Skip to main content

Posts

Showing posts from 2019

シリアスゲームを通したデジタル・アースアーカイブ作成による児童の地域理解促進

ご無沙汰しておりました。
首都大学東京大学院ネットワークデザインスタジオ修士2年 山浦徹也です。
この投稿では、自分の修士研究についてご報告します。

自分は児童の地域理解を促進するためにシリアスゲームを通してデジタルアース・アーカイブを作成する学習プログラムを開発しました。
 2017年からネットワークデザインスタジオおよび東京大学渡邉研究室では、山梨県南アルプス市と共同研究を進め、市民に向けて、市内の歴史・伝統文化をまとめたデジタルアース・アーカイブを開発・活用方法を検討してまいりました。
この共同研究を進める中で、児童を対象にしたデジタルアース・アーカイブの活用について検討し、総合的な学習の時間を用いて活用を進めることになりました。
そこで、自分は児童の学習意欲やモチベーションを高め、より深い学びを実現するためにシリアスゲームを用いてデジタルアース・アーカイブを作成するプログラムを開発することにします。
シリアスゲームとは、エンターテインメント性のみに特化せず「社会問題の解決」を目的に開発されるゲームのことです。近年では、地域社会を題材として現実世界を取り扱ったシリアスゲームが開発されており、モチベーションの喚起・継続、題材の地域に特化した学習体験を実現するといったメリットがあります。また、デジタルアース・アーカイブには、様々な情報をデジタル空間上にマッシュアップして表示することで、多角的で直感的な学習を実現し、記憶定着に効果的です。
シリアスゲームの先行事例、デジタルアース・アーカイブのもたらす学習効果について調べ、以下のような指針に基づいてゲームを開発して行くことにします。

主体的な学習態度と興味関心の創発挑戦と達成感を伴う経験の積み重ね時空間情報と紐づけて直感的な理解と記憶定着を促進
 今回は、南アルプス市立櫛形西小学校の6年生20人を対象にゲームを行います。 この指針と対象地域である南アルプス市や児童の特徴、カリキュラムを踏まえてゲームを開発します。企画・実践にあたっては文化財課の保坂太一さんと6学年担当教諭の倉崎正行先生に協力していただきました。
6年生の町歩きのカリキュラムとして設定されていた事前学習、現地学習、事後学習の全3回の授業時間にてゲームを実践し、デジタルアース・アーカイブを作成しました。  まず、事前学習では地域の文化・歴史を題材としたク…

高校生と大学院生のコラボレーションにおける共創型デザインの有効性 −平和学習教材の制作とワークショップの実践−

こんにちは.修士2年の秦です.
2年ぶりの登場です.今回の投稿では修士研究について紹介します.


2年前の週報で,ヒロシマ・アーカイブARアプリとの併用を想定した平和学習ワークブックづくりについて紹介しています.この投稿のあと,大学院に進学した2年間で,引き続きワークブックづくりに取り組みました.



広島女学院高等学校署名実行委員会の生徒有志と共同制作として動いている「ヒロシマ・アーカイブ」制作プロジェクトの一環として,この平和学習教材づくりはスタートしています.
もともと高校生のみで制作していたワークブックですが,技術的な面や時間の制約などの課題から,高校生の思ったとおりに制作することができず,2016年秋から私を中心とした研究室メンバーで制作のサポートを行なっています.

私の学部4年次で制作した教材をパワーアップさせ,教材の想定ユーザである修学旅行生にとって親しみやすい平和学習教材にし,制作を進める中で広島女学院高校の生徒たちにも新しい学び・発見があるように,2017年秋ごろからは「共創型デザイン」という手法を用いて制作を行ないました.

この共創型デザインは,制作物のエンドユーザや課題の当事者がデザインの制作過程に積極的に参加する手法で,制作への参加者とデザイナーが互いを尊重しながら制作するなどの特徴があることから,制作ワークショップで教材づくりをしつつ,高校生が私たち大学院生からデザイン技術を学ぶことができるのではないかと考えて採用しました.

教材の制作自体は2年間で継続的に行ない,その中で,高校生と大学院生が顔を合わせて教材づくりに取り組むワークショップを3回実施しました.

①2017年11月,②2018年3月,③2018年6月の合計3回ワークショップを実施し,それぞれのワークショップで活発な議論ができるように,①シックス・ハット法,②希望点列挙法とNM法,③デザイン思考を活用しました.
毎回のワークショップで,高校生と大学院生の人数構成や活用したアイデア発想法について課題が出てくるため,その課題を克服できるよう,人数調整やプログラムの企画,活用するアイデア発想法の採用を行ないました.



この3回のワークショップを実施した結果,高校生から「考えたことをうまく発表できないときにサポートしてもらえてうれしかった」「ワークショップやフィールドワークを通して,修学旅行生が考えていることを想…

「問いかけ・しかけ」と「防災マップづくり」を取り入れた防災学習プログラムによる主体性向上

こんにちは!修士2年の福井裕晋です。

今回は、私の修士研究について紹介させていただけたらと思います。


私の修士研究は、防災学習時の学習者の主体性を向上させることを目的に、防災学習プログラムの開発を行いました。


近年、日本には私たちの想定を超える災害が増えてきています。そこでは、災害の状況に応じて、適切な判断・行動をしていくことが求められます。
しかし、学校教育の現場については、地震や火災などを想定した避難訓練は定期的に行われていますが、現状の避難訓練では災害時に求められる適切な判断・行動を育成することは難しいと私は考えます。

そこで、私は主体性を向上させることを目的とした関連研究を踏まえながら、「問いかけ・しかけ」と「防災マップづくり」を取り入れた防災学習プログラムの開発を行いました。

ここで、今回用いた手法について少し触れたいと思います。

「問いかけ」というのは、金井らの研究によると主体性を向上させる防災教育の実現のために,心の葛藤が生じる“心ゆさぶる発問”を行うことが重要だと述べています。

「しかけ」というのは、金井らの研究によると地域や家庭と協力・連携した授業づくりが求められると述べています。

「防災マップづくり」は、主に学校教育の現場や地域住民を対象に地域の防災設備などをまとめたマップを作りが行われています。この取り組みにより実際に地域を歩くことで、地域の課題を知る機会となり、それをマップにまとめていく過程のなかで、自分の考えを育むことができるのではないかと私は考えます。


そこで本研究では、「問いかけ」として生徒たちが心ゆさぶる問いかけを行い、「しかけ」として消防署員と協力・連携した授業づくりを行いました。また、プログラムのなかに「防災マップづくり」を取り入れることで、学習者の主体性を向上を行います。


今回、実践を行なった学校は兵庫県神戸市立伊川谷中学校の1年生211人です。伊川谷中学校では、過去2年当時中学校教諭であった井上先生(現 愛媛大学講師)と一緒に防災学習の開発・実践を行なってきました。今年は、中学校側から井上先生に防災学習の依頼があり、そこに私がサポートスタッフとして協力する形で、一緒に授業の開発・実践を行いました。


授業は、全8時間の授業を2ヵ月かけて行いました。実践にあたっては、ワークシートの製作をはじめ日程の調整など大変なところもありましたが、プロ…

「記憶の解凍」 ARアプリ公開

東京大学大学院情報学環 渡邉英徳研究室は、AI技術を活用してカラー化した“戦前の広島”の白黒写真を、地図・AR(拡張現実)ビューに表示する「記憶の解凍」ARアプリを公開しました。

私たちのチームはこれまでに、数百枚の白黒写真をAI技術でカラー化し、さらに、被爆者との対話を重ねて色を補正することによって、過去の記憶を辿る旅を続けてきました。最新技術と、被爆者・若者たちのコミュニケーションが組み合わさることで、これまで凍りついていた記憶が「解凍」され、よみがえります。

カラー化された過去の写真は、私たちの心のなかに、これまでにない感情を喚起します。その写真が、アプリを通して、現在の広島の風景に重ね合わされるとき、私たちの眼の前には、切り撮られた過去の日々につながる、時の窓が開きます。


本アプリは、渡邉英徳教授とともに活動を進めてきた、広島市在住の庭田杏珠さんとのコラボレーションによって制作されたものです。

アプリダウンロード(無料):
App Store / Google Playにて、キーワード「記憶の解凍」で検索ウェブサイトからダウンロード制作チーム:
原案・カラー化・アプリ作成:渡邉英徳×庭田杏珠考証協力:濱井德三、ヒロシマ・フィールドワーク実行委員会写真提供:濱井德三、今中圭介、緒方昭三、片山曻、諏訪了我(浄寶寺)、高橋久、多田良子、本田美和子、広島県立文書館、広島市公文書館、アメリカ公文書館(撮影:尾木正己)タイトルロゴデザイン:秦那実カラー化技術提供:早稲田大学 石川博研究室平和記念公園(爆心地)街並み復元図提供:中国新聞社