばクライアントの依頼を受けた建築家のようなスタンスで、各々のアーカイブズ構築に携わってきたことになる。


■世代を越えた「記憶のコミュニティ」の形成

ナガサキ、ヒロシマ、オキナワとアーカイブズ・シリーズの構築が進むにつれて、世代を越えた「記憶のコミュニティ」形成の重要さが顕らかになってきた。

デジタル技術のみではアーカイブズを構築できなかった。資料の利用については、収蔵施設の許可を受けなければならなかった。さらに被爆者、戦争体験者の証言については、新規にインタビューを行なうとともに、ウェブ公開許諾を得る必要があった。何よりも、筆者らの活動を進めるための大前提として、地元の理解を得なければならなかった。

そのために、地元の協力者を中核として、高齢の証言者と筆者ら、そして学生・生徒たちが手を取り合いながら証言と記録保存活動を進める「記憶のコミュニティ」が形成されていった。特に広島においては、広島女学院中等高等学校の矢野一郎教諭が陣頭指揮を執り、高校生たちによる証言インタビュー活動が展開された。


この「記憶のコミュニティ」においては、証言者と記録者、そして発信者が一体となった活動が展開される。過去のできごとを語り継ぐ人々を世代を越えて繋ぎながら、組織・施設の裡に閉ざされていた資料をオープンデータ化し、世界に向けて開くはたらきを担っている。筆者らが制作したデジタル・アースのコンテンツは、この「記憶のコミュニティ」の活動をあらわすインターフェイスのひとつに過ぎない。

アーカイブズ制作に関わった若者たちは、この「記憶のコミュニティ」の一員である。彼女ら・彼らは未来における新たな語り部となり、それぞれの時代のテクノロジーを用いて、それぞれのアーカイブズを構築していく。筆者はそうした未来像を思い描いている。


■東日本大震災後の活動

ヒロシマ・アーカイブの制作についての協力を仰ぐために、八王子原爆被爆者の会(八六九会)事務局長の上田紘治氏と初めて会合を持ったのは、2011年3月11日のことだった。

打ち合わせ後、筆者は京王線で都心に向かい、初台駅を通過したところで電車が停まった。隣席の男性がワンセグで「震度7」であることを教えてくれた。徒歩でトンネルを歩き、地上に出てみると大混乱が生じていた。そのまま徒歩で自宅のあるお台場まで戻る途中、街頭のテレビで大津波が押し寄せる中継映像をみた。

翌日、大学に向かう途上でTwitterのタイムラインを眺めると、原発事故に関する不安なつぶやきで満ちていた。学務で手が離せなかった筆者は「原発からの距離を示す同心円データを作成して欲しい」と、ツイートを読んでくれるであろう「誰か」に向けて依頼した。たちまち反応があり、2時間ほどで有志の手になるマップが公開され、一週間で100万ページビューを越えるアクセスがあった。


その後、首都大学東京の大学院生(当時)、高田健介君・北原和也君による「計画停電MAP」や、筆者によるHONDA・TOYOTAの通行実績情報マッシュアップサービスなど、応急的なコンテンツが次々とリリースされた。アーカイブズ・シリーズで培ったマッピング技術が、予期せず役立つことになった。



これらの例が示すように、震災後の応急コンテンツを制作するコミュニティはオンラインで形成された。現在も構築が進行している「東日本大震災アーカイブ」における「記憶のコミュニティ」も、ソーシャルメディア上のつながりが育んだものである。


これは、私たちの時代に起きた災害についての支援活動ならではの、連携のかたちである。


■震災ビッグデータの可視化

2012年秋に、GoogleとTwitter主催のもと「東日本大震災ビッグデータワークショップ」が開催された。マスメディア、ソーシャルメディアの大規模データが提供され、震災直後の状況についての分析が行なわれた。筆者は異分野の研究者とコラボレーションし、アーカイブズ・シリーズの手法を応用した2つのコンテンツを制作した


一つ目は、東京大学の早野龍五教授がリーダーを務める「Project Hayano」における、放射性ヨウ素拡散シミュレーションの可視化コンテンツである。

放射性ヨウ素は半減期が8.1日と短いため、福島第一原子力発電所事故発生後の状況がはっきりしていない。「Project Hayano」は、国立情報学研究所や海洋開発研究機構、SPEEDIなどのシミュレーションデータと、ゼンリンデータコムから提供された混雑情報を複合的に分析することで、初期被曝の実態を解き明かし、被災者を支援しようとする試みである。

筆者は、放射性ヨウ素の拡散シミュレーションデータと混雑情報を集積し、デジタルアースを使って公開した。これにより、大気中ヨウ素の推定濃度と、各地域に滞在していた推定人数との相互比較が可能になる。例えば、2011年3月15日未明には、いわき市などの人口稠密地帯に向けて、放射性ヨウ素が拡散していた可能性があることが示される。


二つ目は、東日本大震災発生後24時間のNHKニュース報道の書き起こしデータから、TV報道された場所/されなかった場所を推定し「NHK報道の空白域」を可視化するコンテンツである。ワークショップ期間中に、NHK放送文化研究所の村上圭子氏、NHK放送技術研究所の山田一郎氏らとのコラボレーションにより制作された。

NHKが報道した地点のデータを、ウェザーニューズの「減災リポート」やジオタグ付きツイート等と重層することによって、TV報道がカバーしなかった地域を、ソーシャルメディア上の災害状況報告が補完しているようすが示される。


これらのコンテンツは、開かれたビッグデータを活用し、震災後の状況の解明と将来の災害の備えに寄与するためのツールである。それと同時に、数名のチームでも、無数の人々の行動から生まれる大規模な情報を処理することが可能になった現代における、あらたなアーカイブズ構築の試みでもある。


■おわりに

これまでに述べたように、2009年にツバルからスタートしたアーカイブズ・シリーズは、ナガサキ、ヒロシマ、東日本大震災そして沖縄へと展開してきた。

任意参加のチームから自治体プロジェクトへと徐々に事業規模が拡大し、コンテンツの完成度も向上した。これまでの作品には累計70万件以上のアクセスがあり、受賞も数多く、社会から一定の評価を得ている。その反面、ビューロクラシーの弊害により、収蔵資料の選択や、内容のアップデート、公開後の社会における運用などが、意に任せなくなってきた。

震災ビッグデータの可視化コンテンツについても同じことが言える。これまで複数の機関がそれぞれ個別に放射性ヨウ素拡散シミュレーションを行ない、データは個別に利用されていた。また原発事故発生後、SPEEDIデータが一定期間伏せられていたことは良く知られている。今回の取り組みにおける各データは、まさに早野氏個人の信念のちからによって「オープンデータ化」されたものである。

アーカイブズ・シリーズの構築に際して形成された「記憶のコミュニティ」は、社会的な柵を越えて資料をオープンデータ化し、未来に向かって継承するはたらきを持つと考えられる。しかし、そのちからが存分に発揮されるための要件ははっきりしていない。これを顕らかにし、未来の社会に向けて提案していくことが、筆者の次の仕事である。


Popular posts from this blog

東京大学大学院への移籍のお知らせ

2018年4月1日より,指導教員の渡邉英徳は東京大学大学院情報学環の教授に着任いたしました。首都大学東京の客員教授も兼務します。これに伴い,渡邉英徳研究室も東京大学大学院に移籍いたします。首都大学東京での研究は,今後も継承する予定です。これまでご支援いただいたみなさま,本当にありがとうございました。

教員プロフィール首都大学東京学生の業績一覧学生の週報ログ

「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」のコンテンツをアップデート

2009年に最初のバージョンを公開し,第13回文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品に選ばれた「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」のコンテンツを更新しました.共同研究パートナーであるNPOツバル・オーバービューの遠藤秀一さんが撮影した,2012年のバイツプ環礁の写真があらたに掲載されています.
ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクトツバルに生きる一万人の人類 以下にスクリーンショットをご紹介.このプロジェクトも三年目に入りました.





現在,遠藤秀一さんと共同で,ポートレートの追加作業をすすめています.こちらも近日中に公開予定です.(wtnv)

バレーボールの練習改善のためのプレー記録の視覚化

こんにちは、学部4年の佐野千秋です。
私は卒業研究で「バレーボールの練習改善のためのプレー記録の視覚化」を行いました。



自身が高校生の頃、プレーのデータをとって選手で共有していたものの、見にくさや情報の少なさからあまりデータを重要だと思う場面がありませんでした。
せっかくデータを利用してるのならばより良いデータ利用方法があるのではないかと思いこの研究をはじめました。
実際に母校である神奈川県立厚木高校のバレーボール部に制作物を使ってもらったり、アンケートをとったりしながら、選手が感じている問題を元にデータ利用の改善を行いました。

主に行った改善は以下3点です。

1つ目はデータ収集内容の改善です。
今までは4つのプレー要素(※1)についてレシーブの精度(※2)のみを記入していましたが、スパイク、サーブはコースの記入欄を新たに加えました。
選手が求める情報を元に収集内容を改善を行い、情報量の充実を図りました。
この改善によって、どのようなコースが効果的なのかが分かるようになります。


※1 バレーボールは大きく分けてスパイク、サーブ、サーブレシーブ、スパイクレシーブの4つのプレー要素があります。
※2 バレーボールではレシーブの精度(=セッターの取りやすいボールかどうか)をA-Eの5段階に分けて表現することがよくあります。

2つ目はデータ入力方法の改善です。私の母校はデータを紙媒体に記録した後、Excelに入力し、印刷したものを選手内で共有していましたが、ある程度時間がかかるため練習試合があるたびに入力するのではなく何日か分をまとめて入力している場面が見受けられました。少しでも入力の煩わしさを軽減するため今までベタ打ちだったものを、Excelのマクロを使うことでクリック入力や、選択式で入力を行えるようにしました。



3つ目は視覚化方法の改善です。
改善の流れとしては、実際に母校の試合のデータを視覚化し、試合後のミーティングで使ってもらいアンケートをとります。その結果を視覚化方法の改善に活かすことで、より選手が見やすい、求めるものに近づけていきました。
視覚化改善は計3回行いました。左が1番最初となっています。
効果的な攻撃が出来ている割合を色、打数を円の大きさで表現するなど選手が直感的に度のコースが効果的なのかが分かるような視覚化方法を用いました。
またアンケートから選手に…

「人間センサー」で災害状況をすばやくつかむ:「台風リアルタイム・ウォッチャー」公開

7月、台風が多発するシーズンに入りました。先週も台風第8号が発生し、沖縄や長野をはじめ、大きな被害が発生しました。私たちの研究チームは、気象庁が発表する台風情報と、多数の人々が発信する災害情報をマッシュアップしたウェブサービス「台風リアルタイム・ウォッチャー:台風情報と「減災リポート」のリアルタイム・マッシュアップ」を公開しました。 人間は、とてもすぐれた"センサー"でもあります。周囲の状況をすみやかに捕捉し、発信する能力を持っています。今回の試みは、こうしたボトムアップの、いわば「人間センサー」で、トップダウンの観測情報を補完しようとするものです。

台風リアルタイム・ウォッチャー」では、国立情報学研究所(NII)の北本朝展さんによる「デジタル台風:台風画像と台風情報」そして株式会社ウェザーニューズのサービス会員「ウェザーリポーター」が提供する「減災リポート」のデータがマッシュアップされています。 以下の北本さんのツイートにあるように、「減災リポート」のデータは、これまでオープンデータ化されていませんでしたが、今回、特別にAPI経由で提供していただくことができました。
台風リアルタイム・ウォッチャー http://t.co/5qiYVSEbKD (@hwtnv さん作)が動き始めたようだ。ウェザーニューズの減災リポートは、従来ネット上に出ていなかったはずで、これが外に出てきた点が一つのポイントだと思う。ちなみに、この台風アイコン、いいね。
-- 北本 朝展 (@KitamotoAsanobu) 2014, 7月 10 「デジタル台風」と「減災リポート」のデータは1時間ごとに収集・更新されます。さらに気象庁発表の台風情報が30分毎に反映されます。「減災リポート」のデータは、投稿時にユーザが付与するカテゴリで色分けされています。また、ウェブサイト上には過去72時間のデータがアーカイブされており、タイムスライダーで遡れるようになっています。さらに過去のデータもすべてサーバに蓄積されます。

「減災リポート」のデータは、前々回の記事で解説した「東日本大震災マスメディア・カバレッジ・マップ」と同様、地面から鉛直方向に時間軸を設定し、時空間的なビジュアライゼーションを施しています。これによって、各地における災害の推移がわかります。 その一例として…

「記憶の解凍」 ARアプリ公開

東京大学大学院情報学環 渡邉英徳研究室は、AI技術を活用してカラー化した“戦前の広島”の白黒写真を、地図・AR(拡張現実)ビューに表示する「記憶の解凍」ARアプリを公開しました。

私たちのチームはこれまでに、数百枚の白黒写真をAI技術でカラー化し、さらに、被爆者との対話を重ねて色を補正することによって、過去の記憶を辿る旅を続けてきました。最新技術と、被爆者・若者たちのコミュニケーションが組み合わさることで、これまで凍りついていた記憶が「解凍」され、よみがえります。

カラー化された過去の写真は、私たちの心のなかに、これまでにない感情を喚起します。その写真が、アプリを通して、現在の広島の風景に重ね合わされるとき、私たちの眼の前には、切り撮られた過去の日々につながる、時の窓が開きます。


本アプリは、渡邉英徳教授とともに活動を進めてきた、広島市在住の庭田杏珠さんとのコラボレーションによって制作されたものです。

アプリダウンロード(無料):
App Store / Google Playにて、キーワード「記憶の解凍」で検索ウェブサイトからダウンロード制作チーム:
原案・カラー化・アプリ作成:渡邉英徳×庭田杏珠考証協力:濱井德三、ヒロシマ・フィールドワーク実行委員会写真提供:濱井德三、今中圭介、緒方昭三、片山曻、諏訪了我(浄寶寺)、高橋久、多田良子、本田美和子、広島県立文書館、広島市公文書館、アメリカ公文書館(撮影:尾木正己)タイトルロゴデザイン:秦那実カラー化技術提供:早稲田大学 石川博研究室平和記念公園(爆心地)街並み復元図提供:中国新聞社

「COVID-19に関するアーカイブ活動の呼びかけ」新型コロナウイルス感染症に関するデジタルアーカイブ研究会

デジタルアーカイブ学会ウェブサイトより転載 「COVID-19に関するアーカイブ活動の呼びかけ」 2020年5月10日
新型コロナウイルス感染症に関するデジタルアーカイブ研究会
現在、新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の感染拡大を受けて、社会の各層でさまざまな取り組みが行われています。

あらゆる点において、最も尊重されるのは人命であり、人命を守る医療の維持であることは言うまでもありません。

しかし、COVID-19に向き合うためには、感染症の実相や社会のありさまを正確に記録することも欠かせません。事実、今回のCOVID-19禍において、私たちはこれまでの疫病の歴史、たとえば約100年前のパンデミック「スペインかぜ」の記録などからまなべる点は多々あるはずです。
1918年「スペインかぜ」パンデミックの際に撮影された,アメリカ・カンザス州フォート・ライリーのキャンプ・ファンストン緊急病院のようす。ニューラルネットワークによる自動色付け+手動補正。 pic.twitter.com/7UmHdrs6VR — 渡邉英徳 (@hwtnv) April 22, 2020 しかし今回、過去の疫病の教訓が十分に生かされているとは言えません。今後の社会においてCOVID-19と相対していくためには、歴史に残るであろう現在の社会の状況を、仔細に記録していくことが肝要です。

そこで私たちは、図書館・博物館・自治体・大学・産業など、社会状況の記録に関心を持つみなさんに向けて、いま社会が直面しているCOVID-19に関する「アーカイブ活動の推進」を提案します。たとえば、次のような取り組みが考えられるでしょう。
市民による情報の収集活動を、十分に安全を確保することに留意したうえで、可能な範囲で支援することメディア報道や各種情報発信の内容をアーカイブすること自らの組織(たとえば自治体であれば対策本部等)や地域の記録をアーカイブすること ※アーカイブの手段については、デジタル・アナログを問いません

以上はあくまで例に過ぎません。私たちは、COVID-19に関するアーカイブ活動が本来地域の情報集積のハブである図書館・博物館等を中心として実施されることを切望しています。また、本研究会としても活動への協力を惜しみません。アーカイブ活動に関するご相談をお気軽にお寄せください。

なお本研究会は、デジ…

「押韻」の歴史的変遷と現代における「ライミング」活用の架橋

こんにちは、修士2年の岸岡信伍です。
今回は、修士研究の紹介をさせていただきます。

みなさんは「ライミング」という言葉はご存知でしょうか?
あまり身近な言葉ではないかもしれません。
では、「押韻」という言葉はどうでしょう?
「押韻」は「ライミング」を日本語にしたものとされていますがこちらもピンと来ないかもしれません。
一応みなさんは「押韻」を学校教育で漢詩の勉強をするときに一度習っているはずです。
偶数句末で同じ音の漢字が置かれるだとかそういうものです。
「押韻」は“詩歌などで,同一または類似の音韻をもった語を一定の箇所に用いること.韻を踏むこと”とされており漢詩だと「深(しん)」「心(しん)」「金(きん)」「簪(しん)」のような(in)の音で共通するものが韻だということになります。
日本語の場合は
 ・おとな(ooa)
 ・ことば(ooa)
と、(ooa)の母音が共通しているこれらの言葉が韻であり、韻を繰り返し用いることが韻を踏む「押韻」ということになります。
学校で扱う「押韻」が漢詩のみであることからも、韻を踏むという表現は日本の文学ではあまり活用されず顕著な発展をみせていません。
一方、欧米言語で「ライミング」はシェイクスピアの時代にはすでに確立されており、現在の活用の幅は文学だけでなく歌謡曲、童謡、さらに教育とかなり広いものになっています。
ところが、1980年代にヒップホップミュージックが輸入した後、ラップで韻を踏むことを「ライミング」とし、日本語での韻表現は発展していきます。そして現在の日本語ラップでは韻を踏むことは当たり前になっています。
私の研究の目的は、日本で定着しなかった「押韻」と、日本語ラップで当たり前に活用されるようになった「ライミング」を結びつけて論じることです。

このブログでは論文の構成についてざっくり説明させていただきます。

 第2章では、九鬼周造氏の「日本詩の押韻」を主な関連資料としてヒップホップミュージック輸入以前の文学における日本の「押韻」の変遷を辿り、「押韻」を再解釈しました。日本で「押韻」は定着しませんでしたが、文学で活用するための試みは何度かされていきました。「日本詩の押韻」では、日本の「押韻」の歴史的事例と欧米言語の韻表現の事例から、日本語詩における「押韻」発達の可能性と採用のための考慮について論じられています。

 第…

研究室のリデザインについてご報告

2018年4月に東京大学に移籍後,変更していなかった研究室の内装・レイアウトを刷新しました。デザインはM2の中原くんによるものです。修士論文の執筆で忙しい中,CADを使った立体的なデザインの検討・業者とのやり取りまで,中心になってこなしてくれました。
2年間放置されていた(!)トロフィーも,入口付近に「ほぼ日のアースボール」とともにディスプレイされています。また,これまた無法地帯だった書棚も,研究室メンバーによって整頓され,わかりやすく配置しなおされました。

雑然としていたLiquid Galaxyルームも,再レイアウトされ,使いやすくなりました。現在,Liquid Galaxyは修理手配中ですが,復旧後,特任助教の高田先生らが共同研究を進める場所として,活用されていくことと思います。

作業に取り組んでくれた院生さんたち,什器類の手配・納品・工事をご担当いただいた幸和商事のみなさま,本当にありがとうございました。

女性アイドルの現実と虚構の様相の変化 -メディアの変遷に基づく研究-

こんにちは,B4の増田です!

■卒業研究について
私は,「女性アイドルの現実と虚構の様相の変化 -メディアの変遷に基づく研究」
という研究をしました.


アイドルが好きなので
テーマをアイドルにすることは入学当初から定まっていたのですが,
「大好きなアイドルのために何ができるか」から出発して
現在のテーマに至るまで,B3の後期から約10ヶ月ほどの年月を要しました.

「アイドルのためにコンテンツを作りたい!」

「アイドルとはそもそも何なのか?」

「アイドルにおける現実と虚構の進化が気になる!」

「アイドル単体では全く分からないから,メディアの変遷と照らしあわせよう!」

…という経緯を経て,研究を進めました.


この研究により,アイドルを以下の6つに大別できると考察しました.


①アイドルという概念の再構成と大衆化 ②バラエティー番組への出演に伴う アイドルのキャラクター化 ③歌番組の退化に伴う ライブアイドルの誕生 ④インターネットの普及に伴う ネットアイドルの誕生 ⑤SNSの活性に伴う アイドルによる自己表現の多様化 ⑥AR,VR,AI技術の進化に伴う バーチャルアイドルの定着

です.

この6つに加え,先行研究や今後の展望を述べました.

https://drive.google.com/file/d/1dcFOwxB7qyoVum3DTpWd2C3pKo5uOcd7/view?usp=sharing

こちらから閲覧できますので,ぜひご覧ください.

(個人的には,ネットワーク研の一員として ネットワークについても
 研究できたことが嬉しいです…)


■後輩に向けて
B3の時に「私は切羽詰まった状態で提出日を迎えない!」と誓い
周りより早く卒業研究を始めても,
どんどん深堀りしたくなり 止まらなくなります.

私のようにギリギリにならないよう,取捨選択して生きてください.



そして,論文の場合はとにかく早めに文字に起こしてみてください.

テーマが定まらない場合は,とにかく文献を読み漁ったり
思いつきで何かを経験しに足を動かしたりすることが 後に功を成します.

共に頑張りましょう…

イベント「デジタル時代における戦争体験の継承」を共催します。

東京大学大学院 渡邉英徳研究室は,イベント「デジタル時代における戦争体験の継承」(Yahoo!ニュース主催)を共催します。

日時: 2019年8月8日 18:30〜
会場:ヤフー本社17階「ヤフーロッジ」(定員100人)
入場:無料
主催:Yahoo!ニュース
共催:東京大学大学院 渡邉英徳研究室

お申込みはこちらから

戦後74年が経過し,「戦争体験の風化」が大きな社会課題になりつつあります。

あの時,何が起きていたのか。戦場,空襲といった「戦火」の体験に加えて,市民の体験をもとに,市民の生活に戦争がもたらしたものを見つめることにより,私たちの日々の暮らしが戦争によってどう変わり,何を奪われていくのかについて,実感が深まります。

メディアや研究機関,あるいは若者たちが,デジタルツールを駆使して戦争体験をあつめ,伝え,アーカイブする動きが各地で始まっています。また,アニメやコミックなど,若者が親しみやすい表現で,戦争を伝える試みも,ひろく支持されています。

こうした動きは,デジタル時代だからこそ生まれてきたものです。今回のイベントでは,この動きと力を結びつけ,大きな流れを作りたいと考えています。そのために,NHK,沖縄タイムス,ヤフーなどのメディア,そして市民ベースのボトムアップな活動で,戦争体験の収集・継承の活動をしている人々が一堂に会し,取り組みや成果を報告します。

登壇者
宮坂学(前 ヤフー株式会社 代表取締役社長(予定))NHK「あちこちのすずさん」スタッフ輿那覇里子(沖縄タイムス 記者)渡邉英徳(東京大学 大学院情報学環 教授)庭田杏珠(広島女学院高等学校 生徒)進行:宮本聖二(Yahoo!ニュース プロデューサー/ 立教大学大学院 教授)プログラム

第一部:メディアの取り組み
ネットメディア:宮坂「デジタルによる戦争体験の継承」テレビ:NHK「あちこちのすずさん」新聞:與那覇「沖縄戦デジタルアーカイブ」第二部:市民の取り組み
研究者:渡邉「ヒロシマ・アーカイブと「記憶のコミュニティ」」高校生:庭田「カラー化写真と対話による「記憶の解凍」」第三部:会場との対話

会場では,「記憶の解凍」(庭田杏珠× 渡邉英徳)によるパネル・映像を展示します。