20090830

「サマーウォーズ」感想



こんな研究室を運営している割に「サマーウォーズ」にはそれ程興味が沸いてなかったのですが…予告編を偶然眼にして”こりゃ観なくては”という気分になったところに、教え子や首都大同僚の@doctaさんに「あなたが観ないでどうする」と背中を押され、そしてtwitterにてしらいさんにお誘いいただくなど勢いづき、お台場デート兼ねて観に行ってきました。


以下、感想を羅列的に。ネタばれもありそう。

序盤、仮想世界の描写にまず引き込まれる。アバター・仮想商店街などなど、いみじくも過去のSecond Lifeに関する報道で何度も使われた概念群が、とても魅力的に描かれている。おそらく各々の単語の意味は分からなくても、誰もがこのチャーミングな世界に”行ってみたい”気になるはず。サービスへのアクセス手段もPC・ケータイ・iPhone・NintendoDSと、きめ細かく網羅されていた。「仮想世界サービス一般」のプロモーションムービーとしても、とても良くできている。リンデンラボはじめサービス運営元は、このくらい楽しげな打ち出し方をしないと駄目なんじゃないか。

セキュリティ・共有知・プライバシー・ネットイベント・犯罪・炎上・人工知(無)能などなど、現在のインターネットにみられる諸事象が、ストーリー中で至極平易に紹介されていることに感心した。こういう物事を扱う場合、下手すればただの解説に終始してしまう。しかしこの映画ではすべてが無理なく美しく、終盤へ向かう盛り上がりに沿って”誰にでもわかる”ように表現されており、とても教育的。自分の学生たちにもぜひ見せたいと思った次第。勘のいい子なら、1年分の講義の骨子はこの映画で学ぶことができるかも。

さらに、登場人物たちが過ごす日常と、仮想世界における出来事の重なりあいかたが絶妙。主人公ら、仮想世界が日常にどっぷり浸み込んでいる人々。対照的に「それってゲームでしょ」と距離を保つ人々。そして、次々と起こる事態に翻弄される世界を俯瞰しつつ、電話や手紙、あるいは対面で事態の収拾をはかる祖母。彼女はさすが年の功というか、状況に応じた最適なコミュニケーション手段を迷わず執っている。世界をかたちづくっていくのは、情報に載せられた(人の)意思であり、情報そのもの、さらには情報伝達手段そのものではない、ということだろうか。

そういったポジティブなメッセージに呼応するように、科学技術、そして先輩の女生徒との恋や田舎の夏休みなど、懐かしき「ジュヴナイルSF」としての道具立てが揃っている。実際こちらの期待を裏切らず、好奇心からスタートした「効率」と「論理」が世界を席巻したようでいて、最後には人々の「意思」が事態を収拾する・・・といった具合に、いかにもジュヴナイル的にきれいにストーリーテリングされていた。かつてそういう類の小説を読んで育った世代(=僕ら)をターゲティングしているのかも知れない。といいつつも、隣席に座っていた女子中学生たちにも確実に通用していた。彼女らはアバターのデザインにいちいちウケつつ、キス(未遂)シーンではキャーキャー騒いでいたくらい。とても分かりやすいサンプル。

設定そのものは2009年時点で普遍的なものであり、あっというまに陳腐化するかもしれない。遠未来に向けてドライブを掛けてくれる映画ではなく、取りあえず今日明日くらいのレンジで一所懸命やりましょう、といった雰囲気。そういう意味で射程距離が長いわけではない。ストーリーもジュブナイルぽいと感じるくらいに正統派で古臭く、新味はない。しかし「2001年」がいまや永遠に到達できない未来となったように、この映画は、観た人々の心のなかに「いつまでもやってこない明日」として残っていく気がする。遠い未来に照準を合わせたとしても、いつか”その時”はやってきてしまう。日常がどんどん書き代わっていく今、射程を縮めて極々近未来の「今日明日」を濃密に描いたほうが、力強い作品をつくりだせるのかも知れない。

それにしても、映像系に限らず、何かを制作する仕事に携わっているひと・そういうひとになろうとしている学生たちはぜひ観るべきだろう。ガラガラのシネマメディアージュにして、スタッフロールが終わるまで誰も席を立てないくらいのいい映画だった。元気を貰えてよかった。(wtnv)

20090829

サイドバーにtwitterウィジェットを入れました

開設以来ずっとレイアウトを変えていなかったので、サイドバーにtwitterウィジェットを加えてみました。本来はスタジオ名義のアカウントを取得すべきでしょうが、まずは実験的にwtnvのアカウントで。twitterでは情報シェア以外にも、学生たちに関することをよく囀りますから、まあいいかと。



自身は以前はてなダイアリーを愛用しており、昨年は作品展示やレクチャーなどの記録も専らそちらに書いていました。しかし最近はまったく更新せず、twitterログの蓄積場になっています。日々徒然的なことを書く時間や気力が無くなってきたからですが・・・。

一方、このスタジオブログは学生と共著していることもあり”何か書かなきゃ”というプレッシャーがなく、健康的な緊張感を持って更新できています。共有メディアとしてのこのブログの寿命はかなり長そうです(まだ半年経ってませんが)。とかいいつつ、当初サイドバーに据えたtwitterのボリュームが次第に大きくなって、そのうちメインコンテンツになってしまいそうな予感もします。(wtnv)
,

週報20090826

こんにちわ。
今週週報担当の鈴木です。

今週木曜日、久し振りに研究室にメンバー全員が集まってのミーティングがありました。
中には1か月半ぶりという人もいてとても新鮮でした。

今回のミーティングでは、9月15日締切の映像コンペの紹介と、4年生・研究生の残り半期の過ごし方、卒業制作のチェック行程などの説明を受けました。

そして掃除。久しぶりの掃除です。
とはいえ、私はすることがなかったので、棚の備品管理などを行っていました。

そのあとみんなでぼんくら(ラーメン)に行き、和気藹藹とラーメンを食べ、解散といういたって普通のミーティングでした。

以上、今週の週報です。






















これでは短すぎてタブーと思うので、私が最近考えている進路についてお話します。
とりあえず、最近は公務員(独立行政法人)で働きたいと思うようになってきました。
もう行きたいところはあるのですが、修士を卒業するまで口外はしません。



最近の人生のテーマは『今の環境でできる最大のことをする』です。
今の環境を壊して違う世界に行くという考えを無くしました。
最近は3年後を考えて、10年後を考えての今になりつつあります。


また、卒業制作も考え所です。前期は我が第二の故郷バングラデシュの情報を収集してきたのですが、いまいちピンとくるものがありません。
CSRなどで企業さんが頑張っているのも調べたりしているのですが、いまいち琴線に触れません。


今度、ベンガル人の友人にアドバイスをもらおうかと考えている今日この頃です。


来週の週報はU1さんです。
後期もよろしくお願いします。



そして今、茂木君からのリクエストに気づきました。

え~、面白いこと、面白いこと。。。
最近世界陸上で賑わっていますが、以下のニュースをご覧になったことはありますか?
http://izismile.com/2009/08/19/210_lb_female_samoan_shot-putter_participated_in_world_championships_100m_11_pics.html

サモアの砲丸投げの選手が100mに出場w
私はこのガッツに敬服します。

サモアはツバルとともに南太平洋の島国。ツバルでもサモア人の友達ができたぐらい、南太平洋の島国同士の交流は盛んなんでしょう。

ところで、彼女の体重95kg、確かに日本人の感覚からしたら重いのですが、これは南太平洋諸国の平均体重よりは軽いと思います。
私がホームステイしたおうちのお父さん104キロ、お母さん100キロでした。
そして彼らの体重は脂肪でなく筋肉!!!!!

運動神経めっちゃいいです。

とくに面白いわけではないのですが、ちょっとそそられるニュースでした。(鈴木真喜子)

20090821

,

週報20090821

20090821 23:18
遅くなりました今週の週報担当の茂木です。


今週は大学院試験も終わり、またお盆ということもありwtnvスタジオや他の研究室も静かでした。
そこで今回はちょっと私の夏休みを紹介します。


ちょっとしたきっかけで私、三日ほど小笠原の父島に行くこととなりまして先生や鈴木さんのようにGPSキットを持って行き、沢山とは言いませんが写真を撮ってまいりました。ここで少し紹介します。


これは25時間という過酷な船旅の後に最初に到着した大村海岸という場所の写真です。サンゴの砂浜です。


資料館の裏手にあるクジラの模型?です。


遊歩道から見た父島の町並み。


展望台から見た夕日です。曇りだったのが少し残念。


のべ300枚ほど写真を撮ってきました。GPSのログと同期させたマッピングはこれから行う予定です。
ちなみにスタジオメンバーには海岸で拾った天然の瑪瑙をお土産として用意しております。



皆さん私の質問に答えていただいてありがとうございます。
さて次から四週目に突入の週報です。鈴木さんにはぜひとも土産話を聞いてみたいです。何か面白い話があったらお願いします。

それではまたの機会に。(茂木俊介)

20090819

発表募集:情報処理学会グラフィクスとCAD研究会

運営委員として初仕事(?)の「情報処理学会グラフィクスとCAD研究会」発表募集のお知らせです。二日目にはここで書いた元・日産自動車のカーデザイナー、山下敏男さんの招待講演も予定されています。締め切り延長で8/31までになりました。ふるってご参加を。(wtnv)

主査: 山口 泰 (東京大学)
幹事: 柿本正憲 (日本SGI),乃万 司 (九州工業大学),栗山 繁 (豊橋技術科学大学),伊藤貴之 (お茶の水女子大学)

情報処理学会グラフィクスとCAD研究会では,下記のように第137回研究発表会を開催いたします.奮ってご発表申し込みを頂きますようお願い致します.

日程:

平成21年11月5日(木)~6日(金)

場所:

首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス


テーマ:

ユーザーとの協調・連携,CG教育,およびCG一般

招待講演:

「デジタルリードデザイン開発」 首都大学東京 教授 山下敏男

趣旨:

特集テーマは「ユーザーとの協調・連携,CG教育,およびCG一般」です.CGに関する研究は,究極的には市場で使われることを目指していますが,現状では研究界と現場の間には隔たりを感じることもあります.そこで今回の特集として、研究成果をユーザーである映像デザイナーや一般消費者の役に立ててもらうための活動にフォーカスした論文を募集いたします.例えば
  • 研究プロセスの中にどのようにユーザーの意見や要望をとり入れたかといった方法論
  • 過去の研究成果を,どのような形で世の中に発表し,ユーザーを獲得したか,あるいはしようとしているのか
  • 市場化に際してどのような未解決の課題があるのか
などに焦点をあてた論文を募集します.

また,この数年のグラフィクスとCAD研究会ではCG教育をテーマとする発表会を企画し,好評を得ております.今年も教育研究・教育事例・教材開発・評価方法に関する発表・意見交換・情報収集を視野に入れて,この第137回研究発表会をCG-ARTS協会と共催する予定です.

さらにCG一般セッションも設定致しますので,特集テーマにこだわらずに発表申し込みを頂きますようお願い致します.一般論文の内容を持ち,考察部分で特集テーマに沿った考察を加えて頂くことも歓迎いたします.

発表申込〆切:

8月21日(金) [e-mail必着] 8/31まで延長されました

原稿送付〆切:

9月下旬(予定)

参照URL:

研究会Webサイトをご参照ください


発表申し込み要領:

以下の発表申込書に必要事項をご記入の上,担当委員3名 (下記参照) 宛てにメールでお送りください.メールの件名 (Subject) は「GCAD-137講演申し込み」としてください.申し込みを受け付けた際には,数日以内に確認のメールをお送り致します.確認のメールが届かない場合には,お手数ですが,申込書をご再送下さいますようお願い致します.

担当委員 (お問い合わせ先):

大和田 茂(Sony CSL) sowd @ acm.org
竹内龍人(NTT) tatsuto @ apollo3.brl.ntt.co.jp
渡邉英徳(首都大学東京) derin @ photon01.co.jp

---------- 発表申込書 ----------

To: sowd @ acm.org, tatsuto @ apollo3.brl.ntt.co.jp, derin @ photon01.co.jp
Subject: GCAD-137講演申し込み


11月5,6日 GCAD研究発表会 発表申込 (第137回)

タイトル:

発表者(所属)
# 筆頭著者以外が発表する場合は,発表者に○印をつけて下さい.
筆頭 (所属):
連名1 (所属):
連名2 (所属):
連名3 (所属):
連名4 (所属):

発表者資格:(ひとつを残して消してください)
情報処理学会 会員・非会員
グラフィクスとCAD研究会 登録会員・登録準会員・非会員

連絡先:
住所: 〒
Tel/Fax:
E-mail:

概要:(200字程度)

20090812

, ,

カーデザイナー×ゲームプロデューサー

首都大システムデザイン学部では、毎年秋に「システムデザインフォーラム」というイベントを開催することになっており、今年は私がゲスト講演や展示などの企画を担当しています。来年度からインダストリアルアート学域が新設されることもあり、今年のフォーラムには学域・コースのお披露目的な側面もあります。

まだ正式決定ではありませんが、ゲスト講演には和田智氏(カーデザイナー)、水口哲也氏(ゲームプロデューサー)をお招きすることに。お二人に、これまでの活動についてご講演いただいたのち、首都大側から元・日産自動車の山下敏男さんと渡邉英徳(司会)が絡み、トークセッションを行う予定。

4名は60代から30代まで年齢が散らばっており、このあたりも切り口になりそう。今日はひとまず山下さんと私で、セッションテーマについてアイデアダンプ。以下が本日のホワイトボードのようす。




まだまだ纏まりませんが、今後、ゲストの方ともセッションしつつ、当日に向けて収斂していくはず。イベントの詳細が正式発表になったら再度このブログでお知らせします。(wtnv)

20090807

,

週報20090807

20090807 19:30
みなさん、おはこんばんちは。
今週週報担当は倉谷でございます。

さて、アップが遅くなってしまったのですが、それほど今週は忙しい感じだったのです。
と言うか研究生である私と渡邊裕一君は山場である「大学院入試」がありました。

その他にもこのスタジオからは高田君と鈴木さんが院試への挑戦者(?)です。(もちろんこちらのお二人も山場です)
結果は来週発表なのですが、みなさんお疲れ様でした。
先生もお疲れ様でした。

こう書くと院試しかなかった週なのか?とお思いでしょうが、倉谷個人の予定で忙しい週でした。
7日締め切りのデジタルクリエーターズ コンペティション2009というコンペに出すために動画の作成を3日から取り組んでいました。倉谷は動画はたしなむ程度にしか制作したことがないので、てんてこまいです。
しかも院試とかぶっているのにもかかわらず3日から初めてしまったのでギリギリすぎて結局完成まで至りませんでした。
また後日“ばかじゃ”というコンペがあるので、そちらに移行です。出来上がり次第ブログやこちらにもアップさせていただこうかと思っています(本人の満足するものができれば)

そしてこのスタジオに先生から重要書物(笑)が多数導入されました。
倉谷はもちろん、メンバーのみんなや他の研究室の方々も読みにきて、さしずめ漫喫状態です。
読み漁っているとすぐに時間がたってしまいます。
そこで倉谷のつぶやき・・・


「才能がほしい・・・(いまさら)」


と、めまぐるしい(と勝手に思ってる)一週間を送りました。
来週はお盆休みと言う事で、すこし息抜き期間になりそうです。

お休み終わった後は気持ちを切り替えていきましょうー!!

最後になりましたが、茂木君・河原君の質問に答えていきましょう。と言っても倉谷はミーハーなのでふらふらといろんな人の影響を受けます。
これ!という人はいないんですが、一人あげてみるとすれば「黒田潔さん」でしょうか。
イラストが魅力的で、有名どころは装苑の表紙などをデザインされていたりします。
興味があれば一度検索してみてください。

そんなこんなで今週の週報終わらせていただきます。長々とお付き合いありがとうございました。

(倉谷直美)

20090806

,

毎日新聞ウェブ版に記事掲載

毎日新聞ウェブ版に、ツバルプロジェクトの記事が掲載されました


写真特集のかたちで、プロジェクトの狙いや将来イメージなどが丁寧に紹介されています。ぜひご一読を。(wtnv)

20090802

,

週報20090802

こんにちは、河原です。
2日もアップが遅れてしまい、申し訳ありません。
それでは今週の報告を。

まずは、渡邉先生と鈴木さんが無事、ツバルから帰還されました。
本来の予定であれば先週の金曜日にこちらに戻ってくる予定だったのですが、飛行機の欠便が重なり、今週の頭に戻ってきました。そんなトラブルもあったものの、二人とも真黒に日焼けして(鈴木さんはそうでもなかったかな?)元気そうでなによりでした。必要な材料もほぼ出そろい、これからツバル関係のプロジェクトがどう動くのか、とても楽しみです。

それともうひとつ、金曜日にグラフィックデザインレビュー+オープンキャンパスが開催されました。
画像が手元にないのが残念ですが、会場は受験生たちで溢れかえり、まるでお祭り騒ぎでした。
渡邉研究室ではツバルや黒川紀章プロジェクトなどの、今まで関わってきたプロジェクトや個人作品の映像を流しながら、高田君が熱心に説明してくれていました。
自分はというと、その裏でその日提出のレポートを必至こいて書いていたのですが・・・。
高田、どうもありがとう。

と、お察しの通り、前期の授業の課題提出ラッシュもいまだ続いています。
この研究室には優秀な人が多いのか単位を取り終えている人がほとんどなのですが、留年ギリギリで進級した自分にとって、今はまさに地獄・・・
この日々が早く終わってくれることを祈るのみです。

さて、最後に全体向けではなかったのかもしれないけど、興味深いので茂木君の質問に答えておこうと思います。自分は漫画家の弐瓶勉先生に強く影響を受けました。あの独特の世界観、大好きです。それとミュージシャンのBOOM BOOM SATELLITES、この人たちの世界観にもかなり影響されていますね。
次の倉谷さんも、よろしければ教えてください!それでは。

(河原隆太)