20140205

, , ,

リーンスタートアップ手法によるコンセプトアートの制作

みなさんこんばんは。大学生活も、日々の生活もぎりぎりな細田です。
卒業制作発表も終わりひと段落したかな?と思っていましたが、2月7日~9日に行われる学内展の準備でてんやわんやです。なんだかんだ、研究室のメンバーと徹夜をするのが楽しかったりします。青春です。

さて、今日は2月7日から開催される学内展に来られる方のために、自分の卒業制作について簡単に紹介させていただきます。



「リーンスタートアップ手法によるコンセプトアート制作」

というテーマで細田は卒業研究をしました。
目的

人々から意見を収集し、コンセプトアートとして表現することで
多くの人々と世界観を共有、幅広い世界観を作り出すことを目的としています。
 


制作

コンセプトアートをfacebookページに質問と同時に公開し、貰った意見を集約、
その意見を用いて次のコンセプトアート(世界観・イメージ)を制作していきます。



こちらが実際に使用しているfacebookページ


キャラクターデザイン


検証

人々の感想や反応、会話などを分析し、自身の思い描いている【世界観】と観ている側の
イメージが重なっているかどうかを検証していきます。
検証をしていきながら意見の集め方やアプローチを変えていきます。



結果

人々のアイデアや意見をコンセプトアートとしてまとめることで、より多くの人々に共有できる
世界観を作りだすことができ、一人では生み出せない世界観を作り出すことができると考えられ、
また、制作フローに人々が参加したことによって、オリジナルの世界観を忠実に共有できるとも考えられる。



と、一通りの流れをご説明するとこのような感じです。
実際に会場ではより具体的にご説明させていただければと思います。
お時間がございましたら、是非遊びに来てくださいっ!


最後に…
先生から「後輩に向けてメッセージを書いて」と言われたのですが、一体何を書けばいいのやら・・・。
文章を書く事がとても苦手ですが、とりあえず何か話します。

(長いので読みたい人だけ)

私は小さい頃から絵を描くことが好きでした。
もともと漫画やアニメが好きっていうのもあるのですが、絵を描くと周りから褒められてそれがとても嬉しかったんだと思います。

ただ、いつの日からか絵を描くことが好きと言いながら何度も泣きながら絵を描いていました。「自分の絵がへたくそだから」とかそんな単純な理由だったと思います。小さい頃はそれが悔しくて悔しくて、練習して、上手になったら嬉しくなって、また自分のダメなところを見つけたら悔しくなって、練習して・・・って感じで一喜一憂しながら絵を描いていました。そして小学生か中学生あたりにうっすらと『将来は「絵を描ける仕事」につきたい』って思い始めたんだと思います。

そんな私はもう大学を卒業するほど大きくなり、今年からゲーム会社へ就職します。小さいころからの『絵を描ける仕事につく』って夢をかなえたとも言えます。

これだけみるととても素敵なお話にみえるのですが、ここにくるまでにやはりたくさんの事がありました。具体的な話はたくさんありすぎるので省略!笑

小さい頃の努力(負けず嫌いともいえる)や夢がなかったらまず私は絵を描き続けることができなかったと思います。それくらい、小さい頃の経験は大きいんだと思います。また、夢をかなえるためにチャンスをつかみとることの大切さも学びました。私の場合、運良く大学2年生あたりでお仕事としてイラストを描くチャンスを手に入れました。

チャンスといっても、必ずしもいいものであるとは限りません。そのチャンスに手を出したことによって自分のぺらぺらなプライドが傷つけられたり、悲しい気持ちにさせられたりすることがあります。ですが、そこで悲しい気持ちにさせられたからといってそのチャンスを手放すことはとてももったいないことだと思います。

社会人になったならば、このようなことは日々あると思います。だからこそ耐えることによって身に付くことや考えられること、負けたくないという気持ち、そういった事を柔軟な考えを持っている学生のうちに経験できることはとても貴重だと感じています。

3年生は今就活の時期だと思います。
自分のしていることの中から「これだけは他の人に負けたくない」とか「これが一番すき」とか考えているものがあるのならば、ぜひそれを職にして生きて行って欲しいです。
好きなものを職にするというのはきついといいますが、どんな職でもきついのは一緒です(笑)
個人的に絵を描き続けるより、焼肉屋でアルバイトをしている時のほうがきつかったです(遠い目)

社会人になったら仕事が中心の生活になります。仕事によって出会える人、成長するスキル、すべてが違います。そういうことを含めて、私は好きな分野の仕事につくのがいいのではないかと考えています。
生活の安定とかいろいろあるけど、今ではどんな職も安定してるイメージないよ!笑

青春しながら素敵な将来をつかみ取ってね!
長くなりましたがこれで終わりまっす。