Skip to main content

Posts

Showing posts from December, 2019

SIGGRAPH ASIA 2019のArt Papers採択論文がパブリッシュされました

SIGGRAPH ASIA 2019 Art Gallery/Art PapersのFull Art Papersとして採択された論文が,ACM Digital Libraryにてパブリッシュされました。一年間,無料でダウンロードできます。
Anju Niwata and Hidenori Watanave: "Rebooting Memories": Creating "Flow" and Inheriting Memories from Colorized Photographs; Proc. of SIGGRAPH ASIA 2019 Art Gallery/Art Papers (Full art papers), Article No. 4, 12 pages, 2019. 採択されたのは「記憶の解凍」のコンセプト・活動について報告する論文で,広島の庭田杏珠さんとの共著です。高校生が筆頭著者の論文がSIGGRAPH ASIAに採択された例は,これまでにあまりないはずで,快挙といえそうです。2名のレビュアーの得点は両者とも5.0(満点)。採択率は8編/25編で,約3割でした。


11/19にオーストラリア・ブリスベンで行なわれた「SIGGRAPH ASIA 2019」での口頭発表も好評で,各国から集まった研究者とともに,活発な議論を交わしました。その他の採択論文はこちらからご覧になれます





A Runner-up for the 2019 Jeffrey H. Brodsky Oral History Award at Columbia University

We are happy to announce that Tomoko Hiramoto, a Ph.D candidate of Watanave studio, has been chosen a runner-up for the 2019 Jeffrey H. Brodsky Oral History Award at Columbia University for her master’s thesis “Restoring Testimonies.
OHMA of Columbia University, which is responsible for awarding the Jeffrey H. Brodsky Oral History Award describes Tomoko’s work as follows;
“Tomoko Hiramoto interviewed Hibakusha, survivors of the atomic bomb that destroyed Hiroshima. By comparing the narratives co-produced through an oral history process with hibakusha’s pre-existing public testimonies, she shows the gaps between a public, collective memory and the more intimate, dialogic public memory of an oral history. She expertly situates her findings in the history of public memory about the atomic bomb, both in Japan and internationally, with a focus on American understandings of this event. She not only demonstrates what is obscured in ritualized collective memory, but shows us the specific his…

研究室のリデザインについてご報告

2018年4月に東京大学に移籍後,変更していなかった研究室の内装・レイアウトを刷新しました。デザインはM2の中原くんによるものです。修士論文の執筆で忙しい中,CADを使った立体的なデザインの検討・業者とのやり取りまで,中心になってこなしてくれました。
2年間放置されていた(!)トロフィーも,入口付近に「ほぼ日のアースボール」とともにディスプレイされています。また,これまた無法地帯だった書棚も,研究室メンバーによって整頓され,わかりやすく配置しなおされました。

雑然としていたLiquid Galaxyルームも,再レイアウトされ,使いやすくなりました。現在,Liquid Galaxyは修理手配中ですが,復旧後,特任助教の高田先生らが共同研究を進める場所として,活用されていくことと思います。

作業に取り組んでくれた院生さんたち,什器類の手配・納品・工事をご担当いただいた幸和商事のみなさま,本当にありがとうございました。