20100129

, ,

(展示)文化庁メディア芸術祭|サイバーアーツジャパン・アルスエレクトロニカの30年

以下、これまでも随時お知らせしていますが、まとめです。

来週からはじまる文化庁メディア芸術祭(2/3~14、国立新美術館)サイバーアーツジャパン-アルスエレクトロニカの30年(2/2~3/22、東京都現代美術館)にて、Google EarthとSecond Lifeを活かした、3点のネットワークプロジェクトを展示します。文化庁メディア芸術祭では、2/10 14:00より、文化庁メディア芸術祭「受賞者プレゼンテーション」に出演します(渡邉英徳原田(鈴木)真喜子高田健介)。

お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。展示される作品は以下。


ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト



海面上昇による国土消失の危機が話題になっている、南洋の島国「ツバル」に生きる人々のポートレートと風景写真を、デジタル地球儀「Google Earth」を活用して可視化するプロジェクト。今年度の文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出。(首都大学東京 渡邉英徳研究室×特定非営利活動法人ツバル・オーバービュー)


世界のメディアアートフェスティバル on Google Earth



世界中のメディア芸術関連のイベントをGoogle Earth上にマッピングし、臨場感を持って閲覧できるようにしたもの。写真共有サービスFlickrとも連携しており、世界中のひとびとがインターネット上にアップロードしたイベント写真をリアルタイムに収集し、衛星画像と重ねあわせて閲覧することができます。会場では、超高解像度4Kモニタを使って上映。(渡邉英徳・畑中朋子・岡田智博・三輪聡美)


アルスエレクトロニカ・アーカイブ in Second Life



オーストリア・リンツで開催される「アルスエレクトロニカにおける、歴代の日本人受賞作家に関する情報を、仮想世界サービス「Second Life」で閲覧できるようにしたものです。ウェブカメラやtwitterとの連携機能も備えており、二会場を仮想世界でつなぐ試みも行います。

制作:渡邉英徳
原案:森山朋絵
音楽:高田健介
制作サポート:阿久津由美・大門礼佳・北原和也・高田百合奈・中丸由貴

受賞者プレゼンテーション

2/10 14:00~14:45、文化庁メディア芸術祭会場内のプレゼンテーションスペースにて45分間のプレゼンテーションを行います。
来週は卒業制作の発表も!お祭り月間です。(wtnv)

20100127

, ,

アルスエレクトロニカ・アーカイブ完成

先日より構築をすすめてきた「アルスエレクトロニカ・アーカイブ in Second Life」が完成しました。


1987 - 2007年までの日本人受賞作家の作品がアーカイブされています。飛び出てきたサムネールをクリックすると、アルスエレクトロニカ公式サイトの詳細なディスクリプションを表示。データが載っていない年に関しても、今後構築を進める予定。

空中のアイコンキューブをクリックすると、操作しているひとの顔がライブカメラで映し出されたり(ムービーでは私の顔が映ってますが)、twitter上でのアルスエレクトロニカに関するつぶやき群なども表示されます。


サイバーアーツジャパン・アルスエレクトロニカの30年」(東京都現代美術館)、文化庁メディア芸術祭(国立新美術館)で同時展示され、二会場をオンラインで結びます。文化庁メディア芸術祭では、審査委員会推薦作品「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」と「世界のメディアアートフェスティバル on Google Earth 4K」も展示。大忙し。 皆さんのご来場をお待ちしています。

制作:渡邉英徳
原案:森山朋絵
音楽:高田健介
制作サポート:阿久津由美・大門礼佳・北原和也・高田百合奈・中丸由貴

(wtnv)

20100123

, ,

世界のメディアアートフェスティバル on Google Earth



毎年恒例となりつつありますが、世界中のメディアアートフェスティバル情報のGoogle Earthマッピングデータを公開しました。
審査委員会推薦作品に選ばれた「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」と同じく、文化庁メディア芸術祭にて展示されます。今年は超高精細4Kモニタで展示予定。ぜひ会場でご覧になってください。



制作メンバーは渡邉英徳・畑中朋子・岡田智博・三輪聡美。「Media Art in the World」コーナーには、東京都現代美術館「サイバーアーツジャパン・アルスエレクトロニカの30年」にて展示される「アルスエレクトロニカ・アーカイブ in Second Life」も設置されます。(wtnv)

20100119

,

卒制ウェブサイト/アルスエレクトロニカ展twitter



先日の卒展ボットに引き続き、卒業制作展のウェブサイトが公開。デザインは渡邉研の高田健介君が担当。渡邉研の学生たちの出展予定作品もリストされています。というか茂木君の作品以外は、初耳なタイトルだったりすることは秘密。中身は把握してるんですが。以下、各自のブログにリンクしてます。
あと10日ちょっとです。皆のがんばりに期待しています。



もうひとつ。アルスエレクトロニカ・アーカイブ in Second Lifeを出展する、東京都現代美術館「サイバーアーツジャパン―アルスエレクトロニカの30年」展twitterアカウント運営をお手伝いしています。現在、ニュースやブログ記事、つぶやきの自動収集機能付き(自動RTは頻度が高すぎるのでOffにしました(2/7追記))。今後いろいろと機能が付加されていく予定。(wtnv)

20100118

,

(ツンデレ)(侍)首都大IAコース卒展ボット on Twitter

首都大学東京システムデザイン学部インダストリアルアートコースは、初の卒業制作展を開催します。卒展に関するいろいろをつぶやいてくれるtwitterボットが二体公開されています。



(以下、制作者による説明を転載)

各botに、ハッシュタグ「#ia4」をつけて・・・

@IAjirou(じろうまる)
→卒展に関する告知を投げかけてみて下さい。
そのリプライを、卒展の告知として広報してくれます。4年生からの伝聞のように、リプライ内容を引用して発言します。

@IA08_bot(ツンデレbot)
→卒制、卒論に関する"ぼやき"をなげかけてみて下さい。
ツンデレっぽく反応してくれます。こちらは4年生でなくとも使えるかもしれません。
作業疲れの癒し(?)…にでもどうぞ。

(以上)

ちょうど3年生にこの課題を出してたこともあるのですが、愉快なものたちが生まれてきて嬉しい限り。制作は3年の大門さん、2年の神谷さん為廣さんです。(wtnv)

20100115

,

アルスエレクトロニカ・アーカイブ構築中

1/15更新:
  • ライブカメラ機能実装。操作している人の顔を5秒ごとに中継。ちなみに以下のムービーに登場するのは作業に疲れきった私の顔。恐縮。
  • wtnv研の高田健介君がSIGGRAPH Archive用につくってくれたサウンドを実装。三年生の総プロメンバーによるアーカイビング作業はほぼ完了。
  • マウスルックモードのほうが展示向けかも。本番用インターフェイスにはプレステのコントローラを使う予定。



1/10更新:メディアブラウザ実装(おそらく最終仕様)。あと1987-1991の日本人作家受賞作品を組み込みました。ムービーはこちら

1/9更新:
twitter検索結果とアルスエレクトロニカ公式サイトの表示機能を付けました。ブラウザ機能を果たしている「板」の大きさ、挙動などまだ要検討。SEも付いていません。ムービーはこちら

1/7更新:1987年の日本人作家受賞作を組み込みました。ムービーはこちら



こちらで告知した、2月からの「サイバーアーツジャパン アルスエレクトロニカの30年」(東京都現代美術館)」で展示予定の「アルスエレクトロニカ・アーカイブ」をさっそく作りはじめました。



SIGGRAPH ArchiveLaval VRchiveと経験を重ねてきたので、デジタルアーカイブ in Second Lifeの構築にだいぶ手慣れてきた感があります。構築作業はustreamとtwitterで中継しています。作業中に@taniguchiBETAさんがSecond Life内にご来場されるというハプニングが。まさに2010年ならではの出来ごと。



現状、1979年以降のCyberArts(Prix Ars Electronica)カタログの表紙をスキャン+アップロードし、モーションとパーティクルを仕込み終えたところ。明日以降は各々の表紙にコンテンツとインタラクションを仕込んでいきます。(wtnv)

20100103

,

2010年3月までの予定



あけましておめでとうございます。いつのまにやら年が明けていましたが、今年もまた慌ただしく過ぎていきそうな予感満々です(まだ正月二日なのに。

以下、1月~3月の予定です。確定分。

1/23
お台場うみあるき」開催 - 東京大学公共政策大学院・海洋政策教育研究ユニット『うみあるきICTプラットフォーム構築プロジェクト

2/2 - 3/22
サイバーアーツジャパン アルスエレクトロニカの30年」(東京都現代美術館)にて「Ars Electronica Archive in Second Life(仮)」を展示

2/3 - 14
第13回文化庁メディア芸術祭」(国立新美術館)にて「ツバル・ビジュアライゼーション・プロジェクト」および「Media Arts in the World」を展示

2/5
卒業研究/卒業制作学内発表会(メディアアートコア)

2/11-14
卒業研究/卒業制作学内展(日野キャンパス)

2/26-28
ギャラリー・ルデコにて展覧会(wtnv研+インダストリアルアートコース学生有志+SONY CSL有志)

3/19
卒業式(インダストリアルアートコース初です)

3/22-28
野毛hana*hanaにて展覧会(wtnv研+インダストリアルアートコース学生有志+SONY CSL有志)

2009年度も残り少なくなりました。ドライブ掛けていきましょう、というか掛けざるを得ない状況。(wtnv)