20100608

,

シクロイロにインタビューを受けました #cicroiro

大島出張から無事帰ってきたwtnvです。大島の件は学生たちからまた改めて報告があると思うので、先週金曜日に東京理科大の藤代健介さんたちのチーム、シクロイロに受けたインタビューについて。

Ustreamは以下です。冒頭ちょっと音がちいさいですが、6分くらい経ったころから適音になります。



母校の学生たちのインタビューということもあり、取材を受けているというよりはレクチャーしているような雰囲気の語り口になっています。これまでの活動のおさらい、という意味では文化庁メディア芸術祭の受賞者プレゼンテーションにも通じますが、あれよりさらに学生向けの話し方になってます。

インタビュー内容は上のUstreamを観ていただければ良いとして、インタビュー後に話したことを少し紹介。お互いに「建築」という共通の根っこがあるので、聞く側・語る側ともになんとなく安心感があり、一見会話が成り立っているようにみえる。とはいえ現時点での僕の生業は、ゲームやネットワークコンテンツなどポップなものをベースに成立しており、学生時代にイメージしていた「建築」とはかなり遠いところに居る。そして、いまのスタンスを当分は変えるつもりはない。そんなことを話したように思います。

シクロイロの皆さんがこういった活動の目標をどのあたりに置いているのか、が今ひとつ分からなかったのですが、楽しいひとときでした。こうして色んなかたにインタビューしていく中で、目標が自然と見えてくるのかも知れません。ともあれお疲れさまでした。藤代さんたちの今後の活動に期待しています。(wtnv)