【特別編】広島で始まったカラー化の取り組み 週報171123

 東京では紅葉が見ごろを迎えています。
 銀杏並木の葉は、黄緑色から黄色に向かう最中で、グラデーションが秋を形作っています。風がそよぐと落ち葉はフワッと舞い、歩けばカサカサした音が聞こえてきます。
 沖縄では体験できない秋を堪能しています。
 M1の與那覇です。


 そんな季節に広島に研究調査に行く機会を得ました。


映画「この世界の片隅で」の片渕須直監督(右)と濱井徳三さん


 目的は、広島女学院の高校生たちが始めた戦前・戦中の写真をカラー化する取り組みを調べるためです。11月上旬に首都大でのワークショップに参加した一人、Nさんが渡邉先生の色付け技術を学び、スタートさせていました。


平和記念公園で実家のあった場所を訪れる濱井さん(右)と広島女学院の学生

 カラー化をしている白黒写真は、濱井徳三さん(83)が保管していた戦前、戦後の家族の写真です。濱井さんのご家族は、原爆によって亡くなられ、濱井さんは「原爆孤児」となりましたが、写真には家族のピクニックの風景や濱井さんの自宅だった理髪店の様子などが残っています。


 実は、調査に行く前、Nさんとのメールのやり取りで、こんな一文がありました。


 「濱井さんの大切な形見の皿時計を見せて頂いたのですが、その皿時計が、店内を写した写真に写っていることが判明しました!!!」


 新聞記者の私としては、記者魂が疼きます。 
 色付けをするプロセスの中で、写真に写り込んでいる物が分かったこと、そしてその物が未だに残っているのは奇跡に近いことです。


 また、私の出身地である沖縄の戦争では、時計に関する住民の証言をほとんど読んだことがありませんでした。
 直感的に、広島では時計は身近なものだったのかもしれないという仮説が立ち、広島の時計産業について調べ始めました。
 
 しかし、東京で資料を探してもたどり着きません。そこで、戦前から続いていると思われる時計店に一軒一軒電話。話をきいているうちに、少しずつ広島の時計産業の歴史の輪郭が浮かび上がってきました。


下村時計店本店



 1泊2日の短い出張の合間に唯一話を伺えたのが下村時計店です。原爆が投下された時、本店は爆心地から約620メートルにあり、建物が一部残りました。現在もその跡地に店を営んでおり、当時の市民にとって時計がどんな存在だったのか、記憶の限り伺えました。
 


 さて、肝心の実物の時計。平和記念資料館の協力を得て、約2万点の収蔵品が眠っている倉庫へ。濱井さんが寄贈した時計を見せてもらえることになりました。
 
平和記念資料館の倉庫に保管されている濱井さん寄贈の時計


 時計を囲んで濱井さんに話を聞かせてもらううち、ところどころ私にとって違和感がありました。
 その一つに、いくつか事前に読んだ濱井さんの証言の綴られ方と比べると、話の流れに滑らかさがなかったことです。
 どうも、表面的な語り方ではなく、もっとゴツゴツしたような物を感じました。
 
 気になって別室で再びじっくり話を聞かせてもらいました。
 だんだんとわかってきたのは、形見の時計は、濱井さんの人生の捉え方を節目節目で変えたきっかけになっていたことです。時計を軸にして話を聞き進めたからこそ分かった気がします。
 色付けをする機会がなければ、なかなか浮かび上がらなかったことかもしれません。
 原爆投下後も残った時計としてではなく、一人の市民の人生を見守り続けた一方、翻弄したものでもありました。
 
濱井さんの人生を変えた皿時計




 広島の原爆を語るとき、投下された8月6日午前8時15分の「点」で捉えてしまいがちです。
 ヒロシマアーカイブも、その時間をピンポイントで表現しています。


 ですが、色付けの取り組みをしているNさんと話していると、モノクロの写真をカラー化をすることで、8時15分に続く何年も前の広島がイメージできるようになっていました。家族が映る写真、一人一人の何気ない生活がそこにあったことを作業を通して実感しているようです。
 
 このあたりももっとヒアリングをしているので、調査にまとめようと思います。 


広島国際映画祭の祝賀会
 

 現地ではちょうど開催中だった広島国際映画祭にも出席。
 ロングランで上映されている映画「この世界の片隅で」の片渕須直監督、Nさん、濱井さんと「色」について意見を交わすことができました。

 モノクロの世界をアニメ化する時、監督はどうやって色をつけたのか。
 ニューラルネットワークの色付けをどうみているのか。
 高校生の取り組みをどう考えているのか。

 直撃インタビューも調査結果にまとめます。
 もったいぶろうと思うので、公開はまた今度。


 濃密で、怒涛の広島出張でした。



〜今週の注目ゼミ生〜
 こちらは「核廃絶!広島中高生による署名キャンペーン実行委員会」のメンバーにワークショップをしているM1秦那実さん。
 広島と女子高生に食い込んでいる秦さん、頼もしいです。
 

 
 次回の週報は、B4の福山くんです。よろしくお願いします。

週報 171116

こんにちは。B4の渡邉康太です。

研究室に所属してから半年が経ちました。
4月に新しいニックネームを募集していましたが、永遠に「わったー」のようです。


今回は11/13〜11/15に行ってきた徳島出張の話をしていこうと思います。

皆さんは徳島県那賀町という地域をご存知でしょうか?
知らないという方は「ドローン」「町おこし」の2つのキーワードで検索して見てください。必ず上の方に出てきます。
リンク : 徳島県那賀町ドローン推進室

法律と安全上、ドローンを人口密集地で飛行させることは困難です。那賀町では人口減少問題を逆手に取り、ドローンによる活動を推進しています。


那賀町の紅葉景色

さらに、美しく豊かな自然は空撮と相性抜群で、飛行スポットを積極的に提供しています。それらの飛行スポットをまとめたマップが「那賀町ドローンマップ」です。

自分は那賀町ドローンマップのデジタルコンテンツ版制作を進めています。
そのためのデータを収集するために空撮スポットをいくつか巡ってきました。

この動画は温泉旅館前で撮った空撮動画です。
「四季美谷温泉」として那賀町ドローンマップに掲載されています。
ドローンならではの視点で景色を楽しむことができ、壮大な自然をPRするにはうってつけです。



ドローンを飛行させる時に周辺の情報は重要です。
ただ、紙媒体のドローンマップでは掲載情報を最低限に留めなければなりません。
デジタルコンテンツ版では紙媒体のマップを補う形で情報の拡張ができたらと考えています。その1つとして360°画像やパノラマ写真も収集しています。

自分自身、実際に空撮スポットを訪れた時のギャップは大きかったです。
「えっ」と声が出てしまうような階段も降りました。ただ、辿り着いた先の景色には実際に行かないと味わえない感動がありました。
空撮スポットに訪れやすくする下見の役割を制作コンテンツで実現できるかどうかも研究のポイントです。


ドローンは猫も引き付けます

また、那賀町に住むドローンユーザの方々からお話を聞くことができました。
お歳を召されてからドローンを始めた方。
ドローンが流行る前から続けている方。
ドローンユーザと言っても様々なエピソードを持っています。
いずれにせよ活動的な方が多く、ドローンはパワーのある人を引き付けているのかもしれないと感じました。

正直お伝えしたいことはまだまだありますが、長くなるのでこの辺で失礼します。

今回の調査にご協力いただいた方々に感謝を申し上げます。
次回の出張はヒアリング中心です。貴重なお話が聞けることを楽しみにしています。


もう1つ報告があります。

自分が制作に携わっていた動画をCOP23で使っていただきました。
この動画はツバルのとあるプロジェクトを説明するために制作したものです。
ツバルと言えば海面上昇に悩まされている国として聞いたことがあるのではないでしょうか?
ツバル国代表団員の遠藤秀一さんがプレゼンテーションを行なっています。


Google Earthを使って土台をつくり、動画編集ソフトで細かいところの表現を行なっています。大変な作業でしたが、kml、3Dモデリング、動画編集など様々なスキルに触れることができ良い経験になりました。

新しいことに挑むことは労力がかかりますが、それだけ自分を成長させてくれます。また、自分にしかない強みとなります。

上手くいかないことも多く出てきますが、恐れず「次はもっと上手くやる」という気持ちを持って挑んで欲しいです。

それでは寒さに負けぬよう頑張って!


週報 171109

こんにちは!研究生のシンテンカです。
今日も暖かい研究室で楽しくゼミを参加しました。

まずは先週土日のワークショップのことをシェアしたいと思います。
昔から日本の青春ドラマを見て、日本の高校生たちに憧れていました。特に制服が可愛くてとても羨ましいです。
これは学内散歩の写真です。


ちなみにこれが中国のダサすぎる制服です。👇

そして广岛女学院の生徒たちが可愛くて元気です。今日はその時のチームメンバーからのメールを届いてきました。日本の女子高生と仲良くになれるなんで、まさか夢みたいなようです。

本題に戻ると、今回のワークショップの中ほんとによかったと思ってるのは、普段会えない人と会って、普段言えないテーマについて話し合って、みんなそれぞれの平和を願っている気持ちを伝えました。




今年の春広島の原爆資料館から出た後会ったある被爆者のおじさんの話「昔は外国の言葉がわからないし、世界中の人々が一緒に交流機会も少ないので、戦争になりました。これから皆んなが話し合い、譲れ合い、お互いに仲良くなっていつか平和を訪ねてくれます。」
渡邉先生のレクチャーからも、情報をSHARINGすることが今の時代におけるデータの意義だと考えます。


今自分も出来る限り頑張っていきたいと思って研究方向をまた変えましたー。平和学習における戦時中の人々の感情についての理解促進するために、当事者や第三者の証言からグーグルアースでデジタルアーカイブを作って、日本と中国の学生が一緒に平和学習できる場を設けたいです。これからも、世界中の平和を願っている人々、出会いのとや交流機会を設けていきたいです。
高校生の皆んながまだまだ若いので、彼女たち今後の活躍を期待しています!

今週のゼミは充実なので、終わったのは16:30時です。研究生、B4M1それぞれ自分の研究について発表しました。みんなが順調に研究を進んて論文を書き始めようとしているので、これから苦戦するかもしれません。今日も体調不良で休んでいる人もいました。最近、ますます寒くなりましたので、体調管理には是非お気遣いください。

代わりに論文を書いてくれるAIを望むことは、ないものねだりですが、学校の防災訓練は本当に改善してほしいです。

これは福井くんの分野ですね!

以下は番宣です。
「福井くんの初テレビデビュー」

13日(月)650700
朝の番組ZIP!ZAWAZAWA
ぜひご覧ください!

はい、以上です!
変な日本語すみません。

次回与那覇さんの美しい言葉を楽しみにしてください!

週報 171102





B4の花岡です!!

年度末が近づいてきて卒業制作と卒業論文に追われる毎日を過ごしています。
僕は相変わらずファッションコーディネートに関する研究をしており日夜ファッションを研究している方の著書を読む日々が続いております。


昨日から首都大学東京南大沢キャンパスでは大学祭が行われていますが、私たちネットワークデザインスタジオでは今週もいつも通り通常のゼミが開かれました!!!


本日のゼミにはメディアアーティスト、妄想イベンテーターなどのお仕事をされている市原えつこさんがお越しくださいました。

冒頭のとてもインパクトのある動画のセクハラインターフェイスでおなじみの市原さんですが、他にも様々な作品を作られていてその作品について色々お話押していただきました。

中でも私たち研究室の中で好評だったのがこちらのデジタルシャーマンプロジェクトという作品です。




この作品は市原さんが提案する新しい弔いの形です。
家庭用ロボットのペッパーくんに死後49日間死者の魂を憑依させ流というものです。
あらかじめ読み込んでいた口癖や仕草、顔のデータを利用して作成したデータを読み込ませる形となっています。
動画でもわかるように死者の死後49日目には魂が昇天して行ってしまうという演出も組み込まれており死者との再会の嬉しさの最後には消えてしまうという少し儚い一面も持っています。

市原さんはもともと某Y社にてデザイナーをされていたそうなのですが現在はフリーランスのアーティストとして活動されております。

本日の講義では作品フリーとして活動していく際の自己PR手法やコンペで賞を取れるコツなど実際にアーティストとして活動している市原さんならではのお話も聞くことができました!。


講義の後は研究室のみんなと一緒に自撮りまでしてくださいました。

市原えつこさん撮影

市原さん今週のゼミではありがとうございました。



さて話は変わりますが本日M1與那覇さんとM2早川さんがゼミを欠席しておりましたがそれにはわけがあります。

お二人の活動の一環である恋も選挙も情報戦という選挙活動と恋愛を結びつけた作品がマニフェスト大賞で優秀マニフェスト推進賞<市民部門>という賞をいただきました。
お二人は本日その授賞式のため欠席していたというわけです。

授賞式での様子


與那覇さん、早川さんおめでとうございます!


今週はこの他にも先生にみっちり研究に関して指導して頂いたりなど自分も色々なことがありました。2017年も残り2ヶ月となってきましたが年末までノンストップで頑張っていきたいと思います。


以上B4花岡がお送りしました!!