Skip to main content

Posts

Showing posts from June, 2017

週報170622

「今日はいい天気。」  昨日の記録的な悪天候を思い返すと余計にそう感じられます。ちなみに自分は台風のごとく吹き荒れる雨風に唖然としながら駅出入り口で集団雨宿りをしていました。  雨宿りの時間が勿体無いのでtwitterを見ていると、渡邉先生の「台風リアルタイムウォッチャー」が目に留まりました。浸水・冠水を表す青いマーカー、強風を表す赤いマーカーの位置から、太平洋側に帯状に被害が集中していることが見て取れます。一方「観測史上1位の1時間雨量」と報道されていた和歌山県には、ほとんどマーカーがなかったのが意外でした。  このようなデータの視覚化により、新しいことに気付けたり、新たな疑問を持てるのが非常に魅力的です。


本日に戻ります。研究室でしばらくしていると、いきなり渡邉先生の口からビックニュースが!

 なんと沖縄戦前の古写真をAIでカラー化するプロジェクトが朝日新聞と沖縄タイムスの一面トップを飾ることになりました。新聞の一面記事をこんなに身近に感じるのは久しぶりです。朝日新聞大阪本社から掘り返された沖縄戦前の写真をAIにより自動着色、そこに渡邉先生自身が色を重ねて一層生き生きと。カラー化した写真は元が白黒写真とは思えないほど極めて自然に見えました。

 このプロジェクトにより「人間とAI」「人と人」「過去と現在、未来」多くのコラボレーションが生まれます。沖縄タイムスを休職してM1として渡邉研に所属している與那覇里子さんは現在の沖縄を取材することで戦前の色を取り戻そうとしています。このプロジェクトはまだ始まったばかりだとそう感じさせてくれます。

 沖縄戦慰霊の日である6月23日の朝日新聞沖縄タイムスに記事が掲載。また、與那覇さんの執筆記事も朝日新聞デジタルに掲載されています。沖縄で生きてきた與那覇さんならではの視点で書かれています。




クックパッド企業説明会食は人を豊かにします。人は食を豊かにします。人は食を通して人と繋がります。
その関係を大事にしている企業がクックパッドさんです。午後からはクックパッド株式会社の方々が企業説明会を開催してくださいました。
 ところで、クックパッドさんでは渡邉研伝説のOBがご活躍されているそうです。その方が佐野大河先輩です!学内展でお会いしたことがあるのですが、防災情報アプリ「My防災ノート」やお出かけ情報アプリ「Ékocca」など人々の生活に寄り添ったア…

週報 170615

入学当初は黒髪ロングだったのに気がついたら金髪ショートになっていました。 ヤンキーではありません 増田琴美です。
今回は  ・B4の進捗発表  ・横根出張の反省会  ・自分の研究の進捗(※長いです) の3つでお届けいたします。
■B4の進捗発表  我々B4が研究室に配属されてから、早2ヶ月が経ちました。  それぞれが就職か進学かをある程度決め、 あと1,2ヶ月で中間発表という段階にきました。  もう一度言います。あと1,2ヶ月で中間発表です。  時が経つのは早いですね。発表前日にヒイヒイ言わないよう気をつけねばと思う日々です。  ちなみに大学院入試も間近ですので、毎日怖くて夜しか眠れません。
 さて、B4の特徴は「それぞれが興味・関心の向くものに関する物事を深く考え、調べていること」だと感じております。  「このプロダクトを作ろう!」「この技術をどう活かそうかな?」よりも先に、  「これについて興味があるから徹底的に調べて追求しよう」という傾向が強いです。  故に、それぞれが身につけている全く異なる分野に関する知識を一つに繋げれば  ものすごい何かが生まれるのではないかなとぼんやり感じております。  たまらないですね。言葉の定義を人に押し付けるのは嫌ですが、  私としてはこれぞ研究だ と楽しんでおります。  好きなものをそれぞれが自由且つ真面目に突き進める感じ、とっても好きです。
 一部ご紹介します。こちらはドローンを研究している渡邊君の発表です。  先生の笑顔を盗撮しているみたいになってしまいました。盗撮していません。無音カメラでしたが...。

 こちらは自動販売機を研究している水落君の発表です。  自動販売機の研究から何が生まれるのか 個人的にとても気になっております。

 また、B4は普段皆で話すことが中々ないのですが、今回のゼミの後に先輩方と共にお酒を嗜みました。  お酒を嗜むというと綺麗な言い方ですが、実際は居酒屋に飲みに行っただけです。  これからも少しずつ親睦を深められたらと思っております。


■横根出張の反省会  先日(6/10~11)、いつもお世話になっている横根地区へ出張しました。  代が入れ替わってから初めての横根出張を終えたため、  このタイミングで反省会を行いました。
 それぞれがやりたいことや今後のビジョンが明確になり、大変有意義な会でした。  中心となって引っ張ってくださった山浦さん、本当にありがとうご…

「ユギ・アーカイブ」の制作:Web基礎グループ課題

Web基礎最後の課題は,グループで取り組む「ユギ・アーカイブ」の制作です。


みなさんが通学する南大沢キャンパスは,八王子市由木(ユギ)地域のなかにあります。南大沢駅からキャンパスに至る狭い範囲の外側には,さまざまな歴史・文化が積み重なっています。さらにこのエリアには,街の人々の生活に溶け込んだ公園も多数あります。

今回の課題では,みなさんがこれまで「知らなかったユギ」を見つけ出し,ウェブにアーカイブして発信してください。この課題は2年前から継続されており,今後も継続される予定です。未来の後輩たち,そして地域の記憶の土台となるような提案をお待ちしています。
「アーカイブ」という課題ですが,必ずしも「ヒロシマ・アーカイブ」のような地図表現にこだわる必要はありません。ウェブコンテンツとともに「アクティビティ」を展開してください。資料館などでの資料収集,地域の人々へのインタビューなどを活動に組み込み,多元的なデータを集めて制作してください。スケジュール
6/12 課題説明・チーム分け適宜,ゲストレクチャ予定7/03 中間提出7/23 24:00 課題提出.7/24 講評会.優秀作品は公開する可能性があります. 

「みえない東京」をARアプリで表現する:ネットワーク演習実習課題

AR(拡張現実)技術をもちいたスマートフォンアプリが,広く普及しはじめています。こうしたアプリでは,実空間を映すカメラビューに,情報空間のデータを重ねて表示することによって,ユーザに利便性を提供しています。

現在,ナビゲーションアプリに代表されるように,AR技術はもっぱら「実用」的な情報を実空間に付加するために用いられているようです。しかしこうした実用的なアプローチでは,技術が持つポテンシャルを活かしきっているとは言えないのではないでしょうか。

例えば,AR技術を「表現」の技法として用いることによって,「実用」の枠を越え,我々の日常を「異なる視点」から眺め返す手段を,世界に生みだすこともできそうです。渡邉研で制作した「ヒロシマ・アーカイブ」「ナガサキ・アーカイブ」のARアプリでは,「過去の戦争の記録」を「現在の街並み」に重ね合わせることによって,日常の風景を異化することを試みています.

今回の課題では「みえない東京をARで表現する」ことをテーマとします。この「みえない」には,文字通り「不可視のもの」はもちろんのこと「見えているのに見過ごしているもの」「多すぎてみえなくなっているもの」なども含みます。そうした「みえない東京」を見つけ出し、AR技術を活用して可視化してください。

また,自治体におけるオープンデータ活動も盛んになってきています。今回の課題では,自分たちで集めたデータに加え,こうしたオープンデータも積極的に活用し,制作に取り組んでください。
3〜4名のチームで共同制作します。iOS用のARライブラリを使ってアプリを制作します。自治体等から提供されているオープンデータも積極的に活用すること。最終成果はApp Storeで公開します。7月末に最終提出です。

アイドル,ドローン,ファッション...私たちの研究をつなぐもの 週報20170608

肌を触る風がほんのり冷たくなり始め,研究室から見える木々のゆったりとした揺らぎに癒されています。通学路のアジサイは満開で,梅雨の訪れが近づいていることを感じさせてくれます。  沖縄の新聞社を休職し,今年4月から大学院に通う私にとって,10年ぶりの東京はなにもかもが新鮮です。



 6月8日のゼミは,学部4年生,大学院,研究生の16人。論文を読んだり,近しい研究分野のアプリを使って分析をしたり…。1週間,それぞれが試行錯誤した足跡をまとめ,研究の内容や自分の考えを渡邉先生にぶつけていきます。  渡邉研究室の研究テーマは,SNS,ドローン,防災,自動販売機,ファッション,文化,アイドル,観光,地域,選挙など多岐にわたります。なぜ,これだけ幅広いテーマが一つの研究室に集まっているのでしょうか。


 実は,ゼミに身を投じると,バラバラにみえるテーマも,何かしら繋がっていることに気づきます。テーマだけに焦点を当てると抽象的でも,仲間の発表を聞き,議論するうちに,それぞれの研究の共通点が浮かび上がってくるのです。
 そして,自分の研究の新たな切り口を見つけるきっかけにもなります。"ネットワーク"という大切なキーワードでそれぞれの研究が繋がっていることを体感できる毎回4時間の学びは,まさに財産です。


 「最初からアイドルの研究しかないと思いました」。
 力強い声でこう説明したのは,4年の増田琴美さん(通称・こっとん)。

 今回のゼミのゲストで,ネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」のビジネスアナリスト酒澤和嗣さんから「なぜ,アイドルの研究なのか?」と質問を受けました。
 増田さんは,地下アイドルに興味関心を持ち,秋葉原に通い,アイドルに関わる文献を探して読み,インサイトを毎週発表しています。

週報170601

初めまして。研究生の岑天霞です。よろしくお願い致します。
今日、品川女子高校の先生が第一希望は首都大の生徒二人を連れて来てゼミに参加しました。
ゼミの後二人の感想を聞いたら、「一番面白いのは研究室の一人一人は違う研究をしてますのに、どんどん繋がっていきます」、「大学の研究は今やっている高校の研究延長線上にあると考えられるのは興味深いです」と言いました。

私もこれを実感しています。日本では生徒が それぞれのテーマを設定して研究活動を行うが、中国では先生が研究テーマを決まります。特にうちの研究室は、自分好きなテーマを見つけて、研究を進んで行く間にその専門知識を身につける事が出来ます。このように生徒たちの未熟さを承知で自由な発想を許し、 拘束のない環境で研究をさせてくださったのです。今自分がいかに恵まれていたのかを自覚した。

来週Liquid Galaxy設定準備のため、午後が花岡さんからインテリアデザインをやってもらって、みんな一緒に研究室の配置を変え、片付けもしました。久しぶりに肉体労働したら、けっこう気持ち良かったんです。みんなお疲れ様でした!

これからいろんなコンテンツをLiquid Galaxyで見えますので、お楽しみに!


そして今日から6月に入り、あっという間に今年の半分が終わりました。年初に立てた目標、どれくらい達成できていますか?残り半年をどのように過ごしますか?私が考えています。
研究室の何人も会社の内定をもらいました。おめでとうございます!👏

以上、岑天霞でした。