20150719

,

ユーザに応じた地図でナビゲーション「診断地図 β」リリース


D3の高田です。
久しぶりの投稿になります。
この度、長年研究していたナビゲーションアプリを無事リリース致しましたので、この場を借りて紹介させて頂きます。

私は、「なぜ人は道に迷うのか」をテーマに研究しておりますが、多岐に渡る分野でも、道に迷う原因や解決方法が研究されております。
このような既存の研究成果から、道に迷う原因は各々のユーザで異なり、提供すべき地図の表現方法も異なると考えました。
そこで、ユーザの認知地図(脳内に存在する地図)に応じたナビゲーションを行うユーザターゲティング型地図ナビゲーションシステムの開発を行ってきました。
今回はこれまでの研究の成果として、Androidアプリ、「診断地図 β」のリリースを行いました。


まず上のような方向感覚についての20問の質問に答えて頂きます。
すると、8タイプの中からユーザに適した地図タイプにカテゴライズされる仕組みになっています。
自分の地図力はどれくらいなのか、地図タイプは何なのか気になる方は、是非チェックしてみて下さい!

また今回はこれ以外に、今後の発展を見据えて、新機能を付けております。


地図には★マークが点在しています。(場所やアプリ内の設定によっては非表示になります。)
これはユーザ投稿による「迷った情報」です。
このように、迷いやすい場所を事前にリサーチすることができるので、是非迷い防止のために活用してみて下さい。
また迷った情報の投稿は、左下の「?」のフッターボタンから可能です。
もし道に迷った時は、是非このボタンから道に迷った情報を投稿お願いします!
(ユーザに関する情報は一切投稿されませんのでご安心してお使い下さい。)

アプリのダウンロードはこちら

診断地図 β(Android)

高田百合奈