週報170727

久しぶりです。研究生の岑天霞です。
1、今週の注目&回顧 
・田村さんと井上さん帰国
田村さんと井上さん、おかえりなさい。お土産ありがとうございます。ゼミの後みんな一緒に巨大なダイヤモンド指輪型キャンディを楽しく食べました!ごちそうさまでした!



・博士とM2の発表

キョウさんの研究で、Liquid galaxyを使って東京を飛び回ってるのような臨場感が強くて、すごく面白いと思います。今後もLiquid galaxyを活用して色んなコンテンツを楽しみにしてます。


Gakuvo報告会で井口さん、與那覇さんと森脇さんが受賞された社会貢献表彰式に出席

安倍夫人との記念撮影


2、今日のゼミ
M1B4はそれぞれの研究についての話し合いをしました。87日の中間発表も近づけて来たので、みんなの研究の方向性もはっきり分かるようになって来ました。


山浦くんのテーマに関して「作る段階でゲーム性を増やして、街の人が楽しみながらアーカイブスを作れる」と指摘し、レコード コンティニュアム(下の図)を紹介してくれました。「アーカイブスの作成はずっとドキュメント-->レコ-->-->アーカイブという方向に進んでるではありません。」っと先生の言葉がヒントになりそうな気がします。


渡邉研メンバーは各々自分の興味のある対象を突き詰めて研究していますが、研究室セミナーや日常会話を通して違った分野の視点や研究手法は、必ず自分の研究にも役立つとよく知っています。 
そして、テーマはバラバラだが、人々の生活をもっと便利に豊かにするために、もっと住みやすい日本を目指して頑張ってます。

*宿題* 
2D3D地図上のマピングの違う(明確な理由を説明してください)


今学期はもうすぐ終わり、発表の準備も大変と思います。沖縄にいる与那覇さんからの写真を見るだけで、 気分転換できそうですよね。
最後、幸せな夏を過ごされるよう願ってます!
from 沖縄で出張中の与那覇さん



週報170720




こんにちは。
学部四年の花岡です。



今週は池袋のあたりで大粒の雹がふりかなり話題になっていました。
日野キャンパスでは幸い雨風のみですみましたが実際にsnsに挙げられた池袋の画像や動画をみているとその凄まじさがとても伝わってきます。
車が凹んだり網戸が壊れたり屋根が抜けたりなど被害が相次いでいるようです。




さて今週のゼミですが、自主ゼミということで各自中間発表に向け先生にアドバイスをいただいたり、自分自身の考えを詰めて行ったりなど黙々と作業に取り組みました




中間発表が近づくにつれてそれぞれの研究がかなり詰められてきて毎週毎週の進捗を聞いたり今後の展望を聞いたりすることがかなり楽しみになってきます。




ところで本日は自分の研究テーマについての記事を書こうと思います。


自分は現在「機械学習を応用したファッションコーディネートの評価」というテーマを決めて研究をしています。読んで字のごとくユーザーのファッションコーディネートの評価を機械が行なってくれると言う機能を作成しようと考えています。




自分は大学1年生の時から3年生の2月までアパレルショップでアルバイトをしていました。その中でコーディネートに関しての質問を受けることが多々ありました。
それは色の組み合わせに関しての質問やお客さんのコーディネートイメージに近づけるためにはどうしたらいいかなど様々な質問がありました。しかし洋服自体自体は毎日違うものを着る人がほとんどです。アパレルショップでオススメしたコーディネート以外でも自分の持ち合わせの服にどう合わせればいいのか、この合わせ方ではダサく見えてしまうのか常にアパレル店員に聞いて判断すると言うことは到底不可能です。しかし世の中で評価されているファッションコーディネートやそうでないコーディネートなどをあらかじめ機会に学習させファッションコーディネートの良し悪しを機会自体が判断してくれる機能があれば人々の生活の助けになるだろうと考え始めました。



現在このテーマに先立ちファッションスナップの自動分類と言うテーマを掲げ研究をしています。
この研究では機械学習を利用してユーザーのファッション系統を分類しようと言うものです。
カメラの前に立つとその日に来ているファッションコーディネートから系統を分類してくれると言うものを作成しようと考えています。

現在こう言った内容で研究をしています。何気なくアルバイトで関わっていた洋服という存在がこのように研究に発展していくとは全く考えてもいませんでした。
今後この研究がどのような進展をみせるか自分ではまだわかりませんが、成果を出せるように頑張っていきたいと思います。



そして話は変わりますが週末に南アルプス市に出張してまいります。
「南アルプス市の地域の魅力を発信するアーカイブ」の制作の一環として、現地に赴き実際に現地の魅力を肌で感じてきたいとおもっています。また現地の方とアーカイブ制作に関してのミーティングう予定です。自分自身初めていく南アルプス市なので山梨県出身の山本くんに山梨県の魅力をたくさん教えてもらいながら堪能して来れたら良いとおもっています。


さてさてここまで写真のない文章が続いて来ましたがここで今週初の写真の登場です。


 


この写真は渡邉先生の地形強調マッピングの3dデータを作成しました、とあるプロジェクトで利用予定なのですが、みなさんこれが何になるのかぜひお楽しみにしていてください!!

以上今週の週報、花岡がお送りしました。

週報170713


こんにちは。学部4年の水落です!
すっかり暑くなり、もう夏ですね。

あまり賛同は得られませんが、僕は夏が一番好きな季節なので割と活発です。
最近のマイブームはお風呂上がりにぷらぷらと散歩することです。
夜風はとても気持ちの良いものですが、蚊に刺され消沈して帰宅します。
なんならもう一回お風呂入るまであります。


さて、今週の週報ですが、共同プロジェクトの打ち合わせ、研究の中間発表に向けた話し合いについてご報告します。


1.ほぼ日共同プロジェクト-アイデアダンプ

本日よりほぼ日さんとの共同研究がスタートしました!



(写真:早野龍五先生)

早野龍五先生をはじめ、ほぼ日の社員の方々と共にアイデアダンプを行いました。
現時点で実現できそうなもの。単純にコンテンツとして見てみたいもの。学生ならではの突飛なアイデア。活発に行われた話し合いは気がつけば2時間を平気で経過していました!

まずはあまり制約を設けずに自由なアイデアを出そう!とのことで多くの魅力的な案が出ましたが、これから実際に作っていくためにはまだまだ議論の余地はありそうです。

とはいえ共同研究の初日、学生も社員の方々も無邪気に楽しく意見交換が行われていたのではないでしょうか。今後がとても楽しみです。


2.南アルプス市共同プロジェクト-現地調査に向けて

次に山梨県南アルプス市との共同研究である、「南アルプス市の地域の魅力を発信するアーカイブ」に関する打ち合わせがありました。

魅力発信のアーカイブではどのようなコンテンツを取り入れるのか。またそのアーカイブからユーザーは何を体感できるのか。エンジニア班とデザイン班で分かれ、全体的なコンセプトから、制作にあたってどの技術を使用するのかまで、こちらも活発に議論が行われました。

近日南アルプス市を訪れる際、地元の方々とさらにアーカイブ制作に向けて意見交換ができるのを楽しみにしています。


3.研究中間発表に向けて

8月の上旬に私たちの学科では研究の中間発表会が開かれます。
上記の打ち合わせの後、私たち学部生、院生、先生で研究テーマについての話し合いをしました。




研究内容はもちろんのこと、研究テーマのタイトル決めについての話し合いも行われました。
"名は体を表す"と言いますが、タイトルからその人は何をしようとしているのかが分かるようにしなければならない。適切な表現はどのようなものなのだろうか。と、先生からご指摘を受けての大変勉強になるものでした。


私自身は「自動販売機を利用した地域災害対策の提案」を研究のテーマとしています。
デジタル技術は日々大きく進歩していますが、画面上のアウトプットにとどまらず、その画期的なデジタル技術を現実の要素と組み合わせたい、という私の好みからIoT寄りの研究テーマとしました。

普段当たり前に目にしている物を、改めて別の視点から見てみる事は大変面白く、今ではすっかり自動販売機に興味津々です。


まだまだ技術的にも拙く、学ぶ事は多くありますが、今は研究に関する勉強が楽しくて仕方ないです。
今後も沢山の方に教わりながら、自分の研究を進めたいと思います。





今週の報告はこれで以上となります。
暑い日が続いていますが、お身体にお気をつけてお過ごしください。

水落からでした!

週報20170706


こんにちは !お久しぶりです。学部4年の山本です。

今週は都議選がありました。都民のみなさんは選挙に行かれましたでしょうか?
私は都民ではないので傍から見ていたのですが、もしかすると首都大も何か影響があったり無かったり...?
この研究室には選挙に関するコンテンツを制作している先輩もいます。ぜひご覧ください。見方を変えると選挙も面白くなると思いました。
選挙を恋愛に例えた「恋も選挙も情報戦」

さて、今週のゼミは
卒業制作の中間発表向けての話をメインに、午後は新しいプロジェクトのアイデア出しをしましたので、そのご報告です。

中間発表に向けて

8月初めに、卒業制作の中間発表がコース全体で行われます。ポスターを制作し他の学生や教授に研究の目的などを伝える良い機会です。

それまでには研究の目的や手法は固めたいところです。
私はデザイナーとユーザーをつなげるSNSの制作を考えていますが、目的や手法はもっと具体的にする必要があると今回のゼミで感じました。

しかし、私はとりあえず作ってしまおうの精神で、ものから手をつけ始めています。
あまり考え過ぎても手が止まってしまうので、できることを精一杯して行くつもりです。もちろん、どのように社会に生かすことができるのか後々しっかり考えます。不安はありますが....

新たな研究室プロジェクト

私の地元山梨にあります、南アルプス市とのコラボで、地域の魅力を発信するアーカイブを制作することになりました。アイデア出しは最近研究室に設置されたliquid galaxyも使いながら行っています。
扇状地がはっきりと大きな画面に映ると、実感が湧きます!



中央の机を囲んで行いましたが、山梨出身は僕だけなので地元民としてもっと発言をしていければと思います。今月にも現地に訪れるので、その前にある程度アイデアを固めていきたいですね!



以上、山本でした!




週報20170629


みなさん、お久しぶりです。
気がつけばもう夏ですね。毎日暑さにやられつつ日々過ごしています、福山です。
写真は横根に行った時の写真です。夏っぽい。

今回の週報は、研究室の巨大なディスプレイ、自分の卒業制作についてお届けします。

謎な巨大ディスプレイ

研究室に一際目を引くものが完成しつつあります。これはまだ未完成です。
写真からもわかるように、縦向きディスプレイが贅沢に5枚横に並んでいるだけでも、インパクトがすごいです。
完成形は両サイドにもう一枚ずつディスプレイが並んで計7枚になります。
そうです。もう一度言います、これはまだ未完成です。


こいつの紹介を少しさせてもらいます。
名前は、Liquid Galaxyと言います。日本語で言い換えると、液晶の銀河ですね。
主にGoogleEarthやcesiumを、手前にあるスティックを使って操作ができます。
自分も少し操作をして楽しんだのですが、幅があんなに広いディスプレイはもちろんはじめてで、とりあえず没入感がすごくて、あたかも自分がその場所にいるような感じがしました。

自分が行ったことのある地域や生まれ故郷など、行ったことは無いけれども有名な観光名所などをストリートビューでまわりながらいろいろお喋りしていました。


また、大きなディスプレイを周りの人と共有することによって会話が生まれることがいいと言う声もありました。自分もそれはこのLiquid Galaxyの強みだと思います。

せっかく自分の身の回りにこのようなものがあるので自分の制作にうまくいかせないかなぁと思案中です、、、


卒業制作

自分自身の卒業制作を紹介したいと思います。
僕のテーマは、大まかに言うと写真から選ぶ観光情報についてのコンテンツを制作しようと考えています。

このテーマに決めたのは、自分が観光や旅行を行くときや他人におすすめの場所を紹介するときに観光サイトなどを見て、まだ紹介できる観光場所があるのではないかと思ったことがきっかけです。
また、見せ方などもっと工夫できることがあるのではないかと思いました。
だったら自分で作ってみようと思い今に至ります。

今は、先行事例の研究や企業が行なっているアンケートを見ながらどのような情報が観光をするときに必要なのかを考えながら、作るコンテンツの具体的なものを決めていってます。
中間発表が近づいているので、それまでにはなんとか、、、

まだまだ先は長そうです、、、


以上、夏バテ気味の福山がお届けしました。