20150528

,

「みえない東京」をオープンデータとARで可視化する:ネットワーク演習実習課題

 

位置情報とAR(拡張現実)技術をもちいたスマートフォンアプリが広く普及しています。こうしたアプリでは、実空間を映すカメラビューに情報空間のデータを重ねて表示することで、さまざまな利便性を提供しています。

ナビゲーションアプリに代表されるように、AR技術はもっぱら「必要な情報」を実空間に付加するために用いられているようです。しかしこうした実用的なアプローチでは、技術のポテンシャルを活かしきっているとは言えません。AR技術を「表現」に用いることで、「実用」の枠を越え、我々が過ごしている世界を「異なる視点」から眺め返すきっかけを生むこともできそうです。例えば「ヒロシマ・アーカイブ」「ナガサキ・アーカイブ」のARアプリは、「過去の資料」を「現在の街並み」に重ね合わせることで、リアリティを生み出しています。

今回の課題では「みえない東京をARで可視化する」をテーマとします。この「みえない」には、文字通り「不可視のもの」はもちろん、「見えているのに見過ごしているもの」「多すぎてみえなくなっているもの」も含みます。そうした「みえない東京」を見つけ出し、AR技術を活用して可視化してください。

また、自治体におけるオープンデータ活動が盛んになっています。今回の課題では、自分たちで集めたデータに加え、オープンデータも活用して、制作に取り組んでください。
  • 3〜4名のチームで共同制作します。
  • iOS、Android用のARライブラリを使ってアプリを制作します。
  • 自治体等から提供されているオープンデータも活用すること。
  • 過去の作品はこちらからたどれます
  • 最終成果はApp Store、Google Playで公開します。
  • 7月末に最終提出予定。ストアへの公開後に評価します。